シェアする

480 選挙関連アラカルト

匿名記号
公明党との与党連立政権について
公明党は外国人参政権を掲げていますが
「これを止めないと連立してあげませんよ」と自民党は強く出られないのはなぜでしょうか? すべては数の為だからですか。
宗教法人無税の維持は駆け引きの対象としていまなお有効なのでしょうか。政治のわからない話は誰にも聞けませんし、話のわかる人がまわりにいないため、すみませんがコメントさせていただきました。

.....この段階で公明党との連立とか外国人参政権問題に触れることは本末転倒、角を矯めて牛を殺すことになりかねない。少なくとも安倍政権としては動けない。その部分を余命は官邸メール余命16号でフォローしている。これは書籍でも同様である。またその問題点について3月17日発売の「余命三年時事日記ハンドブック」でもとりあげて進まないようにブロックして保険をかけている。

匿名記号
医拳士様
政治は与党でないと何も実現しません。今回は自民党に集中させるのが一番と思います。確かに獅子身中の虫である売国奴議員が混ざって当選してしまうのは悔しいですが選挙は毎度誰かが美味しい目に遭っていたわけです。応援した議員のその後の汚職を知り、腸が煮え繰り返る思いを何度もしてきました。
だからこそ、今までの政治家や議員が、その年代にどんな公約を掲げ、何を発言し何を実現させてきたかという政治家史の実績詳細リストが必要と思います。念のために出自や、帰化はいつ頃か? 派閥、人や団体、官僚のつながりなどの詳細プロフィールもみたいです。官僚も税金による公人であれば詳細を公開すべきです。その一覧表があれば獅子身中の虫である売国奴議員リストになりえます。民主党政権時は何一つ公約を実現させていません。選挙前の1週間だけ熱烈を装ったパフォーマンスの嘘で騙される国民も民度が低いのです。でもこういうリストがあれば国民はもう騙されることはありません。
まずは全議員の通信簿がほしいです。
私の場合、選挙の投票の基準は「消去法」です。それでも汚職議員の裏切りに遭い、失望して来ましたが、委任しない裁判官に✖をつける欄というのも投票用紙にはあるので決して無駄にはありません。おかしな判決が多い昨今ですからそれへの怒りとしてNOをつきつけられます。そうなると、凶悪事件の判決の責任者である裁判官リストも必要です。そこには実名とその実績詳細がほしいです。
私は二十歳以降、選挙の投票を一度も欠かしたことはありません(民主党に入れたことは一度もありません念のため)。仕事で離島に住んでいた時も(住民票は写していなかったので)、不在者投票をしています。大荒れの台風時でも投票窓口はひっそりと受け付けており、有効であることに驚いたことがあります。それほど選挙というものは価値が大きいということです。
〜〜に投票してほしい、と知人友人から頼まれる場合は、その依頼者が疑問に答えラレルかで判断します。公約に外国人参政権を掲げている理由について質問しますが、毎回、納得のいく回答をされたことはありません。外国人参政権の公約を隠す議員もいると思います。その炙り出しに有効な方法はないでしょうか?そんな変な議員はもう生き残れないとは思いますが。

.....当初はご提案の通り、初代余命がやっていた「国会議員のみなさんに点数をつけてみませんか」という方式を考えていたのであるが、野党がまとまるということで選挙スタイルが簡便化してしまった。自民対反自民という図式になったので、また別に考える。

神奈川県のななこ
初めてコメントいたします。いつも緊張感を持って拝読しています。
神奈川県にずっと住んでいて、小泉純一郎元首相について不思議に感じていたことをコメントいたします。中選挙区の時代に「選挙活動をしない」ということで有名だったと記憶しております。
選挙区は横須賀市と川崎市の飛び地。地元の横須賀はさておき、川崎市でも本人が集票しなくて済むだけの強固な支援組織があったことが伺えます。
次に進次郎氏について少し。皆様ご存知のことと思いますが、小泉進次郎氏は二回の総裁選で石破茂氏を支持しています。石破氏は自民党内でも「おかしなところのある人」と言われ、民主党に非常に近いという話がありました。石破氏と進次郎氏の共通点は「話が上手い、人に聴かせることができる」ということであり、一般受けをします。
神奈川県選出の(選挙が強くない)議員は特に進次郎氏の応援演説を頼みにしているという実態がありました。全国的にもその傾向はあります。小泉ブランドに加えて、本人の気迫と話のリズムの良さが強い説得力を感じさせ(中身はともかく)、外見もすっきりと清潔感があるため支持者からも高い人気があります。つまり、自民党は日本をとりもどすために議席を得るに際して、小泉進次郎をあてにしている面があり、それが将来の総裁候補として進次郎氏を特別扱いする雰囲気にもなっていました(今は存じません)。
CSISのマイケル・グリーン氏のかばん持ちだった小泉進次郎氏は、純一郎氏や竹中平蔵氏と同じいわゆるジャパン・ハンドラーなのだろうと見ていて感じられます。冷たい。 有権者を数としてみているのが伝わってきます。普通の政治家以上にです。ここを通じて、渡部恒三氏のご子息も繋がっています。
小泉政権の負の遺産を解消するときには、将来の首相候補として育成されている進次郎氏の抑えも考えていく必要があるのだろうと憶測しております。その意味では今回安倍首相が農林水産政務官に起用されたのは良い手だったのかなと感じる部分がございます。個人の妄想ですが。
いろいろと自民党内にも問題があるかと思われますが、その他の政党がひどすぎるので、まずは反日勢力をきちんとつぶしてから自民党内の浄化を行っていくことが必要かと思われます。まずは有権者がもっと勉強して、何から排除していくか、誰を選んで何をやらせるかということを普段から考えて、政治家を上に見るのではなく、国民のために働かせるという意識を持つことが大切だと考えております。その意味では党員になるもよし(獲得ノルマがあります)、選挙区の議員の後援会員になって金も口も出すのも良しと。

misugi
余命様
本ブログと著書が、自称民族派団体「一水会」の機関紙『レコンキスタ』2月号のコラムで「合法的ジェノサイド実践要綱」として名指しで批判されております。
一水会といえばご存じの通り、前顧問の鈴木邦男が「のりこえねっと」の呼びかけ人に名前を連ねていたり、また現代表の木村三浩が鳩山由紀夫と行動を共にするなど、典型的な「偽装売国右翼」として激しく叩かれている所です。
そんな団体が本ブログと著書を機関紙上で実名入りで告発しているのは、これまで余命様が「在日・反日勢力にとって、本ブログは恐ろしくてとても触れられる存在ではない」と書かれてきたのと明らかに矛盾すると思われるのですがいかがでしょうか。
余命様の見解を窺いたく思います。

.....他の組織についてはまったく知らないのでコメントのしようがない。ブログで食べてるわけではないし、ただ事実を記述しているだけの話だ。本当のことがばれたら困る人のことまで考えてはいられない。

うさぎもちこ
「ヤフコメは余命のスタッフはすべてアクセス不能である。」…って、何気に爆弾発言ですよね。
余命じい様たち、もう回線契約やら種々の家族割やら、色んな契約で身元割れまくりじゃないですか。
国がなくなれば命も財産もみななくなる、国がなくなる前にすべてを賭けて行動されているのですね。
情報も行動も、一番信頼できるはずです。
ここに書き込んでいる人たちはみな、回線情報、端末情報特定済みとみたほうがよいのでしょうか…危険度の違いはありますが、みんな仲間ってことですねo(・ω・)/
こんな餅ですが、これからもこっそりついて参ります。
ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

.....身バレは前提である。スタッフは全員入れ替えてある。すでに余命がいようといまいと関係がないスタイルが構築してある。もし倒れれば別の者が余命の旗を立てるだけの話である。先ほど覗いてみたら訪問者数4万人弱、10万pvであった。夜9時頃からのアクセスが全体の約4割以上を占めるから、まあ、そういうことである。
ちなみに本日、余命官邸メール数150000→200000→現在205000 号外メールは614000。

「電波止めるぞ!」民主党幹部が目の敵にする表現の自由
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31976

「間違った情報ばかり流すなら、電波を止めてしまうぞ!政府は電波を止めることができるんだぞ。電波が止まったら、お前らリストラどころか、給料をもらえず全員クビになるんだ」
いまどき、こんな暴言を吐く政治家がいたとは驚くほかないが、これは民主党の輿石東幹事長の発言である。
>マスコミに対してしばしば高圧的姿勢でのぞみ、気に入らない報道があると政治部長を呼びつけて恫喝することで有名であり、実際に「違った情報ばかり流すなら、電波を止めてしまうぞ!政府は電波を止めることができるんだぞ。電波が止まったら、お前らリストラどころか、給料をもらえず全員クビになるんだ」と番記者たちを面罵している。なおこのとき輿石が問題視した報道は前原誠司の発言によるもので、事実関係は間違っていなかった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/輿石東

.....日教組のドン。こんなのが数年前、政権中枢にいたのだから国政は推して知るべし、最悪に時代であった。

139: 名無しさん@1周年 2016/02/29(月) 21:53:37.79 ID:bEK6okFL0.net
高市総務相発言に民主・岡田代表
「民主党政権時代に類似した発言があったかもしれないが…」
http://www.sankei.com/politics/news/160212/plt1602120065-n1.html

.....知っていて言っているのなら馬鹿。知らないなら阿呆のレベル。

民主党政権時代から法規範性があると答弁している。もちろん業務停止も含めてできると。
[004/005] 176 – 参 – 総務委員会 – 6号 平成22年11月26日
○魚住裕一郎君(公明党)
(中略)新しい、新放送法四条になるんですか、番組準則、学説上ではこれは倫理規定といいますか、そういう意味に解されているわけでございますが、これらの番組規律違反の場合でも業務停止命令が行えるというふうに考えるか、伺いたいと思います。
○副大臣(平岡秀夫君)
お答えいたします。
番組準則については、放送法第三条の二第一項で規定しているわけでありますけれども、この番組準則については、我々としては法規範性を有するものであるというふうに従来から考えているところであります。
したがいまして、放送事業者が番組準則に違反した場合には、総務大臣は、業務停止命令、今回の新放送法の第百七十四条又は電波法第七十六条に基づく運用停止命令を行うことができるというふうに考えているところでありますけれども、これも従来から御答弁申し上げておりますように、業務停止命令につきましては、法律の規定に違反した放送が行われたことが明らかであることに加えまして、その放送が公益を害し、放送法の目的にも反し、これを将来に向けて阻止することが必要であり、かつ同一の事業者が同様の事態を繰り返し、かつ事態発生の原因から再発防止のための措置が十分でなく、放送事業者の自主規制に期待するのでは法律を遵守した放送が確保されないと認められるといったような極めて限定的な状況にのみ行うこととしているところであり、極めて慎重な配慮の下運用すべきものであるというふうに従来から取り扱ってきているものでありまして、これまでこの業務停止命令を放送法違反を理由として適用した実績は一度もないというような状況になっているところであります。

.....ただのブーメラン。

1:2016/02/29(月) 23:51:43.42 ID:AZfUyjor0
田原総一郎氏らは「私たちは怒っている」という声明を発表。「放送局の電波は、国民のものであって、所管する省庁のものではない」とし、大臣による判断で電波停止ができるというのは、放送による表現の自由や健全な民主主義の発達をうたった放送法の精神に著しく反するものだと抗議した。
http://thepage.jp/detail/20160229-00000005-wordleaf

.....放送法は法規範であって、精神とか倫理規範ではない。田原は終わった。

民放テレビキャスターの鳥越俊太郎氏、岸井成格氏らが29日、東京都内で記者会見し、放送局への停波命令の可能性に触れた
高市早苗総務相の発言について「表現の自由を保障する憲法や放送法の精神に反する。私たちは驚き、怒っている」と非難する声明を発表した。
鳥越氏は「安倍政権のメディアに対する姿勢が現れた。ある種のどう喝だ」と懸念を示した。
停波の根拠とされた放送法の「政治的に公平であること」との条文について、岸井氏は「ジャーナリズムは権力の暴走を止めなければならない。それが政治的公平・公正だ」と訴えた。
http://www.jiji.com/jc/ci?g=soc&k=2016022900747&pa=f

.....コメントするに値しない。

民主党と維新の党は1日、両党の代表と幹事長で構成する新党協議会の初会合を開き新しい党名や綱領の調整を開始する。
民主党が29日夜に開いた全国幹事長会議では党名変更自体への反対論が出た一方、維新も「全く新しい党名」を譲らない構えで、対立は協議前から先鋭化している。
民主党の岡田克也代表は全国幹事長会議で「政権交代可能な政治を実現するため民主党をバージョンアップしなければならない」と呼びかけ、新党結成への理解を求めた。当初は3月20日ごろの開催で調整していた結党大会について、会場選定の問題で同月27日とすることも報告した。
出席者から新党への異論はなかったが、党名に「民主」を含むか含まないかを世論調査などを基に決めることへの不安が続出した。
北海道連は「党名は変更すべきではない」と主張。ほかにも「最低限、略称に『民主』の党名が入るよう努力してほしい」(福岡県連)などの要望が7県連から噴出した。党名変更に伴う費用負担や党員への説明政策が変質することへの不安の声も漏れた。
一方、吸収合併の印象を薄めたい維新の松野頼久代表は2月27日、記者団に「全く新しい党名でイメージをガラッと変えたい」と強調。現時点で両党が折り合う余地はみられない。
新党の意欲にも温度差がある。民主党は29日の衆院予算委員会に岡田氏ら5人が質問に立ったが新党への言及はなかった。対照的に維新の江田憲司前代表は予算委で「新党と自民党政権との対立軸をはっきりさせていきたい」と訴えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00000077-san-pol

.....滅亡前夜の大混乱。どうやってもだめ。国民の目が覚めた。あとは選挙待ち。

3月に発足する予定の民主党と維新の党の合流新党に「期待する」は25%で「期待しない」が64%に達した。
夏の参院選の投票先に民維新党をあげたのも13%にとどまり、自民党の33%になお水をあけられている。
民維新党は衆参両院で150人規模の野党第1党になる見通し。「安倍政権に疑問や不安を持っている人の受け皿になる」(民主党の岡田克也代表)ことを目指している。
内閣不支持層で新党に「期待する」は38%…
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H1C_Y6A220C1PE8000/

.....衆参ダブル選挙にするとすれば消費税据え置きというカードがある。なにしろ参院選の改選メンバーを見れば民主党が勝つなんて可能性はゼロである。有田や蓮舫なんて聞いただけでもう闘いにならない。さてどこまで落ち込むか....。