シェアする

原昌平特集??

今回は原昌平特集となりますw適当に探してたら、これだけで一本分の記事が書けるというのも様式美といったところですなww

貧困と生活保護(45) 在日外国人は保護を受けやすいという「デマ」

外国人・他民族を差別・侮蔑・排斥するヘイトスピーチは、日本の恥です。その中心的な材料に使われているのが生活保護。在日韓国・朝鮮人は「特権」を持っているから生活保護を受けやすいと排外主義者は主張しています。一部の国会議員も、生活保護たたきと偏見をあおる発言を繰り返しています。ネットにもその種の発言がまき散らされ、うのみにしている人が少なからずいるようです。

デマ、あるいは妄想としか言うほかありません。日本人でも外国人でも、生活保護を受ける要件や給付の基準は同じで、特別扱いなど、ありません。在日韓国・朝鮮人が保護を受けている割合が高いとすれば、過去の就職差別や社会保障制度からの排除の影響によって、貧困層が多いからでしょう。むしろ、差別を受けてきた結果なのです。

(後略)

原昌平(はら・しょうへい)

読売新聞大阪本社編集委員。
1982年、京都大学理学部卒、読売新聞大阪本社に入社。京都支局、社会部、 科学部デスクを経て2010年から編集委員。1996年以降、医療と社会保障を中心に取材。精神保健福祉士。2014年度から大阪府立大学大学院に在籍(社会福祉学専攻)。大阪に生まれ、ずっと関西に住んでいる。好きなものは山歩き、温泉、料理、SFなど。編集した本に「大事典 これでわかる!医療のしくみ」(中公新書ラクレ)など。

読売のパヨク記者ではありますが、少なくとも記名の記事である分、昨日の告発リスト入りが確定した西日本新聞よりはマシかもしれませんw

一応、簡単に記者のご紹介。リンクを読めば、どのような記者であるかは分かるかとww

まずはTwitterから。

続いては、原昌平について取り扱った記事のご紹介。

やっぱりお前らグルだったのか!!(沢温と大精連(山本深雪)・水島広子・全国「精神病」集団・・・)

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2016年11月6日(日) 

お笑い西成特区構想

貧困ジャーナリズム大賞2016

因みに反貧困関係については、共産党関係の反貧困ネットワークなど、生活保護をメインとした貧困赤旗ビジネスなどに利用されているという構図もありますww生活保護に関しては、創価学会も同じですがね。

以下の内容については引用。

11月3日 なくそう!官製ワーキングプア 大阪集会

下記の集会が開催されます。
山仲善彰・野洲市長も登壇します。(拡散歓迎)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆なくそう!官製ワーキングプア 大阪集会Vol.4
2016年11月3日(祝) 10:00 ~ 16:40 (参加費500 円)
エルおおさか6階 (http://www.l-osaka.or.jp/)
地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅から西へ300m
主催: なくそう!官製ワーキングプア大阪集会実行委員会
共催: 非正規労働者の権利実現全国会議NPO・労働と人権サポートセンター大阪
NPO・官製ワーキングプア研究会民主法律協会(連絡先06-6361-8624)
大阪労働者弁護団(連絡先06-6364-8620)

● 分科会10:00~12:00 (受付9:40 6 階大会議室)
1  官製ワーキングプア入門講座
2  雇い止めなど判例・通知などを学ぶ
3  均等待遇を目指して処遇改善の到達と課題
4  運動の報告と交流1
5  運動の報告と交流2
● 昼食休憩12:00~13:00
● 全体集会13:00~16:40 (受付12:30)
▼Part 1  リレートーク「たたかいの現場から」
▼Part 2  大阪府内自治体の臨時・非常勤職員ワークルール第2 次調査の結果か
ら見えてきたことと課題
▼Part 3  総務省2016 調査結果と「地方公務員の臨時・非常勤職員及び任期付職
員の任用等の在り方に関する研究会」の動向とその狙い(上林陽治さん)
▼Part 4  ソウル市における労働者政策「非正規の正規化など」
(インタビュー白石孝:脇田滋さん)
▼Part 5  「公共サービスと公務労働を考える」シンポジウム
滋賀県野洲市 山仲善彰市長
生活保護ケースワーカー、家庭児童相談員
コーディネーター 原昌平・読売新聞大阪本社編集委員
▼総括コメント 西谷敏大阪市立大学名誉教授
●交流会17:15~19:30 (受付17:00)  多気  会費3,000円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この件については、共産党推薦で京都市長に立候補した中村和雄弁護士のサイトでも取り上げられておりました。

官製ワーキングプア

共産党と日弁連とソウルの地点で、お腹いっぱいですなwww因みに、官製ワーキングプアとかいうのも、共産党の貧困ビジネスのネタの一つなわけです、ハイw

あとこんなのも出てきましたw

琉球民族独立総合研究学会 学会関連報道 (Reports)

読売新聞 (日本)

2016.08.24 大阪夕刊 03頁 2291字
[語る 聞く]琉球人 島の未来思う 沖縄出身の龍谷大教授 松島泰勝さん53
◆唱える独立論 軍事力持たず平和拠点に 沖縄にかつて、450年にわたって琉球王朝が存在したことを意識している人は多くないだろう。「琉球と日本は、国生みの神話も歴史も違うし、言葉や習俗も違いが大きい。私たちは琉球民族なんです」。沖縄出身の龍谷大教授、松島泰勝さんは「琉球独立論」を唱えている。非現実的に見えるが、「空論ではない」と主張する。どんな思いで、その未来図を培っているのか。(編集委員 原昌平

これも紹介します。

http://www.japsw.or.jp/ugoki/hokokusyo/20110219-kenri/31.pdf

精神障害者が犯人(精神科医といってもグルの可能性が高い)であれば、名前も背景も書くなと言ってるわけです。中指立てる精神科医とかいうのもいたし、精神科医自体も信用出来ないというのもあるわけです。精神異常とか責任能力に争点をあてて、日弁連の弁護士も共犯となりますが、刑法39条の心神喪失を観点に不起訴に持ち込む手口も蔓延しております。ホントの被害者には目を向けずにエア被害者に目を向けたり、加害者を保護するというのが、日弁連(笑)の姿なのかなと邪推したくなるのは自分だけではないと思いますw

因みにこの動画も参考になるかもしれません。

どうやら精神病者の隔離を問題としておりますが、対応に問題はあったのは事実かもしれませんが、隔離収容しなければ、心神喪失を理由に無罪にされるような状況からしても、隔離収容したほうが周りへの被害が減るという事実は否定は出来ないと思います。不祥事のないのは前提ですが、心神喪失状態の人を野放しにするほうが危険だと思いますがね。そして、火病などの精神病患者については、どこのどいつなのかとも言いたいwww

一応、生活保護にも触れておきますが、過去の就職差別や社会保障制度からの排除の影響とありますが、そもそも密入国者に就職とか社会保障などの地点で論外だし、最高裁で外国籍への生活保護は違憲の判決が出ているわけで、それ以上でもそれ以下でもありません。憲法を守れとかパヨクが喚いてるが、であれば外国籍の生活保護に関する最高裁の判決についても目を向けてほしいと思いますwww

『原昌平特集??』へのコメント

  1. 名前:浪速のお節介オヤジ 投稿日:2016/12/28(水) 00:19:17 ID:a5645b1ae

    このかたはお金というものは枯れることない泉のように湧き出てくるものだとでも考えているのでしょうか?
    何もしなくても神様が打ち出の小槌を振って与えてくださるとか。
    生活補助や社会福祉はいわば互助組合のようなもんです。
    みんながお金を出し合って運営し、困った時には助け合うシステムです。
    その運営を国がしてくれているから安心してお金も出せるし、正式な手続きをして保障を受けられる。
    それもこれも全て日本国が安寧で信頼できるおかげです。
    日本ほど社会保障が充実した国はありません。
    このかたが訴えてらっしゃることは国家の責任ではなく本人の問題です。
    在日、貧困、ワーキングプア、全てそうです。
    居住や職業選択や学問の自由が保障され、本人次第で人生を切り拓ける国で何の不満があるのでしょう。
    昨日の繰り返しになりますが、嫌なら出ていけばいいだけです。

  2. 名前:yosh 投稿日:2016/12/28(水) 01:12:02 ID:7ef096e7b

    >浪速のお節介オヤジさま

    >このかたはお金というものは枯れることない泉のように湧き出てくるものだとでも考えているのでしょうか?
    何もしなくても神様が打ち出の小槌を振って与えてくださるとか。
    ・・・・・
    日本人でないなら、敵のお金を余計な分野に利用して、本来投資すべきところに回せなくするのが目的と考えると納得が出来ますw
    でなければ、無限に予算があるとでも本気で思ってるとか。。。

    >生活補助や社会福祉はいわば互助組合のようなもんです。
    みんながお金を出し合って運営し、困った時には助け合うシステムです。
    その運営を国がしてくれているから安心してお金も出せるし、正式な手続きをして保障を受けられる。
    ・・・・・
    本来であればそうなんだけど、在庫の場合、日本人が在庫の生活保護をして当然と思ってるかと。
    エア被害を喚いて、日本が悪いことやったなど適当なことを言って、声闘で保障をウケられるものとでも思ってるのでしょう。

    >それもこれも全て日本国が安寧で信頼できるおかげです。
    日本ほど社会保障が充実した国はありません。
    ・・・・・
    社会保障制度は充実はしているが、不正に利用する輩のせいでイメージを悪くして、本来支援が必要なところに回りきれてない部分はあるんだよね。
    結局は国家は信頼は出来るし制度は充実はしてるだけにゴミ掃除が必須ですなww

    >このかたが訴えてらっしゃることは国家の責任ではなく本人の問題です。
    在日、貧困、ワーキングプア、全てそうです。
    居住や職業選択や学問の自由が保障され、本人次第で人生を切り拓ける国で何の不満があるのでしょう。
    昨日の繰り返しになりますが、嫌なら出ていけばいいだけです。
    ・・・・・
    本人の問題であって、寄生先が欲しいだけの話なんだよね。自力で何かを成し遂げたことのない民族に言うのも酷ですよwww
    本国に帰っても甘くはないのは知ってるから、エア被害を喚いて同情、声闘などの精神攻撃などの嫌がらせのコラボで、ゴネ得を許してしまったことでドツボにはまってしまってるわけですがね。

  3. 名前:せんちゃん 投稿日:2016/12/31(土) 07:41:15 ID:245a35814

    yosh様、おはようございます〜。
    今年一年お付き合いいただき、ありがとうございました。
    来年もよろしくお願い申し上げます。

    以下の投稿、不適当と思われたら削除お願いします。

    相模原の事件、メディアのニュースや識者のコメントは措置入院云々と見当違いの議論に終始しているように思えます。
    この事件の本質は、近い将来必ず訪れる国民の介護疲れを先取りした事件と考えられます。
    現在の日本は、かろうじて中産階級が存在するのでなんとかなっていますが、国民の格差が拡がれば福祉・介護関係の切り捨ては必ず始まります。

    此処でタブー視してはならない事は、理性・知性に問題のある知的障碍者の生存権の有無に関する事です。
    老人介護を家庭に委ねるような政策がすすめられていますが、知的障碍者の介護も家庭に委ねられることになるでしょう。
    そうなると、社会的に活躍が期待される人達が介護の海に沈む事になります。
    安倍内閣は老人介護による介護離職ゼロを目標に掲げていますが、障碍者介護は・・・?
    また、知的障碍者に関する性犯罪も深刻な現象を加速させているようです。

    これから減少して行く人的リソースを有効活用するためにも、社会の負担にしかならない知的障碍者の生存権については真剣に考えていかなければならないと思います。
    当然ながら、知性になんら問題のない身体障碍者や精神障碍者は貴重な人的リソースですね。

    以上、不適切投稿と判断されましたら削除お願いします。
    それから、帰省してタブレット端末からの書き込みなのでIPは変わっていると思います。

  4. 名前:yosh 投稿日:2017/01/01(日) 01:00:22 ID:8eb7298ce

    >せんちゃんさま
    こんばんは~。昨年は1年お世話になりました&コメントありがとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    >この事件の本質は、近い将来必ず訪れる国民の介護疲れを先取りした事件と考えられます。
    現在の日本は、かろうじて中産階級が存在するのでなんとかなっていますが、国民の格差が拡がれば福祉・介護関係の切り捨ては必ず始まります。
    ・・・・・
    介護疲れだったり、介護施設の質の確保が難しいという現状と表した事件とも言えます。
    実際問題、福祉・介護関係については、格差云々は別にして、維持するのは厳しいと考えております。
    お金といった問題だけではありませんので・・・。

    >此処でタブー視してはならない事は、理性・知性に問題のある知的障碍者の生存権の有無に関する事です。
    老人介護を家庭に委ねるような政策がすすめられていますが、知的障碍者の介護も家庭に委ねられることになるでしょう。
    そうなると、社会的に活躍が期待される人達が介護の海に沈む事になります。
    安倍内閣は老人介護による介護離職ゼロを目標に掲げていますが、障碍者介護は・・・?
    また、知的障碍者に関する性犯罪も深刻な現象を加速させているようです。
    ・・・・・
    手厳しい部分もありますが、現実的可能な選択肢において、安楽死を認める以外の方法はないと思います。
    これは介護にしても知的障碍者や障碍者介護にしても同様で、家庭に委ねるか金を払って業者のサービスを提供の二択だけだと、厳しい部分もありますし、介護のために本来必要とされる労働力が減るというのも本末転倒だと思います。
    場合によっては、治安などを考慮すると隔離も避けられないと思いますし、受け入れ側の職業的ステータスだったり待遇がよくなければ、そこで働く人もいなくなるし、質の向上というのは無理筋な話というのも真実・・・。結局のところ、いろんな意味で理解不足から招いてる一面もあったりします。

    >これから減少して行く人的リソースを有効活用するためにも、社会の負担にしかならない知的障碍者の生存権については真剣に考えていかなければならないと思います。
    当然ながら、知性になんら問題のない身体障碍者や精神障碍者は貴重な人的リソースですね。
    ・・・・・
    生存権についての議論は今後避けられないと思います。
    これについては本人の判断能力次第な部分もありますし、ある程度基準は厳しくした方がいいとは思いますね。

    >以上、不適切投稿と判断されましたら削除お願いします。
    ・・・・・
    何の問題もないですね。不適切な返信かもしれませんが、福祉関係の政策においても、ノイズがあれば真っ当な議論は難しいと思いますので、どっちにしても議論のための環境整備は必要だと思います(意味深)