シェアする

478 選挙情報時事

医拳士
「日本をとり戻す」為に一般市民が出来る事は、先ず選挙で意志を示す事だと思います。
衆議院も同時選挙の可能性も高いと思いますが、次の参議院選挙について、余命チームの皆さまやブログを見ている皆様に意見をお聞きしたい事があります。
地方では選択肢が少なく、前回の衆議院選挙では私は悩んだ末に選挙区では自民党議員候補に投票し、比例では「次世代の党」に投票しました。
「安倍首相は支持するが反日の自民党議員は支持しない。次世代の党議員が増えた方が安倍首相も動きやすいだろう。」という意志表示をしたつもりです。
言い変えると「大政党の現在のトップは支持するが支持できないメンバーもいる。別の小政党だが全体としてより考え方が近い党がある。」という事です。
しかし、小政党に投票する事は「死に票」作り、実際の政策実現には不利なのではとも心配しています。
都会と地方では違うと思うし意中の小政党がどの位の規模であるか等の条件によって違うと思います。条件の違いによる場合分けも含めてお聞きしたいのです。
私が考えを実際の政策に結びつける為には、投票行動をどうしたら有利だと思いますか。
自民党に投票した場合には、一般的には現在の安倍首相を支持すると解釈されるのでしょうか、それとも自民党の平均的な考え方を支持すると解釈されるのでしょうか。
自民党の党是は「自主憲法制定」と聞きました。
私は反日自民党議員よりも「日本の心を大切にする党」の議員に当選して欲しいと思うのですが、「死に票」を考えると今回は改憲の為に自民党に入れた方が票が生きると思いますか?

.....まあ、先が見えてくると、あれもこれもと欲が出てくるが、物事には順序がある。とくに選挙については制度上の問題があって一挙に解決というわけにはいかない。
とりあえずよからぬ勢力も抱えてはいるが自民党というかたちで一度、完全に政治を日本人の手に取り戻す必要があるだろう。獅子身中の虫の駆逐はそれからだ。

おかちゃん
お疲れさまです。
最近野党の野合が進み、共産も含めて選挙協力がすすんでいますがこれはどう見るべきでしょうか。
脅威になり得ますでしょうか?
それとも現実に、いよいよゴミをまとめてポイできそうでしょうか。
できればおおさか維新もポイしたいところです。
それにしても今日の共同通信の安保廃止に反対が多数との調査結果に対しての志位のコメント、苦しすぎて笑えますね。

.....闘いの基本がわかっていない。分散した方がいい場合もあるが、今回のような場合はまとまるということは最悪のパターンとなる。なぜなら党名変更という手を使ってまで、あの悪しき民主党の3年間のイメージを払拭しているように、民主党という売国党は消滅が確定している。ここに共産党まで参加というのだから安倍総理は笑いが止まらないだろう。

「共謀罪の新設に反対する市民団体共同声明」
【呼びかけ団体】
・子どもと教科書全国ネット21
・「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク
・反差別国際運動日本委員会
・反住基ネット連絡会
・ピースサイクル全国ネットワーク
・平和を実現するキリスト者ネット
・許すな!憲法改悪:市民連絡会
【賛同団体】
・ピースボート
・在日韓国民主統一連合
・民族差別を考える会むくげ
・憲法9条?世界へ未来へ連絡会
・無防備地域宣言をめざす大阪市民の会
・アンポをつぶせ!ちょうちんデモの会
・「日の丸君が代」強制反対の意思表示の会
・反天皇制運動連絡会
・神奈川アジア平和連合ジャパン
・教育基本法「改正」反対市民連絡会
・グリーンピースジャパン
・在日難民との共生ネットワーク
・改憲とあらゆる戦争法に反対する市民ネットワーク21
・破防法の廃止を求める連絡会
・教育基本法の改悪をとめよう!岐阜連絡会グループ
・日本キリスト教団
・東京都学校事務職員労働組合
・土井たか子を支える会
・日韓民衆連帯全国ネットワーク
・日本カトリック正義と平和協議会
・日本キリスト教会横浜長老教会靖国問題委員会
・多文化共生サークルsmile
・平和をつくり出す宗教者ネット
・杉並の教育を考えるみんなの会
・週刊金曜日を応援する会
・厚木基地を考える会
Posted by m at 2016年02月24日 13:31

.....よくもまあ、ゾロゾロあぶり出されてくるものだ。決め手となっているのがマイナンバーで、7月9日から国籍の確定と居住が特定されたため、在日の人と組織がそっくり把握されてしまった。登録拒否なんて抵抗は、すでにナンバーは付与されているため、あぶり出されるだけの話である。ここ数日、在日韓国人の生活保護不正受給、エステ13店舗一斉摘発、極左勢力の一斉捜索による中核派幹部逮捕と息つく暇もないほどの動きは
集団通報と官邸メールの効果で、「やっと効いてきた!」ということだろう。

today
こんにちは
カタログハウスは、元々は社民党、中核派に近いです。
官報で追跡可能です。
カタログハウスと創業者斎藤駿を追いますと、
官報
平成13年9月14日
http://www.soumu.go.jp/main_content/000047173.pdf
2ページ目 社会民主党  カタログハウス 1500万円
3ページ目 社会民主党  斎藤駿 1000万円
以下同様にカタログハウス、斎藤駿が献金
平成14年9月13日
http://www.soumu.go.jp/main_content/000047167.pdf
平成15年9月12日

http://www.soumu.go.jp/main_content/000047162.pdf
平成16年9月10日
http://www.soumu.go.jp/main_content/000047157.pdf
Google 画像検索で カタログハウス や 通販生活で検索すると、通販生活の誌面や掲載された人物がわかります。出てくる人は左翼界隈の方々ばかり。
近年、反原発で参議院選挙で山本太郎を中核派が支援したことで、未来の党や生活の党につながっていったのでしょう。

懐中しるこ
>姜 尚中
故エドワード・サイードが存命中、サイードが言っても書いてもいないことを勝手に捏造して自分の論拠にし、またサイード本人とは決して議論しなかった(接触も無かったようで、当のサイード本人から言及されることもなかった)、「パチもののヘタレ」。
雰囲気だけで主張しようとし、論理破綻を指摘されると芝居がかったゼスチャーで誤魔化した、言論界とアカデミズムにそんなものがいた事自体が黒歴史のヤカラですね。在日がもぐりこんだ各分野で問題を起こし続けた、典型の一人だと思います。このヤカラのせいで、サイードについて、日本限定の局地的な誤解(サイードとその後継者たちには、とばっちりの大迷惑)もあるようです。そういうのが日本のせいにされ、「ディスカウント・ジャパン」にもなるわけなんですが…。
この「百害ばかり」の手合い、いつになったら半島に送還されるんでしょうか?(片道旅行で、日本への再入国無しを希望)。今年の春というか年度末に、在日人口のかなりの部分がいられなくなるという以前の記述を思い出しているのですが、これは条件整備のことで実行ではないのでしょうか?

入管24応援者
色々入管(一部公安も)通報対象団体を見てきましたが、その中でも一番ショックだったのが小さい頃よく見ていた絵本や児童文学の作者が軒並み反日的な活動を行っていた事です。
(ショックと言うのは個人的な心情での意味と、日本の子供たちに与える影響力の大きさ2つの意味があります)
その一例が「子どもの本・九条の会」-絵本や児童文学作家がメンバーの九条の会支部です。
http://love.ap.teacup.com/kodomono/
>「子どもの本・九条の会」代表団
>小宮山量平  太田大八  神沢利子  松谷みよ子  松居直  古田足日
>鳥越信  猪熊葉子  小澤俊夫  広瀬恒子  田畑精一  丘修三
「いないいないばあ」「モモちゃん」シリーズ作者の故・松谷みよ子氏や「おしいれのぼうけん」作者の故・古田足日氏が代表メンバーにあります。
同団体が主催した『戦争なんか大きらい!-絵描きたちのメッセージ展-』ロゴには
寺村輝夫氏・作の「ぼくは王さま」シリーズのイラストがあります(ちなみに同会のゾウのロゴも寺村氏のイラスト)
http://love.ap.teacup.com/kodomono/img/1445904606.jpg
上記イベント案内にある作家の一覧を挙げます
http://love.ap.teacup.com/kodomono/html/o1.pdf
-出品作家リスト-
相野谷由起、荒木慎司、あんびるやすこ、飯野和好、市居みか、伊藤秀男、いとうひろし
いわむらかずお、うさ、おおくぼヒロアキ、尾崎曜子、おぼまこと、織茂恭子
かこさとし、かさいまり、かわかみ味智子、菊池日出夫、北見葉胡、きむらゆういち
河野あさ子、小泉るみ子、ささめやゆき、佐竹美保、篠崎三朗、篠原良隆、真珠まりこ
杉浦範茂、スギヤマカナヨ、せなけいこ、田島征三、田島征彦、田畑精一、たるいしまこ
どいかや、中川純子、中沢正人、長野ヒデ子、中村景児、夏目尚吾、西村繁男
はせがわかこ、長谷川知子、はせがわゆうじ、長谷川義史、浜田桂子、原ゆたか
はらだゆうこ、平田景、ひろかわさえこ、ふくだいわお、藤田ひおこ、藤本四郎
ふりやかよこ、南塚直子、宮西達也、宮本えつよし、村上康成、安和子、やべみつのり
山田花菜、山本祐司、ゆーちみえこ、和歌山静子  (50、音順・敬称略)
また、会員の浜田桂子氏(「日・中・韓平和絵本 へいわってどんなこと?」作者)は、
会報18号P4で昨年7月の国会前デモに参加した体験談を書いています。
http://love.ap.teacup.com/kodomono/html/18.pdf
>★国会周辺 デモ・レポート
>「戦争法案は廃案に!」と、この夏、さまざまな人たちが声をあげている。
>けん引役を果たしているのがシールズ(自由と民主主義のための学生緊急行動)
>の大学生たちだ。国会前で抗議のコールやスピーチをする彼らの行動に、私は
>何度か参加している。(後略)
同ページでは、2015年7月31日に安保法制関連法案反対署名を「九条の会」事務局と共に国会紹介議員に提出した旨も書かれています。
絵本や児童文学は、子供の成長過程において必ず触れる物です。
その作者が、最早時代にそぐわず日本を反日国家の侵略の危機にさらす反戦・反安保法制・反安倍政権といった活動を行っている現状を見ると、絵本というツールで日本の子供を左翼思想に洗脳し、骨抜きにする意図が隠されていると思われます。
子供へ読ませたり、見せたりする本についても反日思想家を避ける選定が必要かも知れません。

通名廃止!
日本を取り戻す への返信
このサイトは安倍政権マンセーで批判的なものは載せないと思ってましたがそうでもないのかな?
日本の政策や法案を見ていて思うのは、失敗や穴があっても修復せずほったらかしでやりっぱなしなのと、法案などに時間が掛かりすぎだと思います。やった人や派閥などに気を使ってやらないのでしょうかね?ただ郵政民営化に関しては少し修正したみたいですがその際、小泉進次郎氏が最後まで反対していたのが気になりますね。将来の総裁候補とメディアが持ち上げてますが、米国コロンビア大学大学院へ留学(英語が喋れないようで経歴詐称の噂?)などやはりアメポチで父親のように売国するのか気になりますね。

とをりすがり
参議院選挙のことを考えると、ゴールデンウィーク頃に汚鮮マスコミもニュースにせざるを得ないような汚鮮浄化絡みの大規模な逮捕劇が欲しいところですねぇ。
それと、違法二重国籍者のあぶり出しと日本国籍剥奪も一回目はその頃に合わせて行えばさらに効果的。まずは、戦後に帰化が認められた人全員を出身国に照会するという手で撹乱し、国会議員周辺とマスコミ周辺から行えば、汚鮮浄化も早くできそう。

.....3月17日に「余命三年時事日記ハンドブック」、5月10日に「余命三年時事日記第二弾」を予定している。この中でご指摘のような取り組みも提言していくつもりである。
帰化している元朝鮮人については、過去ログで何度か示しているが、ネット外の方々にも知っていただかなければならない。やっとここまできましたな。

today
えむ への返信
こんにちは(えむさん)
法律上の建前としては消費生活協同組合法により特定の政党に加担できませんが、当の共産党がゲロってるから工作してもムダですよ。
「生協運動―その原点と今日」日本共産党中央委員会出版局 (1998/08)というのを出版して関わりを認めています。
吉田登志夫さんという方が生協について講演してます。
日本共産党書記局長 山下芳生 (共産党所属の参議院議員)
大阪かわち市民生活協同組合(現・生活協同組合おおさかパルコープ)職員という経歴です。
「組合出資金や共産党費にも使った」…生活保護は何のため? 申請同伴の共産市議は取材に抗議文 東大阪の医療生協支部めぐる保護費詐取事件(産経2015.7.21 05:00更新)
http://www.sankei.com/west/news/150721/wst1507210011-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/150721/wst1507210011-n2.html
詳しくはこちらへ
http://yaplog.jp/todays_afpbb/archive/666

.....先日、当ブログに生協擁護の投稿があったなあ.....。

けいちん
田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、岸井成格氏ら放送業界で活動しているジャーナリスト有志が29日、高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議する記者会見を東京都内で開き、「私たちは怒っている」「発言は憲法、放送法の精神に反している」とする声明を発表した。
呼び掛け人には、田原氏らのほかに、田勢康弘氏(会見には欠席)、大谷昭宏氏、金平茂紀氏、青木理氏が名を連ねた。 (産経)
野党合流の動きがありますが、それに釣られてるのか知りませんが、在日ジャーナリスト達も一緒にゾロゾロ出てきたようです。まだ日本国民を騙せると高をくくってるのが笑えます。余命大人が、古舘などはピエロにすぎないと言っていたのを思い出しました。笑

.....「田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、岸井成格氏」なんて輩はコメント不能の老害族。
ただいたずらに晩節を汚しているだけ。氏をつけるのにかなり抵抗があった。(怒り)

SHOW
自衛隊作戦、統幕に一元化 防衛省 来月にも策定新手順
本日このニュースが上がっていました。
いままで地方において警察と自衛隊との国内武装組織を想定された合同訓練がニュースに流れることはありましたが、これはあくまで国内向けの鎮圧でした。
しかしこれは国防に関する手順にかかわることで有事を想定されています。
そして3月末までの安保関連法案の施行、正直どう構えていればいいのかわかりませんが、今やれることをやっていきます。

.....やっと民主党政権、魔の空白の3年を取り戻したということだ。ご指摘のように4月からは法的にハードランディングも可能となったので在日や反日勢力は戦々恐々だろう。余命としては逐一情報をあげていくので常時チェックだけはお願いしたい。