シェアする

552 朝鮮事案⑦

朝鮮戦争再開についての質問投稿が相次いでいる。現在、米国では議会でも在韓米軍撤退が決議され、次期大統領候補であるトランプ氏は韓国だけでなく在日米軍の撤退と日本の核武装容認発言まで公言している。ここに至るまでの経緯を2年ほど前の余命の過去ログから振り返ってみたい。現状がよく理解できるだろう。

(中略)すでに2010年から軍事GPSもつかえず最新装備の提供も更新もストップ状態です。パクリと中国への漏洩を危惧してソフトの更新もありません。すでに韓国はいずれは中国側につくということを前提の対応をしているのです。有事における敵味方識別コードや兵器のリンクソースコードも放置しています。戦争となればイージスシステムなど機能しません。艦艇はただの鉄の箱ですね。日米はすでに全て新システムに更新移行しています。これは実際に有事になって初めてわかることですね。
今、米軍が気をつけていることは、完全撤退は規定の方針として、それが北朝鮮への韓国侵攻容認メッセージにならないようにすることです。
現在、竜山基地を2016年までにすべてソウル南方の平沢に移転する「竜山基地移転計画」と漢江北側の京畿道東豆川市に駐屯する米軍2師団をソウル南方約100㎞にある平沢に移転させる「連合土地管理計画」が進められています。平沢のすぐそばには米空軍基地があり、平沢そのものが軍港です。
陸海空米軍を平沢に集中すれば一大基地となります。しかし平沢は距離的に北朝鮮のソウル侵攻第一撃である長距離重砲の射程外です。有事の時の避難、撤退の時間稼ぎと海空の撤退路を確保したとも考えられますね。
韓国と北朝鮮を刺激しない自然で静かな撤退には時間がかかるのです。昨年12月難航が予想された特定秘密保護法案があっという間に成立してしまいました。この時、オバマから「予定より1年も早い。早すぎる」と調整を求められたのは多分にこの件の絡みだと思われます。
表向き駐留米軍は現状、約3万人といわれていますが、アフガン、イラク等にかなり引き抜かれており、そのほとんどが補充されておりません。すでに1万人程度になっている可能性がありますね。
さすがに韓国も米軍撤退が見え見えになってきてあせりまくっています。なりふりかまわず、米韓合同師団なんてものをつくって米軍の名前を残そうなんてことまでやっていますが、今後、紆余曲折はあるでしょうが撤退の流れは変えられないでしょう。引用おわり。

ドサンピン@量産壱号
爺様皆様、ドサンピンであります。
天下の三菱、韓国売春婦婆の道理なき謝罪と賠償を求める訴状の受け取りを拒否!
三菱重工業の毅然とした対応に、俺はもろ手を挙げて拍手喝采するぜ!!!
三菱重工業、元勤労挺身隊の2次訴訟訴状を3回受け取り拒否
2016/03/30 09:04 朝鮮日報
三菱重工業が、日本による植民地時代に勤労挺身(ていしん)隊として強制動員された韓国人女性たちが起こした第2次訴訟の訴状の受け取りを、3回にわたって拒否した。
「勤労挺身隊のハルモニ(おばあさん)と共に歩む市民の会(以下、市民の会)」は29日「強制労働の被害に遭ったおばあさん4人が、三菱重工業を相手取って起こした第2次訴訟の訴状を、三菱がまた拒否し送り返した」と発表した。
植民地時代に三菱重工業に強制動員されたキム・ジェリムさん(84)、シム・ソンエさん(84)、ヤン・ヨンスさん(85)と、故オ・ギルエさんの遺族オ・チョルソクさん(78)は、2014年2月27日、三菱重工業を相手取り、損害賠償を求める訴訟を光州地裁に起こした。
キムさんなど当事者は1億5000万ウォン(現在のレートで約1460万円、以下同じ)、
遺族のオさんは2億ウォン(約1940万円)の損害賠償を求めたという。
だが三菱重工業は、14年12月5日と昨年5月15日の2回にわたり、訴状の受け取りを拒否していた。
これにより、元勤労挺身隊の女性たちが三菱重工業を相手取った2次訴訟は、2年以上にわたり口頭弁論すら開けない状態となっている。
市民の会は今月31日午後2時、光州市庁前にある「平和の少女像」の前で記者会見を行い、三菱重工業を非難することにしている。
そしてもう一つ。
遠慮のない不当な安値で日本国内の化学産業を脅かす中韓の水酸化カリウムに日本の遺憾砲炸裂、経済制裁!
連中の不逞な横暴に、特大の天誅一発!!
韓国・中国産水酸化カリウムに日本が反ダンピング関税
2016/03/30 08:10 朝鮮日報
日本政府は28日、中国・韓国産でアルカリ電池などに使われる水酸化カリウムに反ダンピング(不当廉売)関税を4カ月にわたり暫定的に課すことを決めた。中国の新華網が日本メディアを引用して伝えた。
財務省は「産業に与える実質的な損害などの事実を推定するに至った」と理由を説明した。
反ダンピング関税の税率は韓国産が49.5%、中国産が73.3%となる。適用開始期日は明らかにされていない。
今回の措置は4カ月の一時的措置とされたが、日本政府は状況によって、最長で5年間の適用も視野に入れている。
日本政府は昨年5月から韓国・中国産の水酸化カリウムについて、反ダンピング関税適用の是非を判断するため、調査を行ってきた。
業界団体のカリ電解工業会は、ダンピング率を韓国産が56.88%、中国産が81.15%と算出し、日本政府に反ダンピング関税の適用を求めていた。日本市場では韓国産の水酸化カリウムのシェアが90%を超えるとされる。

板橋区日本人
余命爺様・スタッフ様方・読者様方
『朝鮮学校への自治体の補助金をめぐり、文部科学省が再考を促す通知を都道府県に出したことを受け、全国朝鮮高級学校校長会などは30日、記者会見を開いて通知の撤回を求めた。
校長会長で東京朝鮮中高級学校の慎吉雄校長は「拉致や核、ミサイルなどの外交・安保問題と朝鮮学校は関係ない」としたうえで、「子どもたちの等しく学ぶ権利を侵害することは許されない」と批判した。同校高級部2年の女子生徒(17)も「自分たちの文化や言葉、歴史を学び、友達と笑い合う。当たり前の学校生活を否定されたような気持ちです」と訴えた。
朝日新聞社3月30日 20時06分』
なぜ祖国に言わないのでしょうか?
例えるなら『人のうちに居候しているのに、その家の人に教育費も払えと喚いている』でしょうか?
しかも、勝手に入って(住居不法侵入)居座っているのに『家長がこの父親なのはおかしい!私にも選ばせろ!』と言ってる。
ほんと図々しいにも程がある!!(激怒)

真太郎
余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
余命様、貴重な情報ありがとうございます。南鮮原発の集中と設備利用率の高さは異常です。これでは、原発が攻撃されて運良く放射能汚染を免れたとしても供給停止された送電分の代わりは確保できないはずです。つまり、南鮮は、どこか一箇所の原発に攻撃を受けた途端に国中の電圧が下がり周波数が落ち次々に発電機等が停止し大規模停電となってしまい国の機能が停止してしまいます。南鮮は全く国防意識がないのでしょう。
南鮮は、遅かれ早かれ破滅確定です。

世界の始まり
余命様、連日連夜の更新お疲れ様です。
先日は投稿コメントの掲載並びにご回答いただきありがとうございます。
その際に、恥ずかしながらハンドブックと記するところをガイドブックと書いてしまってました、誠に申し訳ありませんm(__)m
さて、前々から疑問に感じておりましたことですが、米中開戦の際には在日中国人は強制送還対象となるのですよね!?
また、日韓戦争の時には、老若男女韓国朝鮮在日は便衣兵ゲリラとみなされ、殲滅対象となると以前のブログに書かれてあったと思いますが、健康な在日?ばかりではなく、例えば施設に入所の高齢者、寝たきりで動けない病院の入院患者や障がい者等様々なケースがあると思われますが、そういった場合でも容赦なくその場で殲滅されるということでしょうか?
まあ、敵国に居ついているのが悪い訳なので、平等に分け隔て無くってことですよね(笑)

伊達
余命さま、プロジェクトの皆様
連続の投稿になんとかおいついていこうとしております。
さて、某外国人の人達用『不明なホールが備えられた老人施設』について他ブログ記事(Machi・・・・・さん、攻撃対策でこんな表記ですが意味がないかもしれません)で読み、一体どういった団体が、同胞を支援しているのか疑問が湧き・・・そうしたらなんと民団HPにはっきり明記されていました。
(このコメントがアップされたら消えてしまうかもしれませんね)
外国人の入居を支援 「アパマンショップ」まず、神奈川から
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=8607
【神奈川】賃貸斡旋店舗「アパマンショップ」で知られる業界大手の株式会社アパマンショップリーシング(東京都中央区、大村浩次社長)は、国籍のちがいなど様々な理由で部屋探しが困難になりがちな在日外国人に対する民間賃貸住宅の入居支援に乗りだした。
アパマンショップリーシングの関係者3人が7月26日、仲介役の民団神奈川県本部を訪れ、外国人の賃貸住宅入居を側面から支援している「NPOかながわすまいサポートセンター(略称、すまセン)」への加盟を済ませた。
まず神奈川の6店舗を手始めに順次、北海道、埼玉、東京、千葉、静岡、愛知、福岡県内の直営88店舗で在日外国人への賃貸住宅入居をサポートしていきたい考えだ。アパマンショップリーシング首都圏事業本部店舗サポート部の大山芳弘部長は「住宅確保に困っている外国人にも安心して住んでもらいたいから」と話している。
「すまセン」は神奈川県外国人県民会議からの提言を受けて、県と県内の不動産業界、民団などの民族団体、NGOが協力して発足させたボランティア団体。保証人がいない、日本語が不十分などの理由で住宅探しが困難な在日外国人のために賃貸住宅入居をサポートしている。(2007.8.29 民団新聞) 転載終了
こうやってつながっているんですね!   伊達

けいちん
お世話になります。今年度もよろしくお願いします。
3. 2014年6月より、在外国民は、「海外旅行者」です。
韓国・朝鮮籍の在外国民「帰化・2重国籍・特別永住・一般永住」の皆様、全てです。 (民団新聞・韓国大使館より、各種お知らせより)
、、、、、日本に帰化した朝鮮人の処理に疑問があったのですが、これを読んで安心しました。
普通、「特別永住、一般永住、二重国籍、帰化」と書くと思うんですが、いきなり「帰化」から始まりますからね。笑)
韓国政府の意気込みもそうですが、在日よりも帰化した連中をより敵視しているのが伝わってきます。
マイナンバーと入管通報がセットになって捕捉ですか。日韓協調、、、日本人には関係ないですが、怖すぎます。「知らないのは幸せなのだ。」全くです。
自民・公明両党は、「ヘイトスピーチ」と呼ばれる民族差別的な言動を繰り返す街宣活動の解消に向けて、国に相談体制の整備や啓発活動に取り組むよう求めるなどとした、与党としての法案の原案をまとめました。
自民・公明両党は、いわゆる「ヘイトスピーチ」を解消するための法整備に向け、作業チームを設けて検討を進めていて、31日に開いた会合で与党としての法案の原案をまとめました。
それによりますと、ヘイトスピーチを「公然と、生命や身体、自由や財産などに危害を加えることを告知するなど、日本以外の国や地域の出身者を地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義しています。
そのうえで、国にはヘイトスピーチの解消に向けた施策を実施する責務があるとして、相談体制の整備や教育、 それに啓発活動に取り組むよう求めているほか、地方自治体に対しても、地域の実情に応じた施策を講じるよう努めることを求めています。
ヘイトスピーチを巡っては、民進党などが去年の通常国会に規制するための法案を提出していて、自民・公明両党は、与党内の意見集約を図ったうえで、野党側と協議したい考えです。 (NHK)
、、、、、NHKが喜々としてニュースにしていました。日本国旗を掲げたデモの映像を意図的に挟んで。
衆参同時選挙までのいい時間稼ぎとして見ていればいいと思います。伊勢志摩サミットもありますし、対外的な意味でも格好つけられます。余命大人も仰ってるように、ちょっと早く進みすぎている感があるので、ガス抜きにはちょうどいいです。一旦有事になれば、「ヘイトスピーチだめ!」とか一瞬で吹き飛びます。

.....物事には順序がある。戦後70年在日や反日勢力が営々と築き上げてきたものをすべて剥奪奪回しようとしているのだから敵さんも必死である。7月9日からまだ半年しか経っていないのである。まず7月選挙で反日勢力を叩きつぶす。次に公明党を切り捨てるという段取りははっきりと見えているので、公明党も外国人参政権やヘイトスピーチ法には今のうちにという意味でこだわるのだ。
ただ従前と違うのは、ネットのおかげで、誰がどのように動いているかが丸見えなので、こっそりが効かない。そして情報がすぐに拡散される。
在日や反日勢力の戦略はまずイメージでということだが、そんなものはすでに通じなくなっている。嫌韓のムードは憎悪韓にエスカレートしているのだ。彼らが絶対的に前提としているのは日本人の反撃はないとしていることで、もうそんなものはもはや単なる願望に過ぎない。
巷間、ネットでは在日の暴発を危惧する記事が多いが、余命が心配しているのは日本人の暴発である。もう周囲は乾ききっているから、ちょっとして火種で燃え広がる。これは誰にもコントロールできない。有事以前に突発的に発生する衝突は防げない。
すでに余命包囲網のネットの封鎖は破壊されて自由に書店に書籍が供給できるようになりつつある。また電子書籍版も浸透してきた。彼らに都合の悪い情報の隠蔽や押さえ込みが不可能となっている。
加えて行動する保守として先般の桝添リコールin新宿での桜井氏も強烈だった。
余命の関係では桜井誠氏「大嫌韓時代」から始まり、井上太郎氏「日本のために」「井上太郎最前線日記」山村明義「劣化左翼共産党」小坪しんや「行橋市議会議員小坪しんや」が4月2日に、またJAPANISMが4月10日、千葉麗子「さよならパヨク」が4月16日と息つく暇もない。そして5月10日には余命第二弾が予定されている。
余命だけを考えても、現状の出稿状況は、投稿記事を主体としているが、整理が進めば、官邸メール、不買指定、そして選挙対策と予定している。3月の出稿数は72本であった。
4、5、6月で200本以上は出稿できる。ページ数にして1000ページ以上。書籍にすると約5冊分であろうか。これがすべて在日反日勢力に襲いかかることになる。
民進党(民主+維新)と共産党は大変だなあ。自民党のスキャンダルなんか追ってるとまた安倍総理に騙されるぞ!

渡辺
余命爺さま
初めてメールします
私は覚醒してまだ1年にもならないものです。
現実が見えてからは驚きと失望の繰り返しですが、最近はこちらのブログを見ることで心の平穏を保っています。
さきほど、自公で国会提出するヘイトスピーチの草案内容が「公然と、生命や身体、自由や財産などに危害を加えることを告知するなど、日本以外の国や地域の出身者を地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義しています。
とのことですが、日本以外のって、それも自民党から提出って。
どなたかが、スウェーデンの動画を紹介していらっしゃいましたが、まさにあのまま、日本も外国人に物言えない、外国人のやりたい放題の国になるのでは、と思っています。
今でさえ、国民でもなさそうな人たちが言いたい放題デモで大闊歩してます。
愛国者のデモにはカウンターと呼ばれる暴力的基地外的な様子で邪魔をします。
この草案ではあれはよくて、日本人のいう「在日は国へ帰れ」はヘイトスピーチになるのでしょう。
なぜにこれを法整備してまで国が成立させなければならないのでしょうか(泣)
つまらないメールをしてすみません。
これを取り上げてもらわなくても結構なのですが、余命爺さまからなんとなくでもいいので何か希望を見出す言葉がいただけないかとメールさせてもらいました。
やりきれないです。