シェアする

2455 余命考四季の移ろい③

余命考四季の移ろい③
★「自己矛盾に陥っていることがわかりますか?
人間誰しも、時間には限りがある。あなたは私のブログも私のTwitterも全てを読む時間はないと言うでしょう。興味がないとも、労力を割くのがもったいないとも言うかもしれない。
他の人も同じです。
当事者でない傍観者としてTwitterする人が、どこにどんな興味を持たなかろうと、何の話題をカバーしなかろうと、それは彼らの自由です。無視無言が「支持を表明」したことになるのであれば、一億総在日ってことになりますね。日本人で朝鮮学校補助金に興味がある人は少ないから。」とありました。

「当事者でない傍観者としてTwitterする人が、どこにどんな興味を持たなかろうと、何の話題をカバーしなかろうと、それは彼らの自由です。」
↑それ位自分も判っているよ〜。そんなの当たり前じゃん。
しかし私は今回の件に触れ、且つ『結果』だけで懲戒請求者を責めた方々の事を云っているのですよ。
この件に触れてもいないし興味もない、そもそも知らない「一億」の方々まで、勝手に「無視無言」で「支持を表明」した事にしないでくれる?
大体そんな事言ったら、じゃあTwitterで責めた方々は興味も無いのになぜこの件に触れ、しかも『結果』だけで責めたの?って話になるよ。
「自己矛盾に陥っていることがわかりますか?」はそっちの事じゃん。ウケるw
この件に触れてもいない知りもしない「一億」の方々まで持ち出すとは。酷いね。
それに私は何でもかんでもの話題や興味に対して云った訳じゃ無い。
「当事者でない傍観者としてTwitterする人」→対象が「人」の書き方は、今回の件に触れた方々のみならずTwitterをする人全般を指しているとも取れる表現。だから尚更それに続く「一億」の単語に連動するので、私が誤解を受ける。
まるで私が世間一般の皆様の話題や興味への言及にケチ付けているかの様な印象を持たれちゃう。

そして今回の件でtweetした以上は、(My投稿の『因果関係の証明』箇所でも書きましたが)原因の『朝鮮人学校補助金支給要求声明』にも触れないとそれはフェアじゃ無いって事。
『原因』である声明への見解は述べず、『結果』だけを指摘して懲戒請求者を責めている。皆さん『原因』も知らないで懲戒請求者を責めているの?『原因』には関心を持たず、『結果』だけを責めてるの?なんで懲戒請求が行われたのか、疑問にも思わないの?

「人間誰しも、時間には限りがある。あなたは私のブログも私のTwitterも全てを読む時間はないと言うでしょう。興味がないとも、労力を割くのがもったいないとも言うかもしれない。
他の人も同じです。」
と書いてますね。
『原因』を知る時間は無いけど、『結果』は知っていて、しかも責めるの?なんでそんな事を?そこにある皆さんの思いは一体何?何を思ってそんな事を?と思いました。これは読む時間の有無の話じゃ無いです。
(それにあえて云うと『原因』は一つ、『朝鮮人学校補助金支給要求声明』の件でしょ?知るのにそんなに時間かかります?
そもそもさ、今回の懲戒請求一件と、あなたのあの膨大なブログ記事とを同一に並べて私に対し、「全てを読む時間はないと言うでしょう。」「他の人も同じです。」と言うのもフェアじゃ無いし。狡いよ。不公平な基準で私にそう言って、更にtweetした方達を庇っている。そこの比較は大切だよ。量の差が余りにあり過ぎる。酷いよ。)
今回の件を語るにあたり、『結果』だけで懲戒請求者を責めてtweetした方々の、本質にも関わる事と思います。

『原因』を知らずに、なぜ「濫用」とか「数の圧力」とか「不当な大量懲戒請求」とかの否定判断が出来るのか。
きちんとその判断の根拠や過程として、『朝鮮人学校補助金支給要求声明』への考えにも触れないと、懲戒請求を否定した皆さんの判断が妥当かor間違えかの判断も出来ないって事ですね。
原因が無ければ結果も無い。
だからtweetで触れる以上は、『朝鮮人学校補助金支給要求声明』をどう考えているのかも書いて欲しい。
それを書かないと、懲戒請求者を貶めるつもりだと捉えられても仕方が無いし。そう云う意図があったのかな?って思うし。
更に外患行為である『朝鮮人学校補助金支給要求声明』へのアシストとして、敵国人を応援しているとも捉えられるし。
しかも民間人扱いながら法の専門職である弁護士さん方が、『因果関係の証明』や『疎明』レベルまでも蔑ろにして、今回の(そもそも弁護士さん方の自治機能である)懲戒請求を語るのは如何なものか?とも思った訳。Twitterにはたくさんの弁護士さんも居たでしょ。(それにtweetが業務時間外だったとしてもその内容は弁護士さん業務のものだよね。だから尚更に思うし。)

そして簡便公共ツールTwitterを使うって事は、今回の懲戒請求に関して、たくさんの方々の目に触れる事にもなる。
更に云うならその公共ツールを使っているのだから、たくさんの方々へ与える影響も考えて欲しい。
憲法にもある『公共の福祉』を忘れないで欲しい。
何より大切な事は、この件は日本の国益が、日本人の生命財産が今後の行く末がかかっている事柄の一つだから。
(しかも大きな事柄だよ。全国で発生している、敵国傘下の民族学校へ利益、しかも国民皆さんの税金の供給を推進する声明だもん。
だから憲法違反で取り下げられるのならまだ良かったじゃん、て思う。外患罪で処罰されるよりも。処罰される前に収まって良かったねって。)
だから『原因』も知らずに今回の懲戒請求を、おいそれと語らないで欲しい。
こんな重大な問題を、時間が無いを言い訳にして『結果』だけを責めないで欲しい。

『原因』を知らないまま(か知っていて触れないかは知らないけど)、『結果』だけを責める。要するに『原因』の声明を肯定していると云う事だよね。
それはフェアじゃ無いし、敵国人を応援していると捉えられかねない、危険な行為と思うから。
だから私は以前の投稿で『無視無言による『朝鮮人学校補助金支給要求声明』への見解の表明で良いのかな?』と書いたのだし、本質にも関わると上で書いたのはそう云う事。

それから、
「「当事者でない傍観者としてTwitterする人が、どこにどんな興味を持たなかろうと、何の話題をカバーしなかろうと、それは彼らの自由です。」
と書くって事は、「傍観者としてTwitterする人」(=今回の件のTwitterの皆さん)、つまり「彼ら」(=今回の件のTwitterの皆さん)を庇っているのだね。上の「時間がない」云々でも庇ってたね。
「どこにどんな興味を持たなかろうと、何の話題をカバーしなかろうと」「自由です。」と「彼ら」を庇う。
「自由」の名の下に、『原因』に触れず『結果』だけで懲戒請求者を責めた「彼ら」を庇う。
これはやっぱり保守速報さん裁判のジャッジと一緒ですね。原告である在日朝鮮人の方への一方的な、あの優遇判決。
懲戒請求者側と、「彼ら」側(=今回の件のTwitterの皆さん=被懲戒請求者側)との扱いの差。
「悪魔の提唱者」さんの立ち位置が判るってものです。

「無視無言が「支持を表明」したことになるのであれば、一億総在日ってことになりますね。日本人で朝鮮学校補助金に興味がある人は少ないから。」
↑重ねて書くが、私の投稿にある『無視無言による『朝鮮人学校補助金支給要求声明』への見解の表明で良いのかな?』は、Twitterで今回の懲戒請求に触れ、且つフェアでは無いし危険な行為をしている方々への言及です。
世間一般の皆様に、「一億」の皆様にケチ付けたのでは無いよ。そこは間違えないで欲しい。

☆☆☆
しかしこの方の膨大な記事全てに突っ込むのは相当な労力ですよ。相当な時間を要します。
そして。全てやる必要は無いです。
この方がどんな根っこの持ち主で、一体何の目的でやっているのかが判れば、私はそれで良い。
その立ち位置、行為、目的が判れば、全記事を読んで論破する必要など、一切無い。
この方のtweet一つ見ても判りますよね。『1907 2017/9/21/アラカルト』に採用頂いた私の投稿にあります。↓
☆『んで、記事で一つだけ気に成った事があります。↓
「ささきりょうさんがリツイート
◇悪魔の提唱者@6CLW77Y102
余命は過去1205記事で「疑わしきは通報、疑わしきは告発ということで、その正誤性や正確性が問われることはなく、その行為に ついての匿名性は守られるようになっている」と述べ、懲戒請求者の名が該当弁護士に通知されると知らせなかったため、懲戒請求書を出した読者が今更に慌てているらしい。15:08 – 2017年9月18日」
↑これです。
自分はツイッターをしない&一切見ないので見方を間違えていたらすみません、これは「悪魔の提唱者」さんの発言て事で良いのですよね?
で、指摘のありました「過去1205記事」→『1205 告発準備進行中④』ですが、余命さんが記事を出稿なさった年月日は、『投稿日: 2016年10月16日』です。
この時は懲戒請求どころか、読者さん皆さんによる告発状参加も行われていない、まだ初期の委任状参加の頃の余命さんのご発言です。
読者さんの、告訴対象に関するご質問に回答なさった時のものです。以下がその内容です。
『.....行動、声明、ネット上の発言等、スタイルに関係なく「日本国あるいは日本国民を貶める行為」であればすべて対象となる。外患誘致罪は刑事事案であるが、告発行為は入管への不法滞在通報、消防への火事通報、警察への事故や事件の通報と同じで、国民の権利であると同時に、疑わしきは通報、疑わしきは告発ということで、その正誤性や正確性が問われることはなく、その行為についての匿名性は守られるようになっている。
そもそも告発とは第三者が国権に犯罪行為の処罰を求めることであるから事実関係が明らかであれば、告発人が表に出ることはない。』
以上を読んで頂ければ判る通り、懲戒請求には一切触れていません。
それを何故ご発言の一部だけを切り取り、
「懲戒請求者の名が該当弁護士に通知されると知らせなかったため、懲戒請求書を出した読者が今更に慌てているらしい。」
と、懲戒請求に直接結び付けて書いておられるのでしょうか。
「悪魔の提唱者」さんは反余命さんな立場のお方ですよね。その為のブログまで立ち上げておられる。
つまり余命さんの記事、『余命三年時事日記』の内容に相当に精通的通じているお方と必然に思われます。
ですのでこれはご自身が判った上での、明らかに意図的な悪質な誘導です。
しかし何故すぐに嘘とばれる、この様な誘導をなさるのでしょうか。
発言なさった余命さんをおとしめ、ツイートを読まれた懲戒請求者さん皆さんを騙し不安に陥れるだけで無く、それどころかお相手の弁護士さんまでも騙し陥れる(もしくは焚きつける?)為になさっているかの様です。
そして申し訳ありませんがこの様な、意図的な悪意ある誤った誘導一件を見るだけでも、「悪魔の提唱者」さんブログ内容の信頼性信憑性を疑いますし、反余命さんの立ち位置からの真っ当な批判は期待?出来そうに無いとやはり必然に当然に考えます。
そして更に言うなら、「悪魔の提唱者」さんの数々のツイッター内容の信頼性信憑性も疑わざるを得ません。
そして今回の事の発端で大元の、ツイッターで今回の懲戒請求を個人で問題化なさり脅迫の文言を使用なさっている弁護士さんが、朝鮮学校補助金支給要求声明への賛同か反対かの可否賛否の回答を(プラスもしあればその証拠も)お出しになられていない的懲戒請求「事由」そのものへ向き合われていない時点で、話は始まりません。先ずはそこからでしょうね。』
↑紛う方無き嘘を、虚偽を以て悪意ある誤誘導をし、余命さんと余命さんチームを陥れて潰す行為です。
自分、「悪魔の提唱者」さんブログを読んだ時期があったのですがこの方、余命さんの言葉を切り貼りして、そこに意図して曲解したご自身の意見(や誹謗中傷、侮辱などもずいぶんありました)を付け加え、読んだ側へ『余命三年時事日記』は詐欺(とか騙りとか諸々)との悪い印象誘導をし、すり込みをしていました。いつだったかも余命さんのお言葉↓
『.....「スミレの会」は規約が厳しく守られているので支給対象資格をクリアできない申請が多く、ご寄付いただいた資金はまだ十分あるようだ。年末に収支報告があるだろう。
「日本再生大和会」は9月発足したばかりでドタバタしているが、これも税理士と税務署に相談しながら年明けには収支報告を出すと聞いている。こちらも活動資金には余裕があるようだ。
余命は寄付ということについては全く無知で、「スミレの会」は集まりすぎて中止した。
「大和会」は事務員が二人で経費がかかるがそれでも余裕がある。これみんな余命読者のご寄付である。いろいろわかってきたが余命も読者も通常ではあり得ない凄いことをやっているみたいだな。これもいずれ漫画のネタになりそうな予感がするな。(笑い)』(『1311 11/22アラカルト』より)
と、
『.....事務所のお姉様はしっかりしているから大丈夫。この日のためにご寄付をいただいている。告発が一段落したら、来月には会計報告すると聞いている。まだまだOK。』(『1450 2017/1/6アラカルト』より)
↑について、収支報告をブログにアップしないのは嘘つき、な事を書いてました。
でも読んで頂ければ判る通り、ブログにアップなさるなんて余命さんは一言も仰ってない。『収支報告があるだろう。』『収支報告を出すと聞いている。』『会計報告すると聞いている。』と仰っているだけ。
それをさも、余命さんはアップすると言ったのにしないのはなんでだ、と私が見た中でも幾つかの記事で書いてました。余命さんは言った事をやらない、嘘つき、の印象植え付けをしていました。
(「悪魔の提唱者」さんブログからそれら幾つかを探そうか思いましたが、探し方が判らなくて。それに閲覧者のIPアドレスが判る解析ソフト?機能?でも使われていたら危ないから。成るべく訪れないに越した事は無いと思っています。この方は信用出来ない。)
収支報告の提案や指摘をするにしても(前向きな意見を述べる記述では全く無かったが)、虚偽までして何故いちいち余命さんを貶めるのか。考えました。
そして私はそこに、収支報告の提案や指摘などが目的では無い、その事を盾にして後ろに隠れて余命さんを貶めている、の意図を見ました。
本当に前向きな提案や真摯な指摘が目的なら、虚偽による卑怯な工作は必要ありませんし、そもそもそんな発想すらありませんね。(信濃さんがまさにそうでした。真摯なお心からくるご投稿ばかりでした。)
大体ばれたら逆に信用失墜だし。
虚偽をあえてやるのは、目的ありきだから。
目的に過程を合わせる為の調整。その目的とは、余命さんを貶める事。余命さんを毀損する、の前提ありき。(虚偽による印象操作の手腕?力量?にも自信があり、ばれないと踏んだのかな?)
余命さんのご発言を切り貼り、虚偽で印象を誘導し読む側にすり込み、植え付ける。根拠に基づかない誹謗中傷や侮辱などの貶めも一緒に発信、喧伝。
更に余命さんの不当性を虚偽で演出する事により、「悪魔の提唱者」さんご自身の正当性も演出。読んだ方々のご自身への信用を虚偽で作り出す。そうやって自身の言葉を信用させ、余命さんの不当性も信用させる。
それら行為は余命さんの活動を毀損し潰し、指揮官である現余命さんそのものを潰す事につながります。
これが第一の目的。
上のTwitterもそう。
ささき弁護士さんを利用して、ささき弁護士さんを盾にして笠に着て後ろに隠れて、しかも盾だけじゃ無く、余命さんを潰す目的でささきさんを手先として利用するため騙してけしかけつつ、余命さんのご発言を切り取って関連無い事柄を連結させて、偽りの事実を作る。
そうして懲戒請求もだし、余命さんチームと読者さん皆さんの活動を潰す為に、余命さんを潰す。
更にその第一の目的によって得られる成果、『結果』とは。
敵国人と売国日本人による日本侵略の障害であり邪魔をする因子(=現余命さん)を取り除き、その侵略を停滞させずより推進させる事。
それが真の目的。そう理解しました。 つづく