シェアする

2431 余命の女性軍団あしながおばさん12

あしながおばさん
◇日弁連の崩壊シリーズ:会内民主主義の劣化◇
サイト「河野真樹の弁護士観察日記」から一部抜粋を。
まだじっくり読みこなしてはいませんが、産経の記事の補足になる記述がありましたのでご紹介させていただこうと思います。
・河野真樹
司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。
■日弁連「偏向」批判記事が伝えた、もうひとつの現実 2017-05-10より
※引用部分を「 」で括ってあります。
「2014年5月の日弁連総会決議をめぐる議論に触れた記事」の「会場から『日本有事』の際に日本がどう行動すべきかをただした会員に対して、回答に立った副会長は『日弁連という団体の性格からして、(見解を)示すべきであるか否かも問題であるところかと思う』『検討することは必要』としながら『今どのように考えるか回答することは適切ではない』とかわした、という話」について。
産経記事の、立場を異にする2人の会員の執行部に対する意見。
・政治も根本は法律で動く以上、法律家集団の意見が政治性を帯びることはある意味当然と考えている。問題は最初から一方向で結論が決まり、議論にならないことだ
・日弁連は議論しないといけない。それをしないのは自滅の道だ
筆者は、人権擁護を使命とする法律専門家集団としては、政治的であっても言うべきことは言わなければならず、特定の政党・政治家の主張と被ったとしても沈黙すべきでないとした上で次のように述べています。

「立場が違う2会員は、日弁連が「政治的」なテーマに向き合うことを問題視しているのではなく、むしろこうした問題で会員に対して、きちっと向き合っていない一点では、共通の問題意識と危機感を持っている、という現実を伝えていることになります。
いま、多くの会員が問題視し始めているのは、産経の企画が伝えようとしている、日弁連の活動の政治的な『偏向』よりも、むしろ会員への対応そのものではないのか、と思えます。
会内対応の粗雑さ、会内民主主義の劣化といってもいかもしれません。先日の委任状問題が発覚した日弁連臨時総会での対応にもつながりますが、会内の合意形成に対する執行部の姿勢そのものに、共感できない、よそよそしいものを感じる会員の声は強まっています。
それは、さらにいえば、一方で日弁連が旗を振った『改革』のしわ寄せを受けた会員に対して、執行部は一体何をやってくれているのか、あるいはくれるのかを、実感できない。あたかも、そうした会員の状況や認識と、組織として筋を通す対外活動へのコンセンサスは、全く別物として切り離しているような執行部の姿勢が通用しなくなりつつあるという現実があるようにみえます。
強制加入・自治への不満は、いまや思想・信条の問題よりも、会費負担や、『改革』が生み出した弁護士過剰と経済激変の現実に対して『会員のため』に何をしているのか、という問題意識にかかわっている、とみるべきです。
『政治的偏向』批判を恐れて、沈黙することも、会内民主主義が粗雑化していくことも、そして『改革』の結果として会員が離反していくことも、いずれも日弁連・弁護士会にとっては『自滅の道』といわなければならないのです。」
執行部を形成する人たちは明らかな日本乗っ取り確信犯だ・・・ということを直視しないと、歯切れが悪くなりますね。
「執行部の姿勢そのものに、共感できない、よそよそしいものを感じる会員の声は強まっています」?そりゃあそうでしょうよ。「異民族+国賊日本人」なら、一般日本人会員に対してよそよそしいでしょうねw
この段階では、筆者は後に出てくる「日弁連はいわば総連の工作拠点」という産経記事の表現を見ていないのですが、ではそれが掲載された7月24日以降、言及したかというと、全く触れていません。それもそのはず、このサイトには左系弁護士のリンクから飛んだのでした。
あと、「日弁連が旗を振った『改革』のしわ寄せを受けた会員に対して、執行部は一体何をやってくれているのか、あるいはくれるのかを、実感できない」「『会員のため』に何をしているのか、という問題意識にかかわっている」という甘えた表現もなんかひっかかります。
「弁護士法第四五条の2 日本弁護士連合会は、弁護士及び弁護士法人の使命及び職務にかんがみ、その品位を保持し、弁護士及び弁護士法人の事務の改善進歩を図るため、弁護士、弁護士法人及び弁護士会の指導、連絡及び監督に関する事務を行うことを目的とする」って、「事務」って言葉が2回も出てるんですけど、そもそもそれをするだけの機関なんじゃないのかな?
注 「朝鮮人学校補助金支給要求声明」もだしますよ。

◇日弁連の崩壊シリーズ:上下の分裂・弁護士の貧困◇
前回に引き続き「河野真樹の弁護士観察日記」と、「司法ウオッチ」から抜粋。
■弁護士「貧富」への認識というテーマ 2017-10-26より
※引用部分を「 」で括ってあります。
「かつてのように左右(イデオロギー)ではなく、いまや上下(ベテランvs若手)で分裂していく(している)という見方は、弁護士会の一つの現実を言い当てています。ただ、実はこれよりも、いまやある意味、もっと露骨に、そして切実に会員が感じ始めている分裂は、やはり貧富ではないか、と思います」
・アトーニーズマガジン2016年11月号Vol.54での村越進・前日弁連会長の言葉
「若手は生活が苦しい、今弁護士になっても食えないというような話が当たり前のように語られますよね。それは大変だと当の若手に聞き取り調査をしても、僕の周りには、そんな弁護士はいませんという返答ばかりなんですよ(笑)。厳しい現実は否定しませんが、ネガティブ情報だけが拡大されて独り歩きしています」
「たまたま前会長の周りには、前記したような『苦しい』とは口にしない弁護士たちばかりなのかもしれませんが、そもそも『苦しい』のが若手だけではなく、高齢・中堅のベテラン層の経済的状況にも深刻な影響が出ているのが現実です。
それゆえにこれまで個人的遊興や投資が主原因だった、依頼者のおカネに手をつける形の不祥事が、経営弁護士によって『事務所維持』を理由に(なかには建て前で言っている場合もあったとしても)発生し、弁護士会として無視できないところにきたことをご存知ないわけがないだろう、と考えるのも当然といえます。
発刊直後に、この発言を自身のブログで取り上げた武本夕香子弁護士は、9割以上の弁護士の所得を補足している国税庁の統計で、年間所得100万円以下の弁護士が実に2割も存在している現実に触れ、全体的な弁護士の平均所得や所得中位数も右肩下がりの下降傾向が続けているなかで、日弁連会長にこうした現実がまるで届いていないような前記発言を疑問視。仮に、このような情報が届かないとしても、『非常に恵まれた境遇にある弁護士を基準に考えるのではなく、困っている弁護士の方に思いを馳せ、想像力を働かせて制度設計を考えるのが弁護士であり、為政者である』と厳しく指摘しました」

■「司法ウオッチ」書き込み欄より
「弁護士自治と弁護士会の強制加入制度は必要だと思いますか」というスレッドに寄せられたコメントです。
2017年5月28日 8:48 PM | ドクラテス
現在司法浪人をしている者です。結論から申せば「不要」です。
そもそも必要性うんぬん以前に、会費が高すぎて払えないですね。(年間70万~100万って、何のギャグですか?)
その会費も使い道が不明ですし、まともな人ならアホらしくて払ってられないのではないでしょうか。
弁護士資格を取得してもこの高すぎる会費がネックとなり、弁護士登録を敬遠している人は多いのではないでしょうか。
すでに破たんしているロースクール制度での奨学金(借金)と相まって、法曹を志す若者はますます少なくなっていくでしょう。
結果、弁護士はお金持ちだけがなれる職業になり、ひいてはそれが法曹界全体の低質化につながるでしょう。

2016年9月2日 7:18 PM | 日弁連はガラパゴス
日弁連が一貫して目指し続けているアメリカ化、グローバル化のもとでは、任意加入が当然の帰結です。日本を除くG8では、国単位での弁護士会は任意加入です。日弁連が強制加入団体というのは、世界レベルでは、極めて珍妙な話なのです。
弁護士会が強制加入なのは当然、という主張をするものは、他国では弁護士の仕事が不可能、とでもいうのでしょうか。そんな英米独などの弁護士制度を、日弁連は、ありがたく真似してきたのでしょうか。
執行部の連中は、これ以上、他人のふんどしで相撲を取るのは、止めろ。強制加入団体性なんて、彼らに酒池肉林の浪費をさせるだけで、有害無益。言い訳程度に、半笑いで、9条を守れ、等と言われると、虫唾が走る。舌の根も乾かぬうちに、どの国会議員に会いに行っているんだか。執行部の連中の本音など、皆知っている。
執行部が会費で飲み食いし、ファーストクラスで海外視察をしたりグリーン車を利用して国内移動していることは、311の準備段階で白日の下にさらされました。現在の会費の使い方に納得している会員は、いません。
依頼者保護基金の関係で、たかだか1万円とか発言した元執行部もいたそうですが、1万円は大金です。赤字と年収70万円以下の弁護士だけでも4割という時代ですよ?金持ちぶってる連中が、勝手に日弁連に加入し続け、好きなだけ金を出して、わずかな見舞金を出して被害者に対して恩を売り(被害者の神経を逆なでするだけ)、のめや歌えやの大騒ぎしてればいいんじゃないですか。自己責任ですから、止めはしません。勝手にしてください。
もう一つ、既に隣接士業や無資格のコンサル業務などが、かつての弁護士の仕事をしており、実質的には任意加入化が既に進んでいる、という現実も、直視しなければなりません。あたかも憲法9条があるにもかかわらず日本に軍隊があり軍事力を行使しているのと同様の状況で、弁護士法8条及び9条を改正せずとも弁護士業務を無資格者が行えるという社会的実体が、出来上がっています。
結局、強制加入団体性など、執行部が酒池肉林の大騒ぎをするための口実です。高額な会費を払ったところで、ただの無駄金。
日弁連が本当に会費に見合った価値ある行動をするならば、任意加入団体になっても、会員数は維持できるんじゃないですか?
任意加入団体にして、何がまずいんです?
執行部とその子飼いが、海外旅行やら飲み食いやらができなくなることですか?
※産経記事では「H25年度末で107億6千万弱の繰越金がある。27年度に大々的に反安保法キャンペーンを展開したが、会員向け決算書に詳細な内訳は書かれていない」とある。日弁連解体の際はこの資金の行方が気になるところ。

2013年8月9日 2:15 AM | Solicitor-FP
弁護士は他の隣接法律専門職の中心である、言わば太陽の様な存在であり、「正規の法律職者」である事は誰もが認める所であり、士業で唯一の自治権を持つという特徴があります。
一見、自治権があるってのは立派そうに思えますが、登録して間もない新人が”いきなり”弁護士会館の寄付と称して約130万円以上の寄付ってのはあんまりでしょう。(某書籍のデータより)
私は隣接法律専門職者の1人ですが、この話題が出た際には、うちの団体は会場の空気が凍り付きました。せめて「入会して〇年以上登録かつ年収〇〇〇〇万円以上(所得〇〇〇〇万円以上」の者はこれらの金額に対して〇%の寄付の協力を願うとか、した際には、それ相当の「講師等」の仕事等の提供とか待遇を考えてあげるべきではないでしょうか。 他の士業でも月2万円を超える士業は”それほど”ないし、まして寄付なんて論外です。これが「弁護士の世界では当然だ」と私もこの事実をしって「弁護士ってのは限られた者しかなれない世界だ」と感じた訳です。もし、こんな事を続けていたならば、もしかしたら司法書士や行政書士等にいずれは顧客を持って行かれるかも知れませんし。某社労士は「弁護士に頼む様になる前に我々がそれを食い止める訳だから、弁護士なんかよりも評価すべきだ。」と言い切る強者もいます。実際、争いを好む者などは1部の例外を除けばいない訳なので今1度、自治権(法外な寄付依頼)は見直すべきではないでしょうか。
※ジャパニズム最新号の「在日3世」さんの投稿にも、寄付押しつけ文化の話が出てましたっけ。ヤクザの世界も在日に乗っ取られると上納金がえげつなくなって、分裂への要因ともなっていたようですし、タカリ民族の名に恥じない傾向ということなのでしょうか。
それでは、日弁連崩壊へのカウントダウンをご一緒に。。。

あしながおばさん
史実に関することの記憶力がよろしくないので、既出かとは思いますが、拾った情報を投稿いたします。
リサーチ・ナビ 国立国会図書館
ttps://rnavi.ndl.go.jp/politics/entry/bib00999.php
■朝鮮人学校処置方針(更新日:2012年12月20日)
昭和前半期閣議決定等凡例
収載資料:戦前戦後在日同胞の動き 在日韓国人(朝鮮)関係資料 坪井豊吉著 自由生活社編 1975 pp.286-287 当館請求記号:A68-Z-33
——–
朝鮮人学校処置方針 昭和24年10月12日 閣議決定
1 朝鮮人子弟の義務教育は、これを公立学校におこなうことを原則とする。
2 義務教育以外の教育をおこなう朝鮮人学校については、厳重に日本の教育法令にしたがわせ、無認可学校は認めないこと。
3 朝鮮人の設置する学校の経営等は、自らの負担によっておこなわれるべきであり、国または地方公共団体の援助は1の原則から当然にその必要はない。
——————
政治・歴史ともに全く弱いものですから、「閣議決定」というものの効力がいかほどのものかを存じ上げなくて恐縮です。
えーっと・・・、現状との齟齬については誰がどう説明をしてくれるのでございましょう?「時代が変わり、そぐわない内容だ」とかなんとか言えば済む話なんですかね???(もちろん済ませるわけにはいかないけど)
これについても法廷で明らかになることを期待しております。

あしながおばさん
「本人訴訟」のキーワードで、最近「ジャンヌおつる」さんの情報をチラ見したなぁと思い出し、改めて掘ってみました。「ジャンヌおつる」さんと言えば、あの新潟日報の坂本秀樹からツイッターで「お前の赤ん坊を、豚のエサにしてやる!」と、およそ日本人のメンタリティでは出てきそうもない罵倒を浴びせられたお方です。
本人ブログより転載(改行、空白は概ね編集)
ttps://ameblo.jp/chiruko12/entry-12164796745.html
—————————
■祝★中曽千鶴子 高裁一部勝訴!!一部敗訴 日教組と 本人訴訟で一部勝訴しました。 2016-05-28 01:06:06
ご報告が遅れましたが 判決は4月の末
祝★ 高松高裁 中曽千鶴子 一部勝訴!!
日教組に一部勝ったよーーー♡
一部負けたけど w
朝鮮総連との癒着に対しては、厳しく、強い抗議をしました。
強い口調の抗議ではありましたし、抗議の態度には問題はあったかもしれませんが決して、民族差別や、人種差別、憎悪ではない、北朝鮮、朝鮮学校支援への抗議であり、日教組が政治活動することへの批判、日教組の考え方への批判であったと、抗議内容の正当性は認められたというのは徳島の実態をよく知る徳島地裁の判決でした。
高松の高裁判決でも、それは否定はされていません。
日教組弁護団45人と、たったひとりで戦って一部勝訴、一部敗訴
まあまあですね
時効については認められませんでしたが徳島県教組は、請求額の5分の1しか認められませんでした。
徳島県教組は5分の4負けたってこと
私は5分の4勝ったってことね
しかも弁護士費用は、お相手は15パーセントしか認められてない
85パーセント私の勝ちです
訴訟費用についても5分の4が組合
5分の3が書記長の女性
全面勝訴だと、訴訟費用は全額負けたほうが払うそうですが今回は、訴訟費用はほとんどが、徳島県教組、日教組の支払いです。
やったね★
歴史上、日教組弁護団と、一人の女が戦って一部勝訴ははじめてかも
快挙★
6年近く、戦ってまいりました
徳島県教組は、日教組の一単組ですが、歴史上、日教組と、一個人、一市民の女が、本人訴訟で一部勝訴したのははじめてじゃないかな!
嬉しいです。
特にこの抗議内容について、誰よりも徳島の実態を知る徳島地裁において徳島県教組が「民族差別だ、朝鮮人差別だ、ヘイトスピーチだ」と言ってきた事が裁判で、全面的に否定され徳島県教組への抗議は、民族差別でも朝鮮人差別でもヘイトでもないと裁判官が認めたことは、嬉しいことです。
あたりまえのことなんですが。
高裁でも、人種差別的行為には加担していないという判断がありました。
徳島県教組が、朝鮮総連にあしなが募金からのキックバックで得た支援金150万円をわたした事への抗議に対して徳島県教組が2000万円の損害賠償及び慰謝料を請求する民事訴訟を提起したのですが、私は、個人的に本人訴訟で弁護士をつけず、すべて自分で準備書面も作成し、証拠も集め、裁判で戦いました。
裁判では、民族差別だ、朝鮮人差別だと供述する相手に対して、警視庁の拉致ポスターを掲げて「拉致被害者をかえせ」と日教組と朝鮮総連との癒着に対して抗議したのですよと反論しました。
実は、本人訴訟で相手側に質問したり、追及するのってほんとに楽しかった。まるで弁護士になったみたいでしたもん。
高松高裁では、女性差別だというおばさん弁護士の論理が笑えました。
私は誰にも応援を頼まなかったので、傍聴席はいつも動員された日教組や 極左、左翼、まっ赤赤。
そしてさすが、相手が、朝鮮総連関係だけあって 警察やら公安やら新聞記者やら・・・・・たったひとりの戦いでした。
帰り道は、いつも、怪しい組織に拉致されたり殺されたりするかもと注意しながらでした。
とにかく、おめでとう。自分。
お疲れ様。自分。
正義は勝つのであーる
他の人は、最高裁に上告したそうですが、私は、もう面倒なので、おしまいにしまーーす。
高松高裁の裁判官さん、これからもお仕事頑張って下さいね。
相手側の 在日朝鮮人教授らの弁論 全面却下はなかなか良かったです
朝鮮総連と日教組の深い関係、朝鮮学校の闇、私の陳述で知ってくれて有難うございます。
書記官さん、警備の裁判所の方々も有難うございました。
書記官さんは、ロザンの宇治原に似てて、優しかったです
そして徳島の裁判官さんたち、早渕弁護士さん
徳島の国選弁護士さん、
高松の国選弁護士さん、東京の国選弁護士さん
徳島地裁の皆さまも、徳島県警の皆さまも有難うございました。
これからも 日教組の悪と戦います。
日本の子供たちのために。
そして拉致被害者のためにも
中国共産党による迫害で苦しむ 少数民族、三民族のためにも
北朝鮮、中国で苦しむ カトリック信徒や強制収容所にいる
人々のためにも頑張ります
義により倒るるとも 不義に生きず
もうすぐ 私の守護聖人、聖ジャンヌダルクが裁判により
火あぶりにされた 5月30日です
お守り下さってありがとうございます
*******************************************
韓国のテレビ局が、日教組、徳島県教組(徳島県教職員組合)を「朝鮮総連系列教職員組合」と報道しました。海外から、日教組は、そう思われているという事です
————転載終了————
完全勝訴とまではいかなかったようですが、善戦でしたね。心より敬意を表します。
これから始まる余命軍団の闘い。その勝利は、歴史に刻まれることになるでしょう!
(予言)