シェアする

2307 2018/01/19アラカルト①

けいちん
今年からマイナンバーによる金融口座への土足踏み込みが解禁されていますが、すでにその動きが出ております。
当局の本気度と色めきだっている感じが受け取れます。
今年は本当に楽しみです。
朝日新聞
外装工事会社「仁装(じんそう)」(横浜市戸塚区)が約1億4400万円の所得を隠し、約3500万円を脱税したとして、東京国税局が同社と遠藤雄仁(たけひと)社長(38)を法人税法違反で横浜地検に告発したことがわかった。
関係者によると、同社は2016年9月期までの4年間、実際には取引をしていない別会社の銀行口座に外注加工費の名目で資金を振り込み、現金で戻させて裏金にするなどして所得を少なく見せかけたとされる。
遠藤社長は資金を主に個人預金に充てていたという。取材に対し、「不測の事態に備えたいという気持ちと、自分の無知から、不適切な方法を取ってしまった。指摘に従い、修正申告と納税をした」と話した。

踊る愛国者⑥-357
ツイッターにて、高須クリニック院長の高須 克弥さんが「虫尾緑」なる人物に名誉を毀損されたとして訴訟を起こすとの事案が発生しています。
この「虫尾緑」なる人物、過去にも次のような発言をしています。
虫尾緑(ミュージオミドリ)
@essssu
返信先:@S_B_O_Gさん
@S_B_O_G金正恩元帥様は、かつての日本に残虐の限りを尽くされた我々をお守り頂いている大切なお方です。憲法九条が有りながら全く守りもしない大嘘つきの鬼畜日本に対しミサイルを向けてくださり警戒してくださっています。打倒、鬼畜国家日本!!
2013年05月15 18:49
虫尾緑(ミュージオミドリ)
@essssu
皆さん、真剣に安倍晋三一派を皆殺しにする行動を起こしませんか?
日本を空襲や、原爆でメチャクチャにし、世界各地で戦争を引き起こすアメリカの犬となり、アメリカの引き起こした戦争を後押しし、日本と全く利害関係の無い国の人達を殺すぐらいなら、安倍晋三一派を殺してしまいませんか。
0:58 – 2014年7月11日
これは外患罪や脅迫罪にも相当すると思いますので、しかるべき対処が必要だと思いますが、それとは関係なくちょっとひっかかったことがあります。
虫尾緑(ミュージオミドリ)という言語感覚は、奥田愛基(オークダーキ)によく似た、私には理解しがたい言語感覚です。朝鮮人でしょうか。

群青
河野ジュニア外務大臣が親に似ずがんばっている中、1次、内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画)
2次、総務副大臣、3次、法務大臣、4次、法務大臣と重職をつづけている上川陽子議員ですが、地元では民団との関係ズブズブなんです。
未来創造へ決意新たに… 民団静岡が創団70周年式典
【静岡】民団静岡本部(姜再慶団長)は12日、静岡市内のホテルで創団70周年記念式典を開催した。光復72周年を迎えた祝いも兼ねている。地元選出の上川陽子法相(自民党)をはじめ大口善徳衆議院議員(公明党)、白真勲参議院議員(民主党)などの政治家も参席。静岡市からは小長谷重之副市長がお祝いに駆けつけた。
姜団長が記念辞で在日社会と母国の発展に献身的に努力してきた本・支部幹部と団員に感謝の言葉を述べ、呉公太中央団長が「民団を中心に同胞社会を大統合して、われわれの権益を守っていく事業を展開していこう」と呼びかけた。各国会議員からは「ヘイトスピーチ対策法」のさらなる充実をめざすとの決意表明が聞かれた。
同本部は地方都市のなかでは全国に先駆けて1947年8月8日、静岡市公会堂で結成された。
記念式典で祝辞を述べる上川陽子法相(画像あり)
所属団体・議員連盟をみると、親韓まちがいないでしょう。(岸田派)
朝鮮通信使交流議員の会(幹事)
神道政治連盟国会議員懇談会[
速やかな政策実現を求める有志議員の会
日韓議員連盟
北京オリンピックを支援する議員の会
トラック輸送振興議員連盟
例外的に夫婦の別姓を実現させる会
TPP交渉における国益を守り抜く会
日韓関係を重視しており、2001年には第27回日韓議員連盟合同総会[15]に、2007年には日韓若手国会議員懇談会に、それぞれ訪韓した際に出席している。また2007年、静岡市内で開かれた朝鮮通信使400周年シンポジウムでは「対話を続けていくことができれば、過去の過ちを克服することは十分可能」と発言した。
選挙になると選択枝がないのでいたし方ありませんが、今の自民党がこんなでは、暗雲たる思いです。もうハードランニングでよいから早くして!の気持ちです。

どんたく
余命様、余命プロジェクトの皆さま、大変な激務で有難うございます。
地元である岐阜県弁護士会の会長声明を読んで、呆れました。
国や政府を批判しながら、司法修習生の勉強の為に公金支出の継続を要望し、今度は自分たちの仕事がなくなりそうだから、司法試験の合格者を減らすようにとか。
住基ネットの件で、国へ協力しないようにとの声明を出したりもしています。また日本国憲法が最高法規と言いながら、「特定秘密の保護」に関する法律の成立に抗議する会長声明では、ツワネ原則に違反しているとか。
全てのことを基本的人権・立憲主義・恒久平和主義・国民主権、表現の自由、思想・信条の自由などで正当化していますが、それも国内の平定・治安維持がなされていての前提だと思うのですが。
また「国民の権利・自由に対する最大の侵害者は国家である」には、驚きました。あまりにも認識が違い、弁護士がつけるバッジの本来の意味を考え直してもらいたいと思いました。
【王の目・王の耳】
余命プロジェクト関係各位、大変お疲れさまです。
下記は米ボストン在住の新田多美子さんという方が書かれた産経WESTコラムに掲載された記事です。読まれた方もたくさんいるかとは思いますが、非常に有益と思われますので、その内容の一部を投稿させて頂ました。
(出典 産経WEST 【ボストンから一言(3)】 2018.1.17)
(以下記事内容です)
私は米ボストンに住む韓国人の友が何人かいる。
彼らは日本統治時代に、ある年齢まで日本語教育を受けているので日本語ができる。皆85歳以上ながら、朝鮮戦争後、韓国最高峰のソウル大学を卒業して、学問のため米国留学をした。
去年の夏、85歳で亡くなったHさんは日本の文化、文学をこよなく愛し、日本各地を訪れ、就眠前はベッドで百人一首を読むことを常としていた。
彼女が受けた日本語教育は、終戦の12歳で終わっていても、きれいな昔の日本語だった。ソウル大学を卒業した後、米国の大学院で生物化学を修めた才媛。頭脳明晰(めいせき)とは、彼女そのものだった。
その上、記憶力が抜群ときているので彼女から聞く昔の思い出話は、楽しく興味深いものだった。亡くなる月まで日本から文芸春秋を取り寄せ、日本の世情に精通するだけでなく、ニューヨーク・タイムズなども購読する教養にあふれた最愛の友人の1人だった。
慰安婦問題に関しても、彼女は、自分の人生経験を基にして怜悧(れいり)に韓国を見つめ、このように話をしていた。
■挺身隊になれることを楽しみにしていた
Hさん「女子挺身隊とだまして慰安婦にさせたと言っていますが、12、13歳の私たち生徒は、15歳になるのを楽しみにしていたのですよ」
私「どうしてですか」
Hさん「15歳になれば女子挺身隊に入れるからですよ。だって、戦争末期には、お国のためと、学校の授業もほとんどなくって雲母を一枚一枚剥がす仕事ばかりさせられていました」
私「何に使うのですか」
Hさん「さぁ、子供ですから考えたこともなく、言われるがまましていましたけど、何でも飛行機の電気関係とか聞いたことがあります」
「でもですよ、慰安婦にさせられるのでしたら、私たち(上流階級の子女らが集まった)淑明女学校の女子は、あのように挺身隊に憧れませんよ」
「吉田清治って、希代の嘘つきですよ。作り話に乗せられて、済州島では200人余りの若い女性たちを暴力でトラックに積み込み慰安婦にさせたと書いた日本のA新聞社もどうかしていますよ」
「その記事のせいで(間違った情報が)世界に広まったのでしょう?。そんなことがあったら、朝鮮の男たちは黙ってみていませんよ」
「特に済州島の男たちは荒いのですから、命をかけて戦いますよ。A新聞は、大スクープ!と飛びついたのでしょうけど、ジャーナリストたるもの、記事にする前に冷静に調査しなければいけません。本人の素性も調べていないようですね。ばかげた話です」
「慰安婦は、今の世の中を基準にして考えてはいけません。あの時代は、人権なんてありませんよ。特に女性は。
日本だって金のため親は娘を売りました。当時は、それが悪ではなかったのです。村々を回って親から娘を買っていた女衒(ぜげん)は朝鮮人だったのですよ」
■日本人はなぜ捏造(ねつぞう)を信じたのか
私「女衒は朝鮮人だったのですか」
Hさん「だってそうでしょう。田舎の貧しい朝鮮の親たちは日本語を話せないのですから。私の母親は一応、両班(特権身分の階級)の出ですが、『女に学問は不要』といった当時の朝鮮ですから、日本語を話せないだけでなく、ハングルの文字も読めませんでした」
「父は小学校から大学まで日本語教育を受けていますし、朝鮮殖産銀行に勤めていましたから日本人と変わりなく話しました」
吉田氏は韓国に石碑を建て、その前で土下座をし、「許してください」などと謝罪したそうだ。
私は、Hさんのために大高未貴氏(著)の「父の謝罪碑を撤去します」を購入し、手渡した。
同書を読み終えたHさんは、「どうしてこんな(吉田氏の)捏造話を信じたのでしょうね。日本人は、もっと賢い民族のはずです」と私に問いかけてきた。そして、こうも語った。
Hさん「本当にばかげた話なのですけど、自殺をした廬武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の下で親日財産没収法が決まって、朝鮮総督府が設立した朝鮮殖産銀行に亡くなった父が勤めていたことで、私たちは親日(という扱い)となっていたのです。それで長女の私に統治時代に築いた財産を没収するって手紙がきたのですよ」
「このために韓国政府は特別機関を作って、全世界に散らばっている親日といわれる子孫を探し出すのですから。こんな愚かな手紙を出すお金があれば、北朝鮮への防衛費に使ったら良いのです」
私「それでどうしたのですか」
Hさん「破って捨てました。もう何年もたちますが何も言ってきません。政府も忘れているのでしょう」
「あの慰安婦像だってそうですよ。どう見たって12、13歳の少女です。そんな歳で慰安婦なんてあり得ません。日本人が怒れば怒るほど彼らは喜ぶんです。ほっとけば、今にほこりを被りますよ」
■デモには北が入り込んでいる?
いろいろな話を聞かせてくれるHさんに私が「韓国の話をするときには、『ばか』の言葉がたくさん出てきますね」と語りかけると、「だって本当のことを言えば、親日と責める国ですもの。ばかばかしい…」と真面目に答えるのが印象的だった。
去年、韓国で広がったキャンドルデモをテレビで2人で見ているとき、Hさんの分析に考えさせられた。
Hさん「このデモには北朝鮮からの人間が相当入り込んでいると思います」
私「どうしてですか」
Hさん「日本人と違って、韓国の人間は一致団結ができない民族なのです。この短期間にキャンドルやビラ、そして、そろいの上着などを民衆が団結して用意できるはずがありません。北朝鮮の人間は長年の間、命令に従うことに慣らされています。これだけ韓国民が同じ行動ができるのは、北朝鮮からの指導者が統率しているはずです。民衆が気づいていないだけです」
私「協力できない民族なのですか」
Hさん「こんなことわざがあります。『日本人と朝鮮人が1体1で戦えば体の大きい朝鮮人が勝つ。2対2では日本人が勝つ』。それは、日本人の協力し合う民族性からです。朝鮮民族は、2人になれば、お互いに大将になりたがってけんかが始まります」
このことわざは、私が釜山に住んでいるときにも、家のお手伝いさんから聞いたことがある。
Hさんには「これほど日本を愛してくれる貴方に対して、日本の首相に一筆礼状を出すようにお願いしなければいけませんね」と冗談を言ったものだ。
私が彼女にしてあげられなかった唯一の心残りは、彼女が日本統治時代に教えを受けた日本人教師の家族を探せなかったことだ。
終戦で日本人教員が引き上げる前日、学校の講堂に集まった女生徒たちに、先生1人ひとりが別れのあいさつをしたという。
最後に、彼女が最も尊敬をする男性教師は「立派な朝鮮女子たれ!」と大きく涙声で言ったそうだ。
「果たして期待に沿える朝鮮女子になれたのかどうか分かりませんが、せめて先生のご家族に、あの時の立派な言葉を伝えたいものです」とHさんから聞いていたからだ。
力を尽くしたが、ついに探すことはできなかった。

日本発進
皆様お疲れ様です。
北朝鮮問題や慰安婦合意問題が典型的な例ですが、今こそ毅然とした態度で徹底的に、犯罪・犯罪行為と対峙せねばならぬ時だから?お困りの『国家・集団・個人』が悲鳴をあげていますね。
炙り出しが効いています。あなたの立ち位置は?どっちですか?聞かなくても自爆自己紹介している姿には呆れます。
事実の拡散による国民の意識変化、法改正・圧力・制裁が効いてとどめを刺せるという時に、犯罪者側目線での配慮とお節介のオンパレード。
今迄はパフォーマンスでごまかせただけなのに。司法汚染・押し紙・放送法違反、司法とマスコミの汚染があったから…
偽善・生け贄でのらりくらり、逃げ道を残しておくことができた。
でも今は、これからは違います。安倍政権の『日本再生』、余命プロジェクトチームから知恵と道具を貸してもらい普通の国民も自らたちあがっています。
対症療法でなく原因療法で元から問題を断ち解決へ導く『日本再生』が加速してきたように感じています。
法改正と外圧と国民の意思表示、官民一体となって毅然と立ち向かう機会を、私のようなただの日本国民の一人でしかなかった自分に与えてもらっていることに感謝しています。
最近、WILL七月号増刊『追悼 知の巨人 渡部昇一 まるごと一冊 永久保存版 』というのを読み始めたばかりです。今日、カミカゼじゃあのWWWさん著の『売国議員』が届きます、余命三年時事日記とは違う役割を持った本だと思っています、楽しみです。
(日本発進)

御隠居
余命様、スタッフの皆様お疲れ様です。
自民党・公明党の売国奴議員達は安倍総理を自己都合?か朝鮮半島からご要望か?安倍総理をピエロに仕立てどうしてもリスクの高い韓国平昌オリンピックへ出させたいようですね。中国も習近平が代理、アメリカもロシアも大統領は出ないようですから、世界に通ずる安倍総理が出るオリンピックと泥被りをさせるつもりですね。まして、北朝鮮が意図的利用しようとしているオリンピックへ安倍総理をノコノコと出させようとする売国議員達。そして、売国奴議員の溜まり場にいる野党議員と協議をするような発言もあり、異常遺伝子を持っている反日似非日本の国会議員は喜んで話しに乗るでしょうが、官邸側は絶対に拒絶するでしょうし、まして、日本国内で爆弾仕掛けるような異常遺伝子を持っている半島人が、過言の前例を踏まえ、英雄となることを夢見て伊藤博文の二の前を画策していてもおかしくないですからね。
官邸や自民党へ反対のメールを入れておきましたが、今後の動きも十分にチェックする必要があると思います。
総理の替わりに団体行動の好きな二階氏を行かせてもいいのではないかな。

はぴにゃん
余命様 皆様 いつも有難う御座います。
余りに大部の異常な弁護士会声明文にいささかうんざり(ごめんなさい!)最近は斜め読みしていました。が、今日はふと目に留まった文章がありまして、これについて皆様はどう思われるかな?と投稿したくなりました。以下にコピペしました。
”2303 こめびつわさび茨城県弁護士会④”より抜粋
”当会は、法律専門家を構成員とする団体として、これまで2014年5月1日付会長声明、同月24日付け総会決議、本年6月10日付け会長声明及び8月4日付け会長声明により、憲法の改正手続を経ることなく、閣議決定による政府見解の変更や法律の制定によって、実質的な憲法の改正を行うことに断固反対することを幾度と無く繰り返し表明してきた。日本弁護士連合会や他の弁護士会、各地の弁護士会連合会も本会と同様に繰り返し本法案に反対する旨表明してきたところである。
それにもかかわらず、「良識の府」と呼ばれたきた参議員においても、当会らの意見を全く顧みることなく、またしても与党によって採決が強行されたことは大変遺憾であり、到底容認できるものではない。当会は、この採決の強行につき、最大級の非難をもって抗議する。
言うまでもなく、憲法は、国の最高法規であり、それに違反する法律は効力を有するものではない(日本国憲法第98条第1項)。このような憲法に違反する法律が存在すること自体、異常であると言わざるを得ない。
よって、当会は、立憲主義の見地から、法律の制定をもって憲法規範を変更することになる「平和安全法制」について、その早期の改廃を求めるべく、今後も全力を挙げて取り組む所存である。
2015年(平成27年)9月19日 茨城県弁護士会 会長 木島千華夫”(以上コピペ終わり)
これは「平和安全法制」についての意見声明に付けられている見解ですが、これを違法な「外国人生活保護費支給」などの諸々の案件についてはどういった適用をしているのでしょうか?確か私のつたない記憶では、一官僚の決定によって外国人に生活保護費が支給されるようになったと思いましたが・・・。