シェアする

中韓首脳怪談とエア歴史戦??

まずはこちらの話題から。

【文在寅氏訪中】食い違うTHAAD解釈、共同声明も会見も見送られる見通し…「抗日共闘」カードを切るのか(1/2ページ) – 産経ニュース

悪化した中韓関係の“雪解け”を演出するはずだった韓国の文在寅大統領の訪中を前に、最新鋭迎撃システム「THAAD(高高度防衛ミサイル)」配備問題などで立場の違いが露呈、習近平国家主席との会談後の共同声明採択や共同記者会見は見送られる見通しとなった。南京事件から80年を迎えた13日、「共に抗日闘争を繰り広げた」と言及した文氏が習政権との連帯を打ち出すのに、対日共闘という歴史カードをさらに持ち出すかが注目される。

「中国の安全保障上の利益を侵害しないよう格別に留意し、この点について米国の確約も得ている」

文氏は中国で11日夜に放映された国営中央テレビのインタビューでTHAAD問題についてこう答えた。中国人キャスターはTHAAD問題で「どのような努力をするのか、中国の視聴者に示してほしい」と執拗に食い下がった。

文氏は既に立場を表明しており、「新たな立場ではない」とかわしたが、韓国メディアによると、この部分はカットされた。「北朝鮮のような立ち遅れた国」「北朝鮮のミサイル能力は実に早い速度で高度化している」といった対北問題に絡んだ否定的発言も放映されなかったという。

文政権は10月末の中韓合意でTHAAD問題は「封印された」とし、棚上げにすることで一致したとの認識だった。だが、習氏や王毅外相らは韓国側と会談するたび、合意で提示した、日米韓軍事同盟には発展させないといった「3つのノー」を再確認するよう求めてきた。対北防衛で日本との連携は不可欠であり、韓国の保守系世論は「主権を損なうものだ」と批判した。

中韓首脳会談の件です。鈴置さんの記事を紹介します。会員登録は必要ですが、必見の連載記事ですので、是非とも登録を!「3つのノー」について解説があります。

「約束を守れ」と韓国の胸倉をつかんだ中国:日経ビジネスオンライン

●韓国が中国に表明した「3NO」

・米国とMDは構築しない
・THAAD追加配備は容認しない
・日米韓3国同盟は結成しない

●中韓合意(2017年10月31日)のポイント

・韓国側は、中国側のTHAAD問題に関連する立場と懸念を認識し、韓国に配置されたTHAADは、その本来の配置の目的からして第3国を狙うものではなく、中国の戦略的安全保障の利益を損なわないことを明らかにした。

・” 中国側は国家安保を守るために韓国に配置されたTHAADシステムに反対することを改めて明らかにした。同時に中国側は韓国側が表明した立場に留意し、韓国側が関連した問題を適切に処理することを希望した。

・双方は両国軍事当局の間のチャネルを通して、中国側が憂慮するTHAAD関連問題に対し、話し合いを進めることで合意した。

・中国側はMD(ミサイル防衛)構築、THAAD追加配備、韓米日軍事協力などと関連し、中国政府の立場と憂慮を明らかにした。韓国側はすでに韓国政府が公開的に明らかにした関連する立場を改めて説明した。

・双方は韓中間の交流・協力の強化が双方の共同利益に符合することに共感し、全ての分野での交流・協力を正常的な発展軌道に速やかに回復することに合意した。

・関連記事

中国に「降伏文書」を差し出した韓国:日経ビジネスオンライン

平昌五輪「選手団派遣は未定」と言い出した米国:日経ビジネスオンライン

西北南朝鮮にとって約束は守らせるためにあるもので、守るためにあるものではないというのが基本で、中韓にとって共通するものは反日しかないわけです。以下の記事も併せて紹介します。記事の紹介だらけですが。。。

中国訪問中の文大統領、南京大虐殺に言及「われわれ韓国人は中国人が経験したこのつらい事件に深い同質感を持っている」~ネットの反応「南京も慰安婦と同じ朝日新聞の捏造だと知ってるのかw」「あるはずがない傷を舐め合うバカ連中w」 | アノニマスポスト

反日ネタも朝日新聞発の創作であって、創作によって作られた傷を舐め合うことが共通の利害とかいう意味不明な状態になってるのが中韓の状況とも言えますwww基本的に被害者ビジネスの構成要素として、エア被害か自分のやらかしたことを他人に押し付けるというのが基本モデルとなります。実際に起きた被害については、身から出た錆を相手のせいにして責め立てる手口で殆どの説明がつきます。

脱線しましたが、中韓首脳会談といっても対話は成立しませんので、共同声明も会見も見送られる見通しで、好き勝手に双方で好き勝手にいったところに落ち着くと思います。結局は反日でしか双方の共同利益にはなりませんし、韓国以外の慰安婦像問題も主導しているのは中国だし、日本を挑発させて他の国との外交問題を引き起こすという離間工作が行われているわけですね。そういう意味では、大阪市の姉妹都市の件など愚の骨頂でしかないです、ハイ。

関係記事を何個か。

【歴史戦】香港の尖閣団体がまた慰安婦像設置 計5体に – 産経ニュース

【正論】慰安婦像めぐる姉妹都市の解消は相手の思うツボか したたかにパワーゲーム戦え 同志社大学教授・村田晃嗣(1/4ページ) – 産経ニュース

【歴史戦】大阪市長、サンフランシスコ市との姉妹都市解消を決定 正式通知は来年6月以降 急死を受け – 産経WEST

サンフランシスコ市との姉妹都市解消なんだけど、姉妹都市を解消したところで何が変わるのでしょうか??以前から書いてた通り、大阪市がサンフランシスコ市との姉妹都市を解消するだけの話で終わるし、それ以上の意味があるとは思えないです。姉妹都市として無責任な対応のようにも思えるのは気の所為ですかね??したたかにやるなら、他の方法があると思うし、別に姉妹都市を解消したところで、慰安婦像を撤去しますとかいう話にはならないし、そもそも慰安婦像があることで何が問題なのかは分からない部分もあります。在米邦人の危害があるというのは、慰安婦像があることなのでしょうか??慰安婦像を撤去すれば危害がなくなるのでしょうか??慰安婦像の存在が問題であるなら、こっそりと破壊すればいいだけの話だと思うし、器物破損罪を恐れてるのかなとも思えなくもない(ぉぃ

言い方が悪いのですが、サンフランシスコ市長の急死の原因は不明ですが、慰安婦像がこの事態を引き起こしたのであれば、朝日新聞に慰安婦像を設置運動もいいのかなと思います。個人的には、「朝日新聞に慰安婦像」というのはアリと思うけどねwww朝日新聞が作ったわけで、朝日新聞の象徴として慰安婦像が適切のように思います(笑)

続いてはこちら。

【政界徒然草】慰安婦像への怒り遅れ 独島エビには無言 自民党は「歴史戦」を戦う気があるのか(1/4ページ) – 産経ニュース

自民党の歴史認識をめぐる問題への感度が鈍い。米サンフランシスコ市議会が市内に設置された慰安婦像と碑文の寄贈の受け入れを決議したことに対し、党が怒りの声を上げたのは8日も後だった。韓国政府がドナルド・トランプ米大統領(71)との晩餐(ばんさん)会に元慰安婦を招待し、「独島エビ」を振る舞っても目立った反論はしなかった。日本の名誉や信頼を守るのは与党の重要な責務だ。自民党議員はこの現状に胸を張れるだろうか。仕掛けられる「歴史戦」を戦う気」はあるのか。

「米国をはじめ次から次と慰安婦像設置の動きがあるが、未然に防ぐことも大事だ。広報活動を強化し、事実でないことは正していく」

自民党の中曽根弘文元外相(72)は11月30日、自身が委員長を務める「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」の会合でこう強調した。出席議員からもサンフランシスコ市の慰安婦像と碑文に関し「あらゆる場面で反論していくべきだ」との意見が相次ぎ、議員間交流などを通じて対外的な働きかけを活発に行う方針などが確認された。

産経新聞に言いたいこととして、これはエア歴史戦であって歴史戦ではないです。ここの件なんだけど、「日本の名誉や信頼を守るのは与党の重要な責務だ。自民党議員はこの現状に胸を張れるだろうか。仕掛けられる「歴史戦」を戦う気」はあるのか。」とあるけど、これって一種の自民ガーに近いとも言えるんだよね。結局のところは、広報活動を強化したところで、敵が黙るわけでもなく、次々と重ねていくことになります。そういう意味では本体を叩くしかないわけで枝葉の問題に拘ったところで、第三者の国からの反感を買う原因に繋がりますし、相手もそれを目的でやっていることになります。最低限で相手を敵に回す行為だけは避けるべきですし、相手の主張の背景を読み解いて、少しでも味方が増えるように対外的な働きを行う必要があります。当然裏では敵対組織を潰す方向で動くのは言うまでもないし、反日問題を解決するためには、敵の資金源の壊滅と孤立化というのが基本戦略で、それに反する内容については、今後の戦略という観点では十分警戒が必要だと思います。

『中韓首脳怪談とエア歴史戦??』へのコメント

  1. 名前:マンセー名無しさん 投稿日:2017/12/14(木) 15:41:56 ID:da6bc8d89

    産経は酷使様みたいになってますな。
    朝日の逆張りが産経のビジネスモデルなので、朝日が左に寄れば寄るほど比例して産経が右に寄るんですかね。
    お互い左右に寄りすぎて一周して、いつかすれ違うんではなかろうかw

    選挙という民意は自民党が圧勝してますから、日本人はちょっと左が丁度良いと考えてると思うんですがねえ。

  2. 名前:とく 投稿日:2017/12/14(木) 16:00:05 ID:4422a270a

    産経の意見も極論だと思いますが、ブログ主さんの意見もまた極論ではないでしょうか。
    というのも、朝日の様々な捏造だって「エア歴史」だと思いますが、10年か15年くらいであっという間に世界中に拡散され、いつの間にやら本物の歴史であるかのように扱われています。
    問題の初期の段階で手を打たなかった結果、このありさまです。
    敵の孤立化と資金源の壊滅といっても、中韓は国家ぐるみで金を出しており、とくに、中国を完全に孤立化させたり、資金源を根本から絶ったりすることなど、事実上不可能ではないでしょうか。
    さらに、ブログ主さんの議論には、欠けている論点もあります。
    たとえば、この手の「エア歴史」が拡散しやすいのは、反日国家の工作だけではなく、欧米先進国のマスコミや学会の左傾化という現象があります。
    トランプのマスコミ批判は極端に過ぎるにしても、BBCやニューヨークタイムズの日本関連の報道を見ると、まともに取材していないのが明らかでしょう。
    また、サンフランシスコ問題の本質として、中国の移民による人口侵略という側面も無視すべきではありません。
    サンフランシスコ市の中国系移民は、人口の2割を超えています。
    また、カナダやオーストラリアのように、国土は広いのに人口は少ないといった国は、国家全体が中国の移民侵略の標的になっています。
    こうした問題を、エア歴史戦の側面にだけ限定するのは、問題を矮小化しすぎているのではないでしょうか?

  3. 名前:yosh 投稿日:2017/12/15(金) 00:28:10 ID:9c305735b

    >マンセー名無しさんさま

    >産経は酷使様みたいになってますな。
    朝日の逆張りが産経のビジネスモデルなので、朝日が左に寄れば寄るほど比例して産経が右に寄るんですかね。
    お互い左右に寄りすぎて一周して、いつかすれ違うんではなかろうかw
    ・・・・・
    正にこのような状態ですねww朝日が左に寄りすぎてから産経が右に寄りすぎてといったところかもしれません。
    少なくとも左右関係なく朝日新聞は要らない存在でしょうし、個人的には「朝日新聞に慰安婦像」推進中ですがwww

    >選挙という民意は自民党が圧勝してますから、日本人はちょっと左が丁度良いと考えてると思うんですがねえ。
    ・・・・・
    最も自民党は中道左派にパヨクという構成なので、その逆というマトモな政党がちょうどいいような気がしますが、無理な注文でしょうね(棒)

  4. 名前:yosh 投稿日:2017/12/15(金) 00:51:18 ID:9c305735b

    >とくさま

    >産経の意見も極論だと思いますが、ブログ主さんの意見もまた極論ではないでしょうか。
    というのも、朝日の様々な捏造だって「エア歴史」だと思いますが、10年か15年くらいであっという間に世界中に拡散され、いつの間にやら本物の歴史であるかのように扱われています。
    ・・・・・
    極論かはさておき、ウソを百回言えば真実になるというのはホントかもしれないで、論理的思考のない人が大半というのを前提に物事を考える必要があると思います。
    外国からみる日本の姿というのは、殆どの人がメディアの報道通りに受け取られてるとは限らない(実際は興味ない)し、真剣に他国の歴史など興味のある人など殆どいないというのも考慮する必要があると思います。

    >問題の初期の段階で手を打たなかった結果、このありさまです。
    ・・・・・
    平成の時期は政治が安定してなかったので手が打てなかったと思います。ろくでもない首相が短期で入れ替わればどうにもならないけどwww

    >敵の孤立化と資金源の壊滅といっても、中韓は国家ぐるみで金を出しており、とくに、中国を完全に孤立化させたり、資金源を根本から絶ったりすることなど、事実上不可能ではないでしょうか。
    ・・・・・
    完全には無理なのは承知ですが、日本の姿勢は必要だと思いますがね。国内もどうにも出来ない状況で海外にとやかく言うことも如何なものかと思います。

    >たとえば、この手の「エア歴史」が拡散しやすいのは、反日国家の工作だけではなく、欧米先進国のマスコミや学会の左傾化という現象があります。
    トランプのマスコミ批判は極端に過ぎるにしても、BBCやニューヨークタイムズの日本関連の報道を見ると、まともに取材していないのが明らかでしょう。
    ・・・・・
    メディアの偏向報道や左傾化は世界共通(今始まった問題ではない)ですし、ここについて国単位で考える必要はないように思います。
    他国から自国のメディアや政府でも何でもいいんだけど、過剰反応はかえって問題になりますので、まずは国内のパヨク化を止めることが最優先です。

    >また、サンフランシスコ問題の本質として、中国の移民による人口侵略という側面も無視すべきではありません。
    サンフランシスコ市の中国系移民は、人口の2割を超えています。
    また、カナダやオーストラリアのように、国土は広いのに人口は少ないといった国は、国家全体が中国の移民侵略の標的になっています。
    ・・・・・
    人民解放軍の本隊は移民であるということは、言うまでもないしそこらへんで言われてる問題の殆どが移民問題というのは言うまでもないです。
    外国の移民問題については言及は難しいというのが現実ですが、欧州でも移民問題が酷い状況になってきていることから、世界的にも移民問題についての関心が高い状況に思います。そういう意味では、一定の時間が必要であったという一面はあると思います。
    物事は優先順位が必要ですし、まずは日本国内で出来ることをやる&余計なことをしないというところからだと思います。
    あとエア歴史問題ですが、歴史というよりただの政治問題と言えます。