シェアする

548 ハンドブック④

ジゼル
余命ハンドブック購入
大阪 くずはモール 水嶋書房にて2冊ありました。新刊の棚に余命本1冊と並んでいました。1冊購入しまして、レシートを見ると何故か資格試験書と表示されていました(笑)。 日本再生プロジェクトという意味では、あながち間違ってはいないカテゴリではありますかね。
で、読んだ後は余命本をプレゼントした母親(75)に貸してあげようとおもってます。 余命本の感想は「読んでたら腹立ってきた」と言っていたので、大丈夫かなといささか心配ではありますが。

御隠居
ハンドブックについて
ささやかな情報提供です。
武藏小杉の有隣堂に置かれていました、ハンドブック3冊平置きですが、1週間で売り切りました。

.....約60年前。本が高くて買えなくて古本屋で10円~20円の古本をあさっていた。
そういう中でやっと手に入れた新本。それを買ったのが有隣堂であった。

通りすがりのネコ
初代かず先生の頃から読んでますが、今回初めてコメント投稿させていただきます。
書籍販売状況のご報告です。
世田谷区経堂駅周辺に文教堂と三省堂がそれぞれあります。文教堂は、平積みで最初の「時事日記」3冊、「ハンドブック」1冊、三省堂の方は、本棚に縦置きで「時事日記」2冊、「ハンドブック」0冊の販売状況でした。
アマゾン予約購入のものは実家に、自分用にはKindle版購入済みです。これからは、友人へのプレゼント用ですね笑

.....書店グループにはほとんど色がついているので信じられない情報ばかりである。大きく流れが変わっているんだな。

ぼくちゃん
余命三年時事日記及び余命三年時事日記ハンドブックは購入済です。さらに地元の図書館に配本いただくようリクエストしております。なお、余命三年時事日記は配本されておりまして貸し出し中が続いております。皆様も自身の購入のほかに地元図書館に配本依頼されては如何でしょうか

ノクターン
余命様
初めてコメントいたします。
先週金曜日に神保町三省堂本店にて、予約していたハンドブックを購入しました。当初は、新宿紀伊国屋と考えましたが、思い直して三省堂本店に。サービスカウンターの女性に本のタイトルを聞かれ、「余命、、」と言った所で直ぐに棚から出してくれました。
店内はかなり混み合っていたため、陳列棚は確認せずに近くのカフェへ直行し拝読しました。
まだ我が子は幼いですが、いつか手渡すつもりです。ちなみに、保育園は確かになかなか入れませんが、日本死ね!とは思いません。都知事○ね!とは、思います。

通りすがりの774
与党議員の皆さんに、これ見よがしに国会で一斉に読んで欲しいんだよねぇ。
野党が質問してる時、与党が野次らずハンドブックを熟読…

.....凄いアイディアだね。自民の質問者のボードの横にもTVにうつるように設定したらいいね。まあ、そうすればNHKは天井か床をうつすだろうが(笑い)

黒子
書店の販売状況:ジュンク堂書店(大阪、堂島アバンザ)
先日、上記書店に訪れる機会がありましたが、2階「話題の本」コーナー(笑)にてハンドブックと前著が並んで置かれておりました。ハンドブックが2列で十数冊、前著が1列で数冊置かれていました。通路側の目に付きやすい所にありました。ビジネス書週間ランキング(うろ覚えです)のコーナーにも11位として置かれていました。
梅田近辺にお住まいで、置き忘れるといけないから紙媒体を探しておられる方は堂島アバンザに行かれてはいかがでしょうか。ハンドブック2冊購入しましたが、まだまだありそうでした。
あってもわかりにくいところにあるんだろうなぁなどと思っておりましたので、「話題の本」コーナーに置かれているのを見たときは、思わず吹き出しそうでした(笑)。
(黒子)

とをりすがり
黒子 への返信
ジュンク堂はフランチャイズが多いので、売れる本を扱わないとフランチャイズが黙ってはいないのですよ。

.....イデオロギーじゃ飯は食えないからな。

尖閣諸島は沖縄、竹島は島根。
書店の様子です。
国分寺駅ビルの紀伊国屋ではハンドブックと最初の余命本が政治関連コーナーに並んで平積みでした。見ていると若い人が寄ってきたので、手にとって広げて読んだ後、買いました。最初の余命本の時は取り扱いが無かったので、だいぶ変わりましたね。ついでにカエルの楽園も買いました。
三鷹駅北口のツタヤはやはり取り扱いなし。アウトですね。
まあ、アマゾンで一位なのにツタヤで何故か買えない余命三年時事日記と宣伝できるので良いでしょう(笑)

.....不買運動にびくともしないね。完全な反日企業なんだな。

sasa
ご報告です。3月25日(金)。長野県のマルゼン松本店、時事本の新刊書コーナーに時事日記並びにガイドブックがそれぞれ数冊、立てられて目立つように並べられていました。結構売れているようです。

美春
はじめまして。美春ともうします。大したことは書けませんのでご報告まで。地元茨城の三洋堂にてハンドブックを購入いたしました。前作もハンドブックもあと三冊ずつぐらいありました。はすみさんのそうだ難民しようもありました。以上ご報告でした。

イチヒロ
皆様の店頭での販売状況のコメントを見て、現在の状況について情報を共有できることがとても頼もしくうれしく思い、わたしも報告をさせていただきます。
余命本第一弾は、昨年12月にコメント欄のzaiko様の情報を頼りに、三省堂池袋本店(池袋西武別館の書籍館)にて2冊購入しました。
ハンドブックも、一昨日、三省堂池袋本店の3F人文コーナーにて2冊購入いたしました。レジ前に余命本とハンドブックが20冊以上づつ平積みされていました。ハンドブックには手書きの味のあるポップも付けられていて迷わずに見つけることができました。
契約満了月まで我慢しようかとも考えていましたが、一昨日、yahooBBも解約手続きをしました。解約違約金は癪に障りましたが、気持ちがひとつ晴れやかになりました。
余命本第三弾も、また地元の三省堂池袋本店にて購入しようと思います。

たけ
皆さまこんにちは。
なりすまし、本当にあったのですねぇ。
私もアドレスを2つ使っているので、以前コメントしたときとは違うものかもしれませんがどっちも私なのでいいや、と(笑)
ハンドブック発売、おめでとうございます。
やっと書店に行けたので購入してきました。
「くまざわ書店」では「時事日記」と「ハンドブック」平置きでした。
表紙のカラー対比もあり、大変わかりやすかったです。

柏市民
千葉県柏市にて
『余命三年時事日記ハンドブック』
東武鉄道柏駅改札内の東武books Red Wall、新刊コーナーに前回の時事日記共々、5,6冊程積んで有ります。
また、目立つように針金POPで一冊掲げてレイアウトされていました。
東武野田線沿線の方々、柏近辺にお住まいの方々、是非覗いて見て下さいませ。

midaway
「パチンコなどの事業資金も高利貸の資金も手に入れ、これに背乗りや、爆撃で住人が疎開・死去していた土地を占拠して駅前一等地を取得できたんですよ。」は本当です。
当時のことを知っている人達には常識になっていました。一家全滅し、そのうえ土地台帳などが爆撃で焼かれていれば、所有権を証明するものはなく居座られたわけです。
勿論、警察力が弱くて強制退去などやりようがありませんでした。満員列車に乗れば、座席を占拠し、注意すれば暴力を振るうなどやりたい放題だったのです。今、彼らは「差別、差別」と喚いていますが、喚くなら不法に取得した土地を返してからにして欲しいものです。

茶子
日本人様
返信ありがとうございます。
同じ思いを抱いてくださる方がいらっしゃるという事実を知れて、 感涙に耐えません。
(決して花粉症による涙ではございません!)

「戦後朝鮮人が駅前などの一等地や便利な地域を大量に不法占拠した」
私はこれを学生時代、なぜか英語科の教師から教わりました。
焼け野原になっていた、あるいは家族全員が亡くなられ持ち主不在となっていた広大な土地を、どこから持ってきたのかロープなどでぐるりと囲み、自分がこの土地の所有者だと主張する連中がアチコチにいたのだと。
そして、本来の持ち主が戻ってきて、自分の土地だと主張しても、暴力で追い出し、非道の限りを尽くしたと聞きました。
また、さらっとではありましたが、空襲などで一家全てが亡くなられたような家に入り込んで、そのまま戸籍を盗み取った連中もいたと話されました。
そんな経緯があったので、ネットで朝鮮人が一等地を不法占拠とか、背乗りの話題が出たとき、あの先生がお話ししてくださった事だ!とすぐに受け入れることができました。
このような先生が日本中で増えてくれたらと心から思います。

闇市での商売→朝鮮人が暴利を得る
多くの方は配給品を横流し&横取りして暴利を得たと思っておられると思います。
それも事実ですが、他にも、
都市部に住む日本人は、配給だけでは足りず、田舎にお米や作物を分けてもらいに行く人(女子供、お年寄り)が大勢いたそうです。
もちろん、ただで分けてもらう事はできなかったので、なけなしの衣服など、交換してもらえそうな物を持っていきました。
それでようやく家族をしばらくは養えるであろうかつかつの食料を大事に抱えて帰路に着きます。(田舎とはいえそんなに物資があったわけではない)
しかし、戻ってくると駅で待ち構えていたのは、不逞朝鮮人の集団(男の集団)でした。
朝鮮人は田舎から物資を抱えて戻ってきた女子供、お年寄りを脅し、時には暴力でもってそれら物資を強奪。それを闇市で売りさばいて暴利を貪ったのです。
と聞きました。
ただでさえも物の無い時代です。
その中で必死にかき集めた食料を奪われ、その結果餓死した日本人は一体どのくらいいるのでしょうね?
家族のために奪われてなるものかと必死に抵抗した結果、殴り殺された日本人の女子供、お年寄りは一体何人なのでしょうか?
きっと正確な人数は未来永劫判明しないでしょう。
今の在日朝鮮人の膨大な資産は、こうした日本人の言われ無き犠牲の上に成り立っているのです。
私は上記機関にしつこく抗議メールさせて頂きますよ!
そうですね!
歴史を正確に伝える資料や学術書などは廃棄しないように、関係各所に要望するなどしてもいいのですよね!!
私にも出来る事を少しずつやっていこうと思います。

おふう
余命ハンドブックの衝撃は凄まじいですね。
お忙しい中、よくここまでまとめたなぁと尊敬しかないです!
ネットを見ない人にはもってこいですね。
川口市の芝園団地(通称ミニチャイナタウン)にBEBOOKSという本屋があるのですが、そこに余命本が平積みされてましたよ。
しかも、窓ガラスごしの目立つところにも!
中韓人の多い地域ですが負けてませんでした。嬉。
さて、先日伊勢神宮行き日々の感謝をお参りしてきました。
その道中地元の方とお話しする機会がありました。
その方の親族に警察官(名古屋)・消防士・自衛隊(浜松)がいるそうで、北朝鮮ミサイルとサミット関係もあり休暇はまずとれない状態、外出も30分圏内で戻ってこないといけないとのこと。当然祖父の葬儀も欠席。孫が3人も来られないので葬儀でざわざわしたとのこと。
冠婚葬祭にも出られず、外出もろくにせず日本を守ってくれている。
私もささやかながらがんばろうと身が引き締まる思いがしました。
さぁ広めるぞ~

niki
余命様、余命プロジェクトチームのみなさま、ご活動お疲れ様です。ちょくちょくこのブログを拝見させていただいております。5年前から特定アジア3国やザイニチのことについて知るようになりましたが、昨日うつのみや書店という北陸地方で展開している書店で余命日記ハンドブックを購入しました。読んでみて在日に対する怒りが込みあがるしかありません。
本来の日本を取り戻すために、官邸メールや余命日記内容拡散をできる限りやっていきたいと思います。

ふぃくさー
ひょんなことで大阪出身だという人と戸籍の話になりました。恐らく30年以上前の話だとは思いますが、西成地区ではハローワークの前でヤクザが人を募集していたそうです。 募集内容は何と戸籍! 1戸籍10万円って言ってました。10万円で人生売りたくはないものですが(仮に30年前だとしても学卒初任給に届かない金額)、おそらく売る人もいたのでしょうね。こうして日本人戸籍を取得した連中も結構いそうです。自分の耳で直接聞くとおぞましさが倍増することを改めて感じた次第です。
そういえば、私も若いころ偽装結婚で声をかけられたことを思い出しました。25年ほど前でしょうか、お相手はフィリピーナで謝礼金は50万円でした。50万円で戸籍を汚したくはないと断りましたが、今にして思えば彼もまた朝鮮系だったのかもしれませんね。

なはみん@那覇市
余命翁さま、初めて投稿させて頂きます。
沖縄県那覇市在住の者です。
平成3月27日、沖縄県豊見城市の戸田書店で、余命3年時事日記と、ハンドブックを各1冊購入致しました。
当時、ハンドブックが平置きで6冊、時事日記が棚で2冊の在庫がありました。
沖縄県は、我が国にとって、国防最前線の県であり、私個人としては、海洋県の我が県に、是非とも海上自衛隊の護衛艦や潜水艦などの母港があるべきではないかと思っております。
それはさておき、私はこの余命ブログの存在を知ったのは約半年前くらいでしょうか?私はもともと、サヨク嫌いでありましたので、沖縄に蔓延る反日サヨク勢力や、アジビラ同然の沖縄2紙(新報、タイムス)には辟易としておりました。
まだまだ、県内にはこのような反日勢力によって洗脳されている者が多いのも事実ですが、GHQ史観や反日サヨク思想から目覚めているものも少なからず増えてきているような感じです。これは私が県内で生活している上で、肌で感じております。
余命ブログとの出会いは、ここの常連の方々と比べれば新参者のような私ですが、とても勇気づけられるサイトです。
余命翁ならびにプロジェクトチームの皆様、どうか、これからもご自愛頂きながら、ご活躍をお祈りしております。