シェアする

1915 2017/9/24女性軍団アラカルト②

こたママ
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
小坪慎也氏のブログの櫻盛居士氏のコメントから万が一のミサイル炸裂時に有益な情報がありましたのでお知らせいたします。
要約すると下記になります。
・口を開けて耳や目を塞ぐ
・地面や床に伏せる時、腹部を直接地面や床には着けない
・爆風をやり過ごしたからと言って直ぐに立ち上がると危険
・核攻撃を受けた場合は密閉空間で2周間を過ごす
「更に迎撃時に弾頭の炸裂が起きた場合は放出されるエネルギーにもよりますが、衝撃波が猛スピードで襲って来る可能性があります。
着弾した場合には、確実に高出力の衝撃波に襲われます。
衝撃波によって破壊されたガラス片、コンクリート片、金属片が飛来する可能性もありますし、気圧の急激な変化により鼓膜が破れる等の被害も予想されます。
因みに、軍事訓練経験者なら常識ですが手榴弾を投擲する場合ですら、鼓膜保護の為に炸裂時は口を開けて気圧の急激な変化に備えます。
ミサイルの炸裂時なら尚の事、口を開けて耳や目を塞ぐなどして感覚器官の保護が必須です。
また、衝撃波は空気中だけでは無く、地面や建造物を伝わって身体に影響を及ぼします。
多くの方は対衝撃体制として地面や床に伏せる事は御存知でしょうが、高出力の衝撃波に備える場合には、衝撃波が腹腔内に伝わって内臓を破壊されない為に、腹部を直接地面や床には着けない様に配慮する必要があります。
炸裂時の燃焼温度によっては、炸裂と共に空気の急激な膨張と炸裂によって発生する押し出す力によって、爆心から周辺に向かって衝撃波と爆風が広がりますが、爆心の温度が高温であればある程熱せられた空気が急激に上空に押し上げられる為、対流による吹返しが発生しますので、爆風をやり過ごしたからと言って直ぐに立ち上がると危険な場合があります。
特に核爆発の場合は広範囲に衝撃波の前に熱線が襲って来ますので、ほぼ運次第でダメージを受けるか受けないかが決まると言って良いでしょう。
因みに核爆発の被害として印象深いのは放射線によるものでしょうが、実は被害の約5%程で、主な破壊力は閃光(熱線)と衝撃波にあります。
それでも核兵器から放出される放射線や放射性物質は脅威ではありますが、爆発から2周間程で約1,000分の1に線量が減衰すると想定されており、これが重度の放射線障害による生死の境になると言われています。
つまり、核攻撃を受けた場合は密閉空間で2周間を過ごす必要がある計算になります。」
【図解】北朝鮮のミサイルは、確実には迎撃できない。着弾する可能性がある。【腹を括ったらシェア】
ttps://samurai20.jp/2017/08/pac3/   (こたママ)

四季の移ろい
昨年アマゾンで、余命さんの外患誘致罪本のレビューをした内容を急に思い出し、その時に思った事を少しだけ付け加えました。生存権の為に云々の箇所です。もう納得です。

余命さん、スタッフのみなさん、こんにちは。
『1906 菅野完君へ』記事、及びそののちお二つの多摩丘陵地帯さんご投稿を読ませて頂き、余すところのない且つストレートな一刀両断振りにとても頼もしく思いました!
そしてさざれ石さん、自分の名前を使って下さり、ありがとうございました!とても嬉しかったですし、とても心強く成りました!
しかしいつも思います。自分とは違う視点、自分には無い視点、様々な視点からの皆さんのご投稿を読ませて頂くたび、為に勉強になりますし、新たな思考が視野が開けますし、脳が心が活性化します。いつもいつも感謝です。
そして何度もすみません。
今回の懲戒請求に関してもう少しだけ良いでしょうか。

これは一般刑事事件における懲戒請求事由とは違います。
日本国民全員の生命を財産を脅かし、その生存権へ脅威を与える北朝鮮及びその傘下である朝鮮総連、そしてその影響下にある朝鮮学校へ、今もなお生命を財産を生存権を脅かされている日本国民の税金を使って下さいと要求する声明を出すとは一体どう云う事ですか、なのです。
朝鮮学校のお子さん達の保護者及び保護する立場であり、お子さん達の教育の権利を保障する立場でもある大人達がその解決の努力も責任も解決そのものも果たさないまま、日本国民の生命財産を生存権を無視し人権を蔑ろにし踏みにじり、しかもその事には一切触れないままな上で、朝鮮学校のお子さん達の人権を持ち出し理由にし、しかもお子さん達の国籍も示さないまま、日本国籍を有する日本国民の為の日本国憲法を持ちだし、日本国民の人権を踏みにじったまま、国際人権条約を持ち出して補助金支給要求声明を出すと言う行為は果たして正しいのかどうか、問うているのです。

この様な声明をお出しになる弁護士会さんの自治はどうなっているのか、機能しているのか、単位弁護士会さん及び地方弁護士連合会さん及び日本弁護士連合会さんに登録なさり会員となり、その同じ会則のもとに従い、行動なさり、且つ同じ会則に守られている全ての弁護士さんはこの懲戒請求による声明に対する問題提起をどうお考えなのか、賛同なさるのか反対し、撤回を必要とお考えになるのか。声明が発出されてから今もなお撤回される事なく生き続け、その内容は現在も継続中だし進行中。高校無償化の方だって裁判の判決が出、大阪では国が控訴。

弁護士会組織の中には、日本国籍を持つ弁護士さんもおられるでしょう?その弁護士さんにだって大切なご家族はいるでしょう?
自分は日本国民全員の、そして自分と自分の大切な家族の生存権を守る為に、その生存権を守るべき国に対しどうかお願いしますと考え、且つ武力を持たない一般国民の法による平和的な戦い方、訴え方だと考え外患罪告発に参加しましたし、その考えを意思を以て、今回の懲戒請求にも参加したのです。
そしてこれは今回も書こうか迷いましたが…それでもやはり常にいつだって忘れないし、いつだって思わざるにはいられませんし、何よりそもそも自分はこれが一番許せなかったから、今回の懲戒請求に参加したのです。懲戒請求に参加した理由の実に大きな一つなのです。
いいですか。
弁護士会さんの声明は、北朝鮮の拉致被害にあわれた被害者の方々のご家族の血税も、朝鮮学校に使って欲しいの声明を出している、と云う事なのです。

そしてまさかとは思いますが、朝鮮学校補助金支給要求声明をお出しになった単位弁護士会さん及び地方弁護士連合会さん及び日本弁護士連合会さんは、朝鮮学校が朝鮮総連の影響下にある事をご存知ないまま声明をお出しになられた、なんて事は無いですよね。
民間人扱いとはいえ、法に司法に携わる弁護士な皆さんです、事実関係はお調べになった上での声明発出ですよね。そう捉えて良いですよね。

今回の懲戒請求を個人で問題化なさり脅迫の文言を使用なさる弁護士さんのおかげで、改めて今回の懲戒請求の大切さがよく判りましたし、今こそはっきりと明確に考えます。やはりこれは日本国民にとって必要な懲戒請求だったと。
(尤もこれは昨年の川崎デモでの、或る神奈川県警さんが仰った「日本国民の総意」の奢った発言、驕り高ぶった発言とは全く違います。
あくまで自分の考えです。勘違いされるからそれは書いておかないと。)
懲戒請求「事由」そのものに向き合う事もなさらないまま、
「一会員の私が会長声明に賛同するとかしないとか、そもそもないし(笑)。」
とあいまいな事を仰る弁護士さんのおかげで良く判りました。

たとえ今後、何人もの弁護士さんが今回の懲戒請求を個人で問題化なさり、事の発端で大元である弁護士さんと同じ様に脅迫の文言や威圧威嚇を圧力を以てツイッターにて論じようとも(しかしツイッターてのは実に便利なツールですね〜)、お聞きしたい事はただ一つ(&それに関しての疑問質問位かな)、今回の懲戒請求「事由」である朝鮮学校補助金支給要求声明に賛同なさるのか反対なのか、個人で問題化なさる以上は弁護士会組織の一員ながらもご本人独自のお考えとして、弁護士会組織の声としてでは無く、弁護士会組織の一員且つ弁護士さん個人のお考えとしてのご回答を(プラスもしあればその証拠も)お出し頂ければと思います。前回の投稿でも書きましたが、まずはそこからですね。
そして今回の懲戒請求における根拠はそして大義は全てこちら側にあるのです。少なくとも自分はそう考えています。上の文章がその自分の考えです。

以上はあくまで末端一般日本国民の、知識もなんも無い無知無学な自分的一人の人間による考えから書きました。無知無学故に幼稚で稚拙な内容なのは自分で承知しています。それでも書かずにはいられなかった。
物事の、人間の本質を見つめて欲しい、何が一番大切なのかを考えて欲しい、と。
余命さん、スタッフのみなさん、懲戒請求含めた第六次告発状、改めてお待ちしております。
あ、それから以前にお伝えしましたが、第六次告発(特に懲戒請求書?)の日付け記入に際してもしこちらで出来る事がありましたら、またはその為のご提案がありましたらどうか宜しくお願い申し上げます。
いつもありがとうございます。(四季の移ろい)
美しい国日本(HN)
このコメント欄でも良いのか分かりませんが、初めてご寄付をさせていただいた者です。
8月25日に高知東郵便局より一万円入金致しました。
その際に1100大和会振込専用ファイルと1093寄付金メッセージ46
両方に必要事項をコメント致しましたがどちらも承認待ちで一ヶ月近く経ちました。このままで良いのか、認識されてないのかよく分からなくて再度コメントさせていただきました。以下コメント内容です。お忙しく大変な時に誠に申し訳有りませんが確認の程宜しく
お願い申し上げます。季節の変わり目お身体ご自愛下さいませ。

.....かなり体調を崩しているので、万が一を考えて、現在靖国神社ご芳名奉納の準備を開始した。また、余命4代目の選定も始めている。
第六次告発で忙殺の中、大和会の協力で、事務員1人がかかりっきりで、ご芳名ファイルの整理をしており、明日完了との連絡を受けている。現在、ファイルを凍結して作業しているので認証が遅れているのはそういうわけである。現在、出先で28日に東京に帰るので、それからの作業となる。誠に申し訳ない。

あしながおばさん
みなさま、日夜日本再生のためのご尽力ありがとうございます。
ななこさんの投稿で紹介された、「たいして数多くもない私のリアル友達の中で二人も洗脳されちゃってます。読んでみてとか進め(原文ママ)られました」というツイートが非常に印象深かったので久しぶりにお便りします。
反安倍界隈の方にしてこれですか・・・としみじみ読ませていただきました。
去年、ある日バスを待っていると高齢の女性同士(他人)が何気なく会話を始め、「中国人が北海道の土地をどんどん買ってるんですよ(怒)」と言い、またあるときには整体の先生(これまた高齢の女性)が「韓国・北朝鮮・中国の工作員がいっぱい入ってきてるのよ(怒)」と言っていました。この方はラジオをよく聞いていらっしゃいました。
先々月にいとこ(アラフォー女性、未就学児2人子育て奮闘中。政治的な話はこれまでしたことがない)に余命ハンドブックを贈呈すると、パラッとめくって何に関しての本かを瞬時に察して「従軍慰安婦なんてウソだったんだよね(怒)」と言い、一昨日美容師さん(アラサー男性)に「日本が中国の支配下になるのはいやですよねー」と言うと「いやですよねー」と返す。
北朝鮮のミサイルがついに日本上空を通過した今となれば、一般日本人に「日本を、自分の命を守る」という意識がさらに高まり、テレビ・新聞からしか情報を取らない層でも、反日コメンテーターの発言に疑問を呈する人が増えていく一方でしょう。
かつて辛淑玉や福島瑞穂の後援会に年会費を払っていたわたしが、いまや余命読者として告発をしているくらいですし、時代は変わりました。その中で、反日的なメッセージを送り続けることは何を意味するのでしょうか。
ようやく反余命界隈が動き出してきたようですが、優秀な広報部隊として活躍されることを期待しております。
それでは第六次の資料が届くのを心よりお待ち申し上げております。

タマヨリ
ささきりょうは労働問題専門の弁護士のようですね。ユニオンや組合はいかに嫌がらせをして企業から金を取るかが腕の見せ所なので、街宣、怪文書配布、など1000枚という数ではないと思います。他の弁護士さんは労働弁護士が嫌がらせの指南をしたり、和解金の上乗せを労働弁護士が煽っている事などを知らないのでしょうね。ツイッターで下記のようなツイートを見つけましたので貼っておきます。昔からあったことなんですね。

青林堂 @seirindo_book さんの中小企業がユニオンに潰される日…で始まるツイートのそれだけを読んで思い出す、組合に潰された中小企業の手伝いに何度も行き、しんどかったことは忘れられない。会社を潰して、乗っ取りもあった。こんなことがまだ続いているなら、阻止する法律が必要。

主婦です
あるけむ様、通りすがりの774様
丁寧な説明をありがとうございます。ミサイルについて知りたかった主婦です。
誘導弾ではないからコースの変更は無理だけれども、わざと途中の軌道上で自由落下に任せるのは可能といったところですか・・・。
日本の位置では 中距離も長距離もミサイルの危険性には何ら変わりはないのですね。

隠れにゃんこ
初めてコメントいたします。
早速ですがブログの更新期間について…
私自身の経験としては、余命三年時事日記の更新のない日には、他の保守系のサイトなどをチェックして、世の中の動きなどを確かめるようにしています。
なので、あまり更新しない期間が長くなると「〇〇の提唱者」(誘導したくないので伏せさせていただきます)のような、分断工作サイトに手を出してしまうような人々が出てくることも?
大変なお仕事なので、毎日の更新などは無理かもしれませんが、あまり日数を開けた更新は宜しくないかもしれません。
〇〇さんの場合だと、興味本位?で相手に近づいてしまったことが、ミイラ取りがミイラになってしまったような…。
あまり加害勢力とやり取りを続けていると、〇〇さんが騙されているだけだとしても、本当に見過ごすわけにはいかなくなってしまう状況になってしまう可能性もあります。
そもそも「悪魔」なんて言葉、日本人であれば好んで使うことはありませんし…。

山桜
余命様始めスタッフの皆様、日々の更新ありがとうございます。
スファトさんの仰る在日朝鮮人の選択ですが、これ以上穢れた血の者共の帰化だけは御免です。敵国人の帰化は原則禁止にしてもらいたい。あいつらが、日本に心からの忠誠を誓う等有り得ないからです。さもないと、将来必ずや日本に仇なすと断言します。

余命のおかげ
余命様、PTスタッフの皆様、いつもありがとうございます。
久しぶりの投稿です。大した内容ではありませんが、
うちの最寄り駅にあるツタヤが潰れました(笑)
第六次告発、届くのを楽しみにしています。