シェアする

戦後の清算の件

戦後の清算についてです。今回も短めです。

以前にも書いたことがあるんだけど、歴史の時間軸で考えた場合、第二次世界大戦の戦後という概念がまやかしに過ぎず、ここを一つの区切りとすることが一番のミスリードなわけです。第二次世界大戦をどのような戦争であったかといえば、社会主義と共産主義の教条主義戦争といった一面があったわけです。

共産主義の戦争責任を問う

そういう意味では、第二次世界大戦は共産主義の勝利に終わったともいえます。戦争の勝利条件というのは、目的を果たしたか否かですよ。そういう意味では、第二次世界大戦の勝者はソ連と中共なわけです。その中に朝鮮戦争も入ったりもするけどね。ここらへんは倉山満氏の見解が合ってるように思います。このシリーズは必見です。

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(1)―中華民国の場合 | 倉山満公式サイト

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(2)―大日本帝国の場合 | 倉山満公式サイト

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(3)―ドイツの場合 | 倉山満公式サイト

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(4)―フランスの場合 | 倉山満公式サイト

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(5)―大英帝国の場合 | 倉山満公式サイト

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(6)―アメリカの場合 | 倉山満公式サイト

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(7)―ソ連の場合 | 倉山満公式サイト

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(完)―中華人民共和国の場合 | 倉山満公式サイト

これらを踏まえて考えて、誰が勝者であったかというのは見えてくると思います。これを軸で考えた場合、第二次世界大戦の清算は終わっておらず、この区切りはまだついていないというのが現在の状況とも言えます。本質を見ないで物事を解決しようとしても、新たなミスリードを招くわけで、ホントの意味での戦後の清算というのを考える必要があります。第二次世界大戦当時の日米の状況は共産主義が浸透してたともいえます。

日本の話になりますが、1945年は玉音放送の日という一つの区切りであって、第二次世界大戦の終わりではないわけです。それを踏まえて、8月15日を思い出して欲しいです。

過去記事を紹介します。

8月15日

感情の赴くままに問題を起こしたり、仲間同士で排斥したり、時局を混乱させたりして、道を外し、世界からの信用を失うことは、私が最も戒めたいことだ。

国がひとつとなって家族のように団結し、日本の不滅を信じ、責任は重く、道は遠いことを心に留め、総力を将来の建設のために傾け、道義を大切にし、固くその考えを守り、国体の本質を奮い立たせ、世界の流れから遅れないようにしなさい。

あなた方臣民は、これらが私の意志だと思い、実現してほしい。

ここらへんは特に噛みしめるべきです。未来に託した思いはここにあると思います。現在の状況からして、口語訳の玉音放送の本質を理解しているのでしょうか??国体の本質って、志位的解釈の憲法9条なのでしょうかね(棒)「感情の赴くままに問題を起こしたり、仲間同士で排斥したり、時局を混乱させたりして、道を外し、世界からの信用を失うことは、私が最も戒めたいこと」と言ってます。この意味を理解して欲しいです。。。

書いてもキリがないのでいいとして、玉音放送は日本にとっての再スタートであって、新たな戦いの布石なわけです。そしてソ連の崩壊による冷戦の終了というのも、ミッシングリンクとも言えるのですが、共産主義の観点でいえば、ソ連の崩壊→中共の台頭という感じで共産主義の物語としては継続してるわけです。

アメリカ陰謀論の類も上等ですが、現在のアメリカの状況を考えて、特亜に侵食されている状況からして、これもアメリカの陰謀とでも言いたいのでしょうかwww第二次世界大戦の一つの結果として、大東亜帝国の役割をアメリカに求められてる(日本国憲法のペナルティ込み)わけで、これがアメリカの国益になってるかと言われたら、そうではないということは、アメリカも十分理解しており、アメリカとしての戦後の精算というのにも関わってきます。第二次世界大戦のアメリカの負債も小さくなく、それを踏まえてのトランプ大統領なわけです。

ここでアメリカの共産主義について触れる必要が出てきます。

第三章 ルーズベルト、近衛文麿そしてヒトラーの社会主義

ルーズベルトの罪状

適当に探ればいろいろ出てきますが、アメリカにとっての国内事情としても、日本と同様、共産主義との戦いともいえます。ルーズベルトが共産主義者というのは言うまでもないとして、アカ狩りが行われた後に出たのが、リベラル?とかいう新自由主義とかいう共産主義の亜種とも言えるわけで、形を変えた共産主義的思想とも言えるわけです。クリントン夫妻も親中反日の立ち位置ともいえるし、そもそもアメリカ民主党の立ち位置がここにあります。戦前戦後問わずにね。争いの種をばらくのは民主党政権時代が多いです。これは日本も近いけどwww

纏まりがないのですが、戦後の精算というのは、共産主義勢力との兼ね合いになるわけで、戦いの軸を整流化する必要があると思います。

『戦後の清算の件』へのコメント

  1. 名前:高天原 正 投稿日:2017/12/13(水) 12:18:13 ID:845b65e60

    全く同感ですね。僕も倉山満氏のその記事を読んで第二次世界大戦が全然大東亜聖戦ではなく、
    日米英でソ連を潰すべきなのに、
    大日本帝国と大英帝国や中華民国を壊滅させ、
    ソ連を生き長らえさせ、結果中華人民共和国や北朝鮮、韓国を誕生させたという…
    あそこで日本でなくソ連を潰していたら、ソ連も特亜もいない世界…アメリカが没落する事は無かった?いえ、覇権国家となったのは軍事力=科学技術もあったので、歴史の必然、必要悪だったのやもしれませんが…
    善とは言いませんが比較的マシなアホ理想主義者(日米英中華民国)達の、極悪現実主義者達(ソ連中共南北朝鮮)に対する敗北です。
    世界の歴史を紐解けば、
    世界の歴史の根幹たる歴史の勝者とは、古代文明より冷戦後まで、
    善悪問わず運を持った現実主義者の勝利です。
    その後の時代が平和かどうかはその豪運現実主義者が良い性格か悪い性格かというだけの問題です。
    如何にイデオロギーや綺麗事や油断や感情に陥らず、ウェーバーの言う目的合理的に、自身は戦わず敵同士を争わせ漁夫の利を得るように動けたか。

    過去の歴史は変えられません。しかし歴史を学ぶ事は重要です。未来で似たケースが現れたら対処できる為です。
    そう、今まさに日本は有事の最中。
    北朝鮮は対特亜最終戦争の前哨戦です。

    http://www.mag2.com/p/news/334789
    https://www.amazon.co.jp/中国に勝つ-日本の大戦略-プーチン流現実主義が日本を救う-北野-幸伯/dp/4594078753
    本についてはアマゾンレビューをお読みください。
    yosh様は現実主義者でいらっしゃいますので、北野 幸伯氏の考えは合うと思います。

    僕も実戦が嫌いな平和主義者ですので、yosh様や北野 幸伯氏の言うとおり、
    日本は特亜以外のロシア含む全ての国と(勿論信頼してはならない、信頼してるよう見せかけるのは大事、それが外交)結んで、特亜とも表立って敵意を示さず放置、徐々に手を引き、
    戦い方は国交断絶に経済金融制裁、特亜の食糧エネルギー供給を断ち、ドS兵糧攻めで一般特亜人同士仲良く内ゲバしていただくという。
    暴発したら特亜のせいにして殲滅です。
    そうすれば日本は直接的には特亜人を減らしていないので(間接的には減らしましたが)戦争を吹っかけた責任を問われませんし、戦争と違って兵士だけでなく一般人も減らせます(一般人も国防動員法で実質軍属ですが責任問題で国際社会の理解が得にくいので)。

    第二次世界大戦の教訓を乗り越えて、安倍総理の外交は今の所、かつて失敗もたしかにありましたが、最終的には全て勝利の正解の道を歩んでいると思います。

  2. 名前:高天原 正 投稿日:2017/12/13(水) 12:32:45 ID:845b65e60

    yosh様もおっしゃってましたが、
    日本の確信犯的理想主義パヨクの主張は論外として、
    日本の右派理想主義者の「いきなり日韓合意破棄して国交断絶せよ!」「アメリカがWGIPから悪の根源!」「憲法改正して核武装すれば万事OK!」
    右翼になれば勝てるのでしょうか?
    第二次世界大戦はなぜ負けたのでしょうか?
    理想主義だったからです。
    勝敗は善悪では決して決まらない。
    運と現実主義か理想主義かで決まります。
    敵以外と組み、敵にも直接的な敵意を見せず、それどころか敵すら対敵同盟に組み込み(http://www.mag2.com/p/news/331303/3 をご参照ください、中国に軍事的に負けると分析しているのは疑問符が付きますが、戦略的には完全に正しい事を言っています)経済金融制裁して敵同士を争わせ、緑茶飲んでたら勝手に敵同士減らしあって滅んでた。
    これが現実主義です。
    分割統治をうまく活用した古代ローマから、
    資本主義国同士を争わせる事で元々弱小ボロボロだったのに一時ユーラシア大陸の半分程を手に入れた共産主義国まで、
    理想主義者の筆頭ビートルズが世界を変えたと言いますが、どう変わったのでしょうか?指導者や政治体制は何ら変わっていません。あれは文化で世界の歴史の根幹の政治外交史ではありません。
    第二次世界大戦などレジームを変えた世界の歴史の根幹は常に豪運現実主義者の勝利です。

  3. 名前:手袋 投稿日:2017/12/13(水) 22:14:48 ID:9d75aa349

    陰謀論は好きですが、根拠に乏しい陰謀論は読んでても面白くないので好みません。
    アメリカの陰謀論にしてもGHQも一枚岩ではなかったですし、東京裁判史観の日本は侵略国家論だってマッカーサーが否定してますしね。
    そもそもGHQにしかり、リベラル?にしかり、内部の各々の組織が自分たちの利益のためにその時の状況を活用してるに過ぎませんしね。
    そもそも一枚岩な国があるのか?という話ですよ。
    首相経験のあるぽっぽや村山が他所で好き勝手言い放題してて、それが日本の総意だ!なんて言われたら怒髪天ですよ。
    それはアメリカも同じでGHQがー、東京裁判史観がーアメリカの総意だなんて失礼にもほどがありますね。
    重要なのは、どこの、誰が、何の目的で、を見ることですよね。
    日本にとっての友好勢力、敵対勢力は国単位ではなく、組織単位で考えるべきで、友好勢力といかに連携するかが重要だと思います。
    戦前戦中のコミンテルンが行ってきた浸透戦略は現在まで様々な機関を蝕んでいるのは周知の通り。
    それを打破するにはまず知ることが大事だと思います。

  4. 名前:yosh 投稿日:2017/12/14(木) 01:37:13 ID:95afd7a2f

    >高天原 正さま

    >日米英でソ連を潰すべきなのに、
    大日本帝国と大英帝国や中華民国を壊滅させ、
    ソ連を生き長らえさせ、結果中華人民共和国や北朝鮮、韓国を誕生させたという…
    ・・・・・
    自分も倉山満氏の記事を読んで第二次世界大戦の記事を読んで、本当の構図が見えた部分はありますね。最も、以前は無関心だっただけですがwww
    結局第一次世界大戦で懲罰的な賠償金をドイツに押し付けたことも仇になったとは思いますがね。

    >あそこで日本でなくソ連を潰していたら、ソ連も特亜もいない世界…アメリカが没落する事は無かった?いえ、覇権国家となったのは軍事力=科学技術もあったので、歴史の必然、必要悪だったのやもしれませんが…
    善とは言いませんが比較的マシなアホ理想主義者(日米英中華民国)達の、極悪現実主義者達(ソ連中共南北朝鮮)に対する敗北です。
    ・・・・・
    アメリカが覇権国家になったのは基礎的な国力ともいえますが、あそこで肝心な相手を潰さなかったからこそ、基礎研究などが流出してそれが脅威を振る舞ってる部分はあります。
    戦後、ソ連を潰すために中共をソ連以上の魔物に育てるというお粗末な部分もなんとも言えない部分もあります。

    >その後の時代が平和かどうかはその豪運現実主義者が良い性格か悪い性格かというだけの問題です。
    如何にイデオロギーや綺麗事や油断や感情に陥らず、ウェーバーの言う目的合理的に、自身は戦わず敵同士を争わせ漁夫の利を得るように動けたか。
    ・・・・・
    問題は運を持った連中がどっち側に属するかである意味変わりますが、基本は敵同士を争わせて弱体化するのが基本ともいえます。

    >過去の歴史は変えられません。しかし歴史を学ぶ事は重要です。未来で似たケースが現れたら対処できる為です。
    そう、今まさに日本は有事の最中。
    北朝鮮は対特亜最終戦争の前哨戦です。
    ・・・・・
    北朝鮮は前哨戦なんだよね。過去事例を学ぶことで適用可能なケースは増えるので歴史は大事ですね。

    >中国に勝つ-日本の大戦略-プーチン流現実主義が日本を救う-北野-幸伯/dp/4594078753
    本についてはアマゾンレビューをお読みください。
    ・・・・・
    ポケ森で忙しい??ので時間のある時に目を通します(ぉぃ

    >日本は特亜以外のロシア含む全ての国と(勿論信頼してはならない、信頼してるよう見せかけるのは大事、それが外交)結んで、特亜とも表立って敵意を示さず放置、徐々に手を引き、
    戦い方は国交断絶に経済金融制裁、特亜の食糧エネルギー供給を断ち、ドS兵糧攻めで一般特亜人同士仲良く内ゲバしていただくという。
    暴発したら特亜のせいにして殲滅です。
    ・・・・・
    特亜については余計なことをしなければ勝手に自滅しますので、餌を与えずに食いつかずが基本です。

    >第二次世界大戦の教訓を乗り越えて、安倍総理の外交は今の所、かつて失敗もたしかにありましたが、最終的には全て勝利の正解の道を歩んでいると思います。
    ・・・・・
    絶対はないし、少しでも最善の対応を取り続けることに尽きます。取り返しのつかない失敗でなければ、軌道修正も可能ですし、逆にそれを利用することも出来ます。

    >日本の確信犯的理想主義パヨクの主張は論外として、
    日本の右派理想主義者の「いきなり日韓合意破棄して国交断絶せよ!」「アメリカがWGIPから悪の根源!」「憲法改正して核武装すれば万事OK!」
    右翼になれば勝てるのでしょうか?
    第二次世界大戦はなぜ負けたのでしょうか?
    理想主義だったからです。
    勝敗は善悪では決して決まらない。
    運と現実主義か理想主義かで決まります。
    ・・・・・
    所謂保守側と言われる人でこれらのことを述べてますが、この程度で問題が解決するなら、戦後70年もウダウダやってないと思うんだけどwww
    左右問わず、要所では勝つことでしか道を進むことは出来ませんし、綺麗事を押し付ける連中は9条教を批判する資格はないけどね(笑)

    >敵以外と組み、敵にも直接的な敵意を見せず、それどころか敵すら対敵同盟に組み込み、経済金融制裁して敵同士を争わせ、緑茶飲んでたら勝手に敵同士減らしあって滅んでた。
    ・・・・・
    ここらへんは基本なんだけどね。ここらへんを踏まえて今後の戦略を考えることが、今後のテーマともいえます。
    難しい旗振りになると思いますが、安易な解決ではなく、本丸を潰さない限りは次の世代に負債を残すことになります。

  5. 名前:yosh 投稿日:2017/12/14(木) 01:52:13 ID:95afd7a2f

    >手袋さま

    >陰謀論は好きですが、根拠に乏しい陰謀論は読んでても面白くないので好みません。
    ・・・・・
    そこそこのリアリティがありながらもエンターテイメント性がない陰謀論は不快とも言えるからね(笑)

    >アメリカの陰謀論にしてもGHQも一枚岩ではなかったですし、東京裁判史観の日本は侵略国家論だってマッカーサーが否定してますしね。
    そもそもGHQにしかり、リベラル?にしかり、内部の各々の組織が自分たちの利益のためにその時の状況を活用してるに過ぎませんしね。
    ・・・・・
    普通に考えて、組織というのは一枚岩ではないし、それぞれの描いたストーリーによって、自分たちの利益のために状況を利用するに過ぎないですね。憲法9条も一つの陰謀論の類と見てよくて、決して特亜を守るために作られたものではないんだよねwww

    >そもそも一枚岩な国があるのか?という話ですよ。
    ・・・・・
    国家の体をなしていない反日が全ての過激派組織ならありますよ(ぉぃ

    冗談はさておき、、、

    >首相経験のあるぽっぽや村山が他所で好き勝手言い放題してて、それが日本の総意だ!なんて言われたら怒髪天ですよ。
    ・・・・・
    国の恥ともいえるし、民主党政権にしてもこれが日本の政権と言われても怒髪天扱いだったもん(笑)

    >それはアメリカも同じでGHQがー、東京裁判史観がーアメリカの総意だなんて失礼にもほどがありますね。
    重要なのは、どこの、誰が、何の目的で、を見ることですよね。
    ・・・・・
    ホントここが大事ですね。アメリカってどこのアメリカなのかしら??と言いたいwww
    どの立ち位置の人が何の目的で動いているのか。これだけで説明はつくのは多分気の所為でしょう。

    >日本にとっての友好勢力、敵対勢力は国単位ではなく、組織単位で考えるべきで、友好勢力といかに連携するかが重要だと思います。
    戦前戦中のコミンテルンが行ってきた浸透戦略は現在まで様々な機関を蝕んでいるのは周知の通り。
    それを打破するにはまず知ることが大事だと思います。
    ・・・・・
    組織単位で見ることが大事だし、有効勢力と連携しつつ、敵対勢力は内ゲバに持っていくかが大事です。
    コミンテルンの浸透戦略は形を変えて今も様々な機関を蝕んでおります。グローバリズムとかいうのも、新自由主義も共産主義の亜種であり、全てが地球市民思想に尽きるし、最近日本で言われてるあらゆる保守も同様ともいえます。
    物事を知ること。そして正しく認識することで初めて解決策が見出だせるものだと思います。ここが歪んではいけないと思います。