シェアする

3.13

まずはこちらの話題から。

宮古島市議のフェイスブックが炎上 「米軍に訓練された自衛隊が来たら婦女暴行事件が起きる」

沖縄県の宮古島市議が自身のフェイスブックに「自衛隊員が来ると島で婦女暴行事件が起きる」などと投稿し、炎上。「自衛隊全体を批判しているわけではない」と再度投稿し、謝罪したものの「戦争のための軍隊という仕組みに対して(批判した)」との部分に再び批判が殺到、市議は2つの投稿を削除した。

この市議は石嶺香織市議(36)。9日に1度目の投稿がされた。内容は「海兵隊からこのような訓練を受けた陸上自衛隊が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる。軍隊とはそういうもの。沖縄本島で起こった数々の事件がそれを証明している」というもの。

石嶺市議は「宮古島に来る自衛隊は今までの自衛隊ではない。米軍の海兵隊から訓練を受けた自衛隊なのだ」として、陸上自衛隊がカリフォルニアでの演習に参加した際の写真を添付。

さらに「私の娘を危険な目にあわせたくない。宮古島に暮らす女性たち、女の子たちも」と結んだ。

これに対し、「思想信条は自由だが、自衛官を強姦魔扱いは許されない」などと批判が殺到、辞任を求める声まで上がった。

石嶺市議は10日までに「3月9日夕方の投稿について」と題し、再度、釈明する文を掲載した。

「自衛隊全体を批判しているわけでも、個人を批判しているわけでもありません。私が批判しているのは、自衛隊員個々の人格に対してではなく、戦争のための軍隊という仕組みに対してです」「現在の自衛隊という組織が米軍と一体化して、専守防衛の枠を外れつつあることに強い危機感を持っています。海兵隊は人を殺すことに対して感情を殺すように訓練されています」などとして、「海兵隊に訓練を受けた陸上自衛隊が今後、米海兵隊と同質のものになる可能性があります」などと投稿した。

この投稿に再び批判が殺到し、石嶺市議は2つの投稿を削除した。

石嶺市議のブログなどによると、昭和55年、福岡県生まれ。大阪外語大を中退し、大阪の障害者施設に4年間勤務。

平成20年、宮古上布を学ぶため宮古島に移住。陸上自衛隊配備反対と、地下水を守ることを公約に、今年1月の市議補選で初当選したばかり。(WEB編集チーム)

まずは参考画像・・・。

パヨると人相の悪さが出てくるのですかね??それとも日本人ではないのかもしれません。「自衛隊員が来ると島で婦女暴行事件が起きる」というのは、押すなよ押すなよみたいな感じで、自衛隊に島で婦女暴行事件を起こして欲しいという願望が含まれると思われる。それはいいとして、こういった連中って、以下の2点で整理される。

・日米軍→自分の身内でなければ、婦女暴行事件を起こして欲しいと切実に願っている
・中共や愉快な仲間たち→自分の身内でなければ何の問題もない

前者については、日本人に被害が起きれば、政治活動の餌になるため待っている部分もあると思います。

親戚としてこんなのがあります。

犠牲者出れば首相退陣=民進・江田氏

民進党の江田憲司代表代行は10日の記者会見で、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された自衛隊員に関し、「戦後初めて自衛隊員に犠牲者が出た場合は、安倍晋三首相に辞めていただかないといけない」と述べた。江田氏は「南スーダンは戦闘状態で砲弾が飛び交っているのに、『衝突』と言い換える。これは安倍政権の常とう手段だ」と批判した。(2017/02/10-17:47)

日本撤収に懸念 国際NGO

【ニューヨーク國枝すみれ】日本政府が南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊の撤収を決めたことに対し、国際NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)のアクシャヤ・クマール氏は10日、治安が悪化している南スーダンからの撤収は「国際社会が南スーダンへの関与を弱めるという否定的なメッセージを送る」と懸念を示した。

PKO案件も同じですが、民進党の江田的には自衛隊員に犠牲者を出して首相を辞めて欲しいという願望があるわけですね。後者の毎日新聞の記事についても、胡散臭い団体のイメージしかないNGOの「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の声を伝えてるようですが、撤収が残念という懸念を示す記事なのですが、これも自衛隊員に犠牲者が出てもらわないと困るといった要旨の記事になるわけです。

これらの発言などを通じて、決して女性とか自衛隊に対して敬意などは全く無く、自分の踏み絵にしたいという前提での発言なわけです。「現在の自衛隊という組織が米軍と一体化して、専守防衛の枠を外れつつあることに強い危機感を持っています」というのも、人民解放軍として専守防衛という名で無抵抗で一方的に虐殺されることを望んでるからの発言であって、専守防衛の言葉の呪いというのは、無抵抗で一方的に虐殺されろと言ってるに過ぎないし、決して防衛して欲しいとかいう概念はないと思いますがねww完全に舐め腐ってるとしか思えないし、それだけバカにされてるとしか思えないんだけどなwww

ちょっと歪んだ内容のように見えるかもしれませんが、普通に考えて、誰かを守りたいと真剣に考えた場合、どのようにして守るべきかという視点が全くないとしか思えないです。そういう視点がない場合に考えられることは、懸念を具現化させたいという帰結以外は、論理的に考えられないと思います。これについては、3.11の件も同じですが、風評被害の件と本質は一緒だと思います。風評被害を懸念しつつ、風評被害を拡散させたいという願望の現れに過ぎません。福島の原発事故も一緒ですがね。これも最善を尽くすための手段は明白なのに、それを敢えてやらないというのは、別の理由があると考えるべきだと思いますよ。こういった目線で、民主党政権のやったことを考えると、無能ではなく、悪意を抱いてたと考えないと危険だと思いますよ。

続いては、外患罪メディアの更新情報www保守速報さまの記事です。

【京都新聞】韓国は重要なパートナー。日韓関係の再構築へ踏み出すためにも大使を帰任すべき

【毎日新聞】重要な隣国が激動に見舞われている 日本の駐韓大使をソウルに帰任させるべきではないか

【北海道新聞】韓国大統領罷免、政治空白の解消を急ぐ時だ。新政権発足に備え、大使を帰任させるべき

【朝日新聞】朴大統領罷免 国政の安定化が急務だ! 大使らを早く戻し、対話のパイプづくりに万全を期すべき

【山陰中央新報】 韓国大統領罷免 社会の亀裂修復が課題だ! パイプづくりのため駐韓大使を帰任する時期

【河北新報】韓国大統領罷免 新政権との対話を見据え、駐韓大使の帰任を急ぐべき

これも前の記事と本質は同じです。駐韓大使という人質を作るために帰任を急がせたいというのが本音なんだと思います。国政の安定化を考えるなら、臭いものに蓋をすることをやめるべきだと思うし、臭いものに蓋をしたところで、匂いが充満するだけですし、ただでさえ臭いのが充満してしまうと耐えきれないものになるといった構図にありますww

戦後70年で臭いものに蓋をしてきたわけで、ホントの意味で再構築を考えるのであれば、蓋を外して真実と向き合わない限り、再構築などは出来ません。慰安婦像問題に関するを紹介しときますw

その情報はどこから仕入れたのかな?

町内会長「犬に道でウンチさせないように」
Aさん「お金あげますから家の前でお宅の犬にウンチさせないでください。約束ですよ」
犬の飼い主B「わかりました。約束します。お金もらいます。」
Bの飼い犬「ブリブリ」
Aさん「やめてください」
町内会長「仲よくしてください」
NHK「Aさんは大人の対応を」
朝日新聞「AさんはBさんへの配慮が足りない」
TBS「Bさんがかわいそうだと思わないんですか?」
毎日新聞「騒ぐAさんみっともない」
テレビ朝日「Aさんは感情的になっている。冷静な対応を」
東京新聞「「BさんにはBさんの苦悩がある。Aさんには優しさが足りない」

犬の飼い主B「Aは犬と直接話し合って妥協してください」
Bさんの部下B2「犬が強く求めるのでウンチは条例でずっと守るべき」←今ここ

こういった状況で何を対話するんだかwww??駐韓大使を帰任させたところで事態が悪化するとしか思えないわけですし、次政権のことなど考えることが本末転倒でしょうね。反日か用日かのOINKの祭典に何を望むんだか??

最後にこちらの話題。

在米韓国人が恐れる国外追放が現実に、“ささいな違反”で逮捕相次ぐ=韓国ネット「さすがトランプ大統領!」「僕らは米国に片思いしてるだけ」

2017年3月3日、韓国・YTNテレビは、トランプ大統領の下、不法滞在者・移民の追放政策が進められている米国で、韓国人らが恐れる米国からの強制追放がいよいよ現実に起こり始めていると伝えた。

米国国内ではこのところ不法移民に対する取り締まりが一段と厳しくなり、長年米国に暮らしてきた一家全員が国外追放処分となる例も出ている。在米韓国人も例外ではなく、現地からの報告によると、ジョージア州だけですでに5人の韓国人が逮捕され、追放手続きが進んでいるところだ。その内訳は、「取るに足らない」(YTN)犯罪で有罪判決を受け執行猶予中だった20〜30代の男2人と不法入国を試み拘束された女1人、スピード違反で捕まった男1人、そして交通事故被害を届け出た男1人という。

在アトランタ韓国総領事館のチョン・ヨンウォン領事は特に最後の一例について、「後続車にぶつけられた交通事故被害者だ。だから通報したのに、出動した地域警察が(被害者の)身元を調べたら不法滞在者だと分かった」といきさつを説明、警察の理不尽な対応に不満をにじませた。

また記事は「殺伐とした雰囲気の中、移民法専門の弁護士すら彼らの事件を引き受けようとせず、事実上、解決の方法がない」とし、「自分の身を守ることだけが生きる道」という雰囲気が米国の移民社会を覆っていると伝えた。

韓国のネットユーザーはこれに多数のコメントを寄せているが、不法移民に同情する記事の論調には反対意見が多いようだ。コメント欄には「韓国人であっても、不法滞在したら追放されて当然」「韓国の不法滞在者も追放すべき。合法より違法の人の方が多いはず」「犯罪者は韓国にしろ米国にしろ追放しなきゃ」と至極まっとうな意見が並ぶ。

他には「さすがトランプはカッコいい!」「見習うべき政策だね」と政策を称賛する声や、「米国で韓国人に何か特権があるとでも思ってるの?僕らは米国に片思いしてるだけ。米国は徹底して自国の利益を優先してる」「THAAD(高高度防衛ミサイル)配備を決めても、米国からは何のお返しもないね」など、米国に対する複雑な感情を吐露するコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)

日本も乗るしかない このビッグウェーブってトコですなww不法滞在者・移民の追放政策は日本もやるべきで、日本も不法移民だらけとも言えるしね。最大の野党の党首も二重国籍の違法人なわけで、当然、強制送還の対象だと思います。

こんな話もありましたね。

【社会】「実は二重国籍だという議員が他にも結構いると聞く」 神津連合会長

朝鮮系の帰化に関しては帰化の手続きが正式には終わってないようですし、これも広義の不法移民なわけですね。「米国で韓国人に何か特権があるとでも思ってるの?僕らは米国に片思いしてるだけ。米国は徹底して自国の利益を優先してる」も日本に置き換えて、「見習うべき政策だね」とも言って欲しいものです、ハイw