シェアする

1926 2017/10/1アラカルト

いけさん
余命さん、スタッフの皆様。連日の告発作業本当にお疲れ様です。もし講演会とかされるならどんなに仕事が忙しくても無理やり有休とって見に行きたいなぁと思っていたのですが、ぼちぼち引退も視野に入れておられるようでなんかさみしい限りです。とにかく健康だけにはお気をつけください。
衆議院の解散が決まり最近のパヨクの右往左往振りが面白すぎますね。辻本清美や有田芳正は必死だなぁ。前原誠司はむしろ落選して逃亡を計画しているようにも見えてしまう。在日からいろいろ貰っておきながら(お金?女?)在日を窮地に追い込んだ落とし前はどうやってつけるのだろうか?落選したから仕方ないで済ませてもらえるんかいな。まぁ、私には関係ない話ですが。
ビジネスの都合上(グローバル企業が指定してくる)韓国企業と取引をしないといけなかったりするんですが、日本に常駐している韓国人が最近急に輪番で1週間ぐらいの夏休みを取得しだしたので(もう夏じゃないのに)、なんかあるのかもしれないですね。手榴弾の投げ方や銃の使い方を練習しに一時帰国していたりして。政府には韓国人の入国審査を厳正にしてほしいです。なので軍事関係の情報収集で久しぶりに韓国兵務庁のHPを見に行ったらこんな記事がありました。(Weblio翻訳です)

’18年度に召集する社会服務要員召集申し込み(在校生入営院, 本人選択, ソンボックム) 時期を次のように案内させていただきます.
【在校生入営院】
○ 受付日程 : ’17年 11月 7日 ~ 11月 9日(地方庁別分散受付)
○ 受付方法 : 兵務庁ホームページで先着順受付
* 兵務庁ホームページ → 兵務請願ポトル → 社会服務 → 在校生及び国外滞在者入営申し込み
○ 申し込み対象 : 受付日現在在校生・国外入営延期中の人
【本人選択】
○ 受付日程 : ’17年 12月中
○ 受付方法 : 兵務庁ホームページで受付
* 兵務請願ポトル → 社会服務 → 社会服務要員召集日付け服務機関本人選択(抽選選抜)
○ 選抜方法 : 一定期間受付後電算抽選
○ 申し込み対象 : 社会服務要員召集対象者
* 申し込み肥大上
o 現役服務の中で補充役編入者
o 忌避・行方不明者, 職権抹消者, 補充役帰宅(退嬰)さあ, まず義務賦課依頼者
o 在校生入営院出願者, ’18年度に 30歳以上者 (’88年以前生まれ者)

行方不明者をどうやって入営させるのかわかりませんが、忌避者なら住所もわかりますね。住所不定の在日さんはどうされるんかな?警察に捕まれば無事行方不明者ではなくなりますしね。

拓郎
ポポロさん、沈丁花様、おっしゃる通りです。
京都のタクシー運転手さんは愛国者が多いです。
祝日には左フロント部分(バンパーの左角)に小さい日の丸を掲げて走ってるタクシーがあちこちで(20%くらいかな?)走っています。
また、住宅地を歩くと祝日は家の玄関に国旗を掲げている家もよく見かけます。
さすが、京都御所があり天皇陛下が御座(おわ)した1000年の都です。
誇りを持っておられますね。
清々しいくらい愛国発言に躊躇がありません。
在日朝鮮人や共産左翼、部落民など反日勢力は、由緒ある土地を好んで穢していく習性がありますので、京都も同じく反日勢力が多く、戦後72年穢されてきています。
でも、京都人はそれに反発しプライドをもって生活しておられます。
MKを筆頭に京都のタクシー会社の多くは在日系だと言いますが、在日系のタクシーの運転手さんも実は愛国者が多く、関西の、特にやしきたかじんさんの番組をよく見ておられていて、その知識は余命ブログの読者の皆さんと同レベルの認識を持っておられるように思います。
京都に行き、タクシーに乗るたびに、運転手さんと「打倒反日勢力」の話に花が咲きます。(笑)

.....パチンコ、タクシー業界はほとんどが在日企業だな。そのほとんどの企業の経営陣は二世、三世となり、ほとんどが帰化しているが、その経営スタイルには問題が多く、表の社会と裏の社会の狭間の現金商売は日本人の感性では参入しにくい企業ジャンルであった。
MKについては先般、会長が亡くなったが、すさまじい在日企業であった。まあ、あったというのは正確ではない。現在もその体質は変わっていないし存続しているからだ。
二つの業界は司法の乗っ取りと共に、経済界にも政界にも弱者の知恵を持って癒着し、現在に至っている。驚くべきことに、蛮行を繰り返してきた1世の中には勲章をもらっている者までいるのである。
第一次安倍内閣はパチンコつぶしに正面攻撃で逆につぶされた。この経験を踏まえて、10年かけて準備して、今般、カジノという搦め手から利権幹部の野田聖子の処理にはいっている。ハイタク業界については帰化した朝鮮人に対して「手続き不備につき取り消し」という奥の手がある。これは日韓両国に「国籍離脱証明書」の扱いに不備があるからだ。
また、不法入国にも帰化事案にも時効がない。なぜならその行為が続いている限り、時効のカウントが始まらないからだ。
メディアが在日に乗っ取られて報道されないが、労働問題の本質は改善されていない。赤旗が揚がらないのは、バックアップすべき労働政党までもが癒着しているからである。
川崎がいい例で、在日の利権について真っ先に賛同しているのは共産党である。
ここまで癒着すると、手術での切り離しは無理だから全切除にならざるを得ない。在日利権の剥奪の際には共産党も非合法化されるだろう。もはや日本人のための政党ではない。
6月5日からの懲戒請求の流れを見ると、憲法違反朝鮮人学校補助金支給要求声明については徹底的にスルーするようだ。
一部弁護士会の対応も、まさに法匪、つまり法を使った犯罪集団になりさがっている。
今後、様々な手段で、懲戒請求だけではなく告発も含めて妨害してくるだろうが、ここまでくれば負けはない。情報はできるだけ共有して、ひた押しを忘れてはならない。
ちなみに外患誘致罪「有罪→死刑」の処理について「数千~万の刑務所収容さえ不可能であり...」という同じような文言の投稿が10以上になっている。まず日本人の投稿ではないと思うが、死刑囚は刑務所ではなく、死刑執行を待つだけであるので拘置所に収容される。
そういう事態はまず戦争であろうから、対象のみなさんは戦時国際法での便衣兵処理になる。しかし、そんな心配よりはまずとりあえず逃げた方がいいと思うがね。

安倍首相応援!
皆様の情報収集素晴らしいですね。私も十数年前は元旦那のPCを1日十時間以上操作し、情報を集めたものですが…。いかんせん、ガラケーでは(特に最近は規制が酷い)集中型になり、偏ってるなと思います。
でも余命様の次告発や安倍首相による色々な作戦が次々と履行されているので、私自身はもう頑張る必要ないなーと、気分は勝手に隠居状態です。
アメリカが親日になれば、反日群が焦りまくりでいろんな情報が溢れると解っていたし、それをそのまま教えるのは簡単だけど、誰かの情報を鵜呑みではなく、ちゃんと自分の目で確かめて欲しいと老婆心ながらに思います。
私が工作員やらスパイやらと思う人もいると思うが、私は私の信じる(日本を日本人の為に護る)ことをやる(やった)だけで、いろんな在日問題や、愛国日本人でも実は敵かなと穿ってしまう状態が戦争なんだと、危機感を持って欲しかっただけで他意はありません。 その時々の感情や日常的な行動も書かせて頂き、それをUPしていただきましてありがとうございました。出さないでくださいとお願いした事も出てしまい、あっと思うこともありましたが(公に出るには早いと思えた)、ブログ主様の決める事だから無駄でしたね、申し訳ありませんでした。
六次告発は大量みたいで、楽しみです。やっと色んなこと(自らも家族も)が落ち着くところに今はきたので、少し気持ちにもゆとりが持ててます。やることが無くなったともいいますが(笑)。
今までありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。余命様、どうかご自愛くださいませ。
明後日(10月3日)は中川昭一さんの命日です。合掌。来年の今頃は、安倍首相が中川さんに良いご報告出来るように、益々安倍首相を応援していきます。

ばたつよ
現状を見ますと小池都知事を非難する論調が多い様です。
しかしこの状況でも私は安倍首相と小池都知事が裏で繋がっているのではと、勘繰っております。
希望の党立ち上げで民進党を見事に壊滅させましたし、更には民進党の看板を無くした事によりリベラル(革新・進歩と言うべきですが!)系議員の比例復活の芽まで潰してしまいした。共産党・社民党が手を組んで選挙を戦うとの事で、反日・極左・左翼が一ヵ所に集め一網打尽の状況が作られつつある様に見受けられます。
言葉は悪いですが日本再生の目的を達成する為に、小池都知事にゴミ集め・分別の役割を果たしているのではと愚考致します。

.....シナリオ通りだね。

清麻呂
余命翁、みなさま
ご報告です
反日書店、あおい書店消滅です!
トーハンによりますと、同社傘下のあおい書店を解体し同系列のブックファースト等に引き継ぐとのことです
さすがに反日認定されては、事業本部も黙って見ているわけにはいかなかったのでしょう
追記
あおい書店中野本店、久しぶりに前を通ったら閉店の貼り紙があったのでびっくり
ひと月ちかく知りませんでした
清麻呂

.....出版不況の中での認定はきついよな。どこかのTSUTAYAもつぶれてたな。

たなやん
余命様、皆様、たなやんです。
今話題の希望の党、ぼちぼち活動を始めています。運転手のみの宣伝カーが走っていました。声の主は後藤祐一氏です。内容は、「今回の選挙は安部総理大臣か小池総理大臣かの選択をする選挙になりました。」という内容でした。政策は何も録音されていなかったな。それに若狭氏の言っていることと違っているんだが・・・・。
安部総理は、北朝鮮の弾道ミサイル警戒に当たり、母港舞鶴に戻ったイージス艦「みょうこう」を訪問し、隊員を激励しております。誰がふさわしいかは言わずとも分かるでしょうね。第六次告発もちろん参加します。よろしくお願いします。

錆猫
解散、選挙!ヤッター!
自民圧勝、反日在日大掃除!
と喜んだのですが…。
消費税10%は、する様で、目先の利益や、まだ早いと思う向きが他へ投票してしまう!
リーマンショック並みなら凍結とか、使用目的とか、出てますが、やはり消費税は足を引っ張るに違いない。
約束や合意を守るのは大事ですが、この選挙は消費税10%凍結で行けないものなのかと悔やまれます。

はちべえ
いつもありがとうございます。
ここ数日、入管通報ができません。
送信すると「システムエラー」画面になります。
IPを変えても日をまたいでも送信できず
プラウザはSafariとFirefoxを試しましたがだめでした。
私だけでしょうか?

24応援(@24oueninfo1)
テーマと言いますか、川崎市の現状という意味でひとつ。
本日未明の神奈川新聞の記事です。
差別根絶「川崎一体で」 差別条例制定へ200人集会
ttps://www.kanaloco.jp/article/281299
ttp://gensen2ch.com/archives/72490590.html
青丘社のぺ・ジュンド氏の顔写真も大きく載っています。この集会の主催はヘイトスピーチを許さない川崎市民ネットワークです。ここに名前が挙がっている元自民党参議院議員で川崎市日韓親善協会会長の斉藤文夫氏は、福田現市長に川崎市長選への出馬を要請した「川崎の発展を考える会」の顧問です。

CatmouseTail
よくもまあ飽きずにやってますね。もはや、今となっては最後の悪足掻きにも見えますがね。ちなみに神奈川新聞ネット版はコピー禁止設定になってますねw

差別根絶「川崎一体で」 禁止条例制定へ200人集会
ttps://www.kanaloco.jp/article/281299
神奈川新聞 2017/10/01
ヘイトデモやインターネット上の差別書き込みで在日コリアン市民の人権侵害が深刻化している川崎市で30日、人種差別を禁止する条例の早期制定を求める集会が開かれた。参加者で集会決議を行い、差別根絶に向け市と議会、市民が一体となった「オール川崎」での取り組みを確認した。
 川崎区桜本で差別のないまちづくりに取り組む社会福祉法人青丘社の裵(ペ)重度(ジュンド)理事長は制度的差別の撤廃を行政交渉で実現させてきた長年の運動を振り返り、「差別の解消は公平平等な日本社会をつくること。ヘイトスピーチの問題も思いを同じくする行政マンと連帯していきたい」と語った。
関東学院大非常勤講師で社会学者の明戸隆浩さんは、ヘイトスピーチ解消法施行後も続く深刻な現状や横行する人種差別の実態を報告。
師岡康子弁護士は東京・世田谷区が打ち出した条例案などを紹介し「解消法が自治体に求める責務と人種差別撤廃条約上の義務を果たすためには人種差別禁止条例が必要。他自治体でも制定を求めて声を上げることが川崎市の取り組みの支援になる」と連帯の輪の拡大を呼び掛けた。
 集会は「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」が主催し、市議会議員を含め約200人が参加。元自民党参院議員で県、川崎市日韓親善協会会長の斎藤文夫氏の「一部の心ない人たちを排除するため、人権擁護の立場から実効性のある『ヘイトスピーチ撃退条例』を市と議会の協力の下、早急に作るようお願いする」とするメッセージも読み上げられた。

人種差別禁止条例の早期制定を 川崎市内で集会
ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201710/CK2017100102000118.html
東京新聞 2017年10月1日
市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は30日、川崎市川崎区東田町の市労連会館で、人種差別を禁止する条例の早期制定を求める集会を開いた。市内における差別解消の歴史や、諸外国での法整備の状況などについて報告があった。(大平樹)
社会福祉法人青丘社のペェ重度(チュンド)理事長は、企業採用時に指紋押なつが課されていたことや、公営住宅に入居できなかったことなど、過去の外国人差別と解消の歴史を振り返り、「ヘイトを自らの手で絶っていく歩みを進めていかないといけない」と語った。
関東学院大などの非常勤講師を務める社会学者の明戸(あけど)隆浩さんは、自由を侵害されることは誰にも起き得るが、「外国人などのマイノリティー(少数派)はより多くの被害を受ける」と指摘。対象が不特定な差別の扇動はヘイトスピーチと認定されづらいものの、直接的な差別を引き起こす可能性があることから「ある種の(差別の)根っこになる。ここを何とかしないといけない」と述べた。
ヘイトスピーチ解消に取り組む師岡康子弁護士は、日本が批准した人種差別撤廃条約が、人種差別の禁止に向けた取り組みを国だけでなく地方自治体にも求めていることを紹介。「川崎市の取り組みは先行しているから攻撃をされるが、地元で条例をつくっていくことが重要だ」と話した。
集会には約百二十人が参加。「川崎市がヘイトスピーチ対策の取り組みに緩慢で、ヘイトスピーチを根絶する強固な意志を明確にしない」などと指摘する決議文を採択した。同ネットワークは二日、市議会や市に提出する。

ヘイトデモやインターネット上の差別書き込みで在日コリアン市民の人権侵害が深刻化している川崎市???????