2059 さざれ石①

さざれ石
余命さま、チームの皆様、いつもありがとうございます。
三代様、くれぐれもご自愛ください。
台湾の国営中央通訊社でも国土交通省四国地方整備局の不手際を報じています。オリジナルは朝日新聞です。
ロンドンに本部を置くECFRというシンクタンクが、北朝鮮の核攻撃についての報告書を発表したというニュースも報じていますので、短く報告致します。
管制相機被網拍 日法辦陸留學生
中央通訊社 東京11月24日専電16:21
オリジナルは朝日新聞
国廃棄の軍事カメラ、中国に不正輸出容疑 ネット流出品
朝日新聞デジタル 11月24日14:49
ttp://www.asahi.com/articles/ASKCS4QFDKCSUTIL027.html
国が廃棄した赤外線カメラを不正輸出、中国人留学生を書類送検 中国の軍事関連企業に渡る?
産経ニュース 11月24日16:37
ttp://www.sankei.com/affairs/news/171124/afr1711240027-n1.html
智庫:北韓核攻目標 涵蓋曼哈頓與白宮
国営中央通訊社 ニューヨーク11月23日総合外電24日16:38
英国 Daily Express の報道より。
European Council on Foreign Relationsga (ECFR) は、北朝鮮の核攻撃目標と考える15の都市とランドマークのリストを公表した。
マンハッタン・ホワイトハウス・ソウル・東京などが入っているが、いずれも米国・日本・韓国および米国の太平洋における領土に位置する都市とランドマーク。
北朝鮮の宣伝によると、米国本土はどこでも北朝鮮の核の脅威の下にあるが、マンハッタン・ホワイトハウス・国防総省は特に指定された目標。
日本の攻撃目標は、東京・大阪・横浜・京都。この他に韓国の首都ソウルとテグ(大邱)もリストに入っている。
ECFRの報告書
Pre-empting defeat: In search of North Korea’s nuclear doctrine
Publication
By Léonie Allard, Mathieu Duchâtel & François Godement
22nd November, 2017
ttp://www.ecfr.eu/publications/summary/pre_empting_defeat_in_search_of_north_koreas_nuclear_doctrine#
リストを見ると日本は、在日米軍基地・三沢・沖縄・東京・大阪・横浜・名古屋・京都。以上です。

さざれ石
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
2052 大阪サンフランシスコ姉妹都市解消に関連して。
以下は、台灣蘋果日報で読んだ北朝鮮のネット工作専門部隊を彷彿とさせる人たちです。
サンフランシスコ市の慰安婦像は日本を貶めると大阪市と日本政府が抗議するのは、オランダや日本のアンネフランク像はドイツを貶めるとドイツ政府が抗議するようなもの
BLOGOS 秋原葉月 2017年11月27日 07:17
ttp://blogos.com/article/261443/
秋原葉月 憲法問題、歴史認識問題などを中心に執筆している。
秋原葉月 (@akiharahaduki)
ブログ:ttp://akiharahaduki.blog31.fc2.com/
BLOGOSに掲載されているのはこのブログ記事。
以下は、秋葉原月の27日付ブログに添付してあるTwitterアカウントなど。
ロジ‏ @logicalplz
hiroshi ono @hiroshimilano
Hiroshi Takahashi @SeroriHitomi
spark (@Yonge_Finch)
世界の日本研究者457人が慰安婦問題に真摯に取り組んできた「日本の歴史家を支持する声明」を発表
途中から話題の中心が「曲解力」になってしまいましたが。/187人から賛同者が増えて457人に。
hiraoyogiさん 更新日: 2017年11月25日
ttps://matome.naver.jp/odai/2143098078343489001

さざれ石
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
不愉快になることが多いので、NHKをはじめとする日本の報道各社配信のニュースを自主的に見なくなりました。
勉強も兼ねて毎朝、台湾の各メディアのニュースサイトをチェックしていますが、下記のニュースがありました。
オリジナルは日本の共同通信で、同社の繁体字版と簡体字版の各サイトではくわしく報じています。
日媒爆中國擬建「東京審判紀念館」 或成抗日教育基地
自由時報 11月25日23:22
「東京裁判」記念館、上海に建設 「抗日」教育拠点認定の可能性も
共同通信 2017/11/25 18:43
【上海共同】第2次大戦で勝利した連合国側が日本の指導者の戦争責任を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)の記念館を中国上海市に建設する計画が進んでいることが25日、分かった。上海交通大・東京裁判研究センター長の程兆奇教授が明らかにした。
習近平指導部は「日本の侵略戦争を断罪した」と東京裁判の意義を強調。憲法改正論議など「戦後体制」見直しの動きが進む日本に対し、歴史問題でけん制を強める狙いがありそうだ。完成すれば、江蘇省の南京大虐殺記念館などと同様に「抗日」教育の重要拠点に認定される可能性が高い。
Wikipediaより、上海交通大学の国外大学との協定状況
日本:東京大学, 京都大学, 大阪大学, 東北大学, 神戸大学, 九州大学, 東京工業大学,慶應義塾大学,早稲田大学,横浜国立大学,法政大学等
「上海交通大学 交流協定大学」等で検索すると、上記以外の大学名が出てきます。
Wikipediaに記載されている日本人名の名誉教授の中に、興味深い方もいらっしゃいます。以上です。

さざれ石
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
「東京裁判」記念館、上海に建設 「抗日」教育拠点認定の可能性も
共同通信 2017/11/25 18:43
以下、上海市と姉妹(友好)都市を提携している日本の地方自治体です。
一般財団法人 自治体国際化協会(CLAIR)のホームページより
自治体間交流 姉妹(友好)提携情報 (平成29年11月1日現在)
姉妹(友好)都市提携数について
当協会では、都道府県及び政令指定都市を通じて(政令指定都市以外の市区町村は都道府県を経由して)、全国の姉妹提携都市提携に関する情報を収集しています。
ここでは、「全国の姉妹都市提携数(毎月更新)」と「姉妹都市提携数の推移」を紹介しています。
なお、当協会では、次に掲げる要件のすべてに該当するとき「姉妹都市」として取り扱うこととしています。
(1)両首長による提携書があること
(2)交流分野が特定のものに限られていないこと
(3)交流するに当たって、何らかの予算措置が必要になるものと考えられることから、議会の承認を得ていること
上海市:神奈川県横浜市、大阪府、大阪府大阪市
上海市徐匯区:滋賀県草津市
上海市楊浦区:大阪府岸和田市
上海市長寧区:大阪府枚方市
上海市嘉定区:大阪府八尾市
上海市徐匯区:大阪府泉佐野市
上海市普陀区真如鎮:島根県浜田市
上海市嘉定区:岡山県和気町
上海市青浦区:福岡県糸島市
上海市閔行区:長崎県大村市
上海市崇明県:長崎県対馬市
上海市南匯区:長崎県長与町
上海市嘉定区馬陸鎮:鹿児島県薩摩川内市
上海市奉賢区庄行鎮:鹿児島県南大隅町

さざれ石
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
台湾蘋果日報配信のニュースの要約を報告したします。
北韓300人「留言大隊」 滲入南韓網站散布謠言
台灣蘋果日報 11月26日13:27
中国には五毛があるが、北朝鮮にも専門のインターネット工作集団があり、韓国のインターネットに入り込み心理戦を行っている。
朝鮮労働党統一戦線部と朝鮮人民軍偵察総局等の組織は「ネットメッセージ隊」を新設した。
300人以上の専門隊員がいて、韓国のサイトで言論・議論を動かし、デマを拡散し、さらには分裂を誘導して社会の混乱を引き起こすことを専門にする。
韓国の北朝鮮のネット工作の専門家で自由民主研究院のユ・ドンヨル院長は23日にあるセミナーで、北朝鮮の「ネットメッセージ隊」は不正に韓国国民の個人情報を獲得し、韓国の主要なポータルサイトで会員になったり、あるいは自らディスカッション掲示板を開設し、韓国社会に捏造情報・捏造世論と流言蜚語を撒き散らしていると指摘したと韓国の朝鮮日報は報じている。
さらに北朝鮮のハッカー組織はFacebook等のソーシャルメディアで、韓国軍関係者や政府関係者と友達になり、そのあとでマルウェアを送りつけて情報を収集する。
北韓電台發送神秘暗號 恐趁感恩節假期出招
台灣蘋果日報 11月26日00:00
米国ワシントンD.C.に本部を置くコンサルタント会社 Strategic Sentinel はtwitterで、平壌放送は先週木曜日朝、6400kHzのチャンネルを通じて「米国に感謝祭おめでとうと言う」という暗号メッセージを送信した。北朝鮮は通常このチャンネルを通じて海外にいる諜報員に命令を出していると明らかにした。
また今年、北朝鮮がこれまでで6回目となる核実験を行う前、弾道ミサイルを試射した前夜および日本上空を越えて弾道ミサイルを試射した前夜にも類似のメッセージを発信したと同社は指摘している。
この他、キューバのラウル・カストロ国家評議会議長は先週金曜日に北朝鮮のリ・ヨンホ外相と会い、両国の長い歴史の友情を評価し、両国に共通の利益がある国際的議題を話し合った。以上です。

さざれ石
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
台湾の国営中央通訊社と自由時報が配信したニュースの要約を報告致します。
第7次核試? 傳北韓著手準備史上威力最強試爆
自由時報 11月27日14:25
米国のラジオ・フリー・アジア(RFA)の報道によると、ピョンヤンの状況を良く知るある中国の情報筋は、北朝鮮の軍高官がピョンヤン当局は既に7回目の核実験の準備に取り掛かり始めていると漏らし、「北朝鮮がいままで実施してきた核実験の中で最強の実験である」と公言したと明らかにしている。
さらに今回が最後の核実験の可能性があり、もし核実験が成功したら、キム・ジョンウンは農業の発展に転換を始めると話している。
北朝鮮の核兵器の発展はまだ目標に到達していない可能性があるので、7回目の核実験を経て主な開発作業を完成しなければいけない。爆発実験をいつ行うかについては、「完全にキム・ジョンウンの意志による」と情報筋は言及している。
中國北韓關係漸凍 共軍在兩國邊界演習
中央通訊社 台北11月26日電17:47
中国人民解放軍北部戦区の部隊は先頃、中国と北朝鮮との国境で「厳寒2017」実戦演習を行った。演習に参加した部隊は北部戦区陸軍第78集団軍の某混成旅団。
已對「恩恩」絕望?中國解放軍在北韓邊界實戰演習
自由時報 11月26日18:55
「厳寒2017」は今月21日から始まり、北部戦区陸軍第78集団軍の混成旅団・特戦(特殊戦)・防空等の部隊は、北朝鮮に近い中国東北部のホルチン草原に集結。
23日から戦場の状態によって作戦計画を調整する訓練をし、最後は26日に実戦演習段階を繰り広げた。
26日以降、演習に参加した部隊が帰投準備をしているかは不明です。以上です。

さざれ石
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
中国の対日歴史戦工作活動に関する記事を中国新聞網で見つけたので報告致します。
しかし参議院議員会館は、反日活動集会によく利用されていますね。
日本有识之士呼吁全面解决二战中国受害劳工问题
中新社东京11月27日电(记者 吕少威) 2017年11月27日 20:35 来源:中国新闻网
中新社の記事では開催場所が参議院第一議員会館と書かれていますが、それ以外は下記イベント情報の内容と開催日が一致するので、同一の集会と判断します。
この集会に出席したとされる国会議員の名前は不明です。
中国人戦争被害者の要求を実現するネットワーク
(略称:すおぺいネット) 生きているうちに 謝罪と賠償を!
ttp://www.ne.jp/asahi/suopei/net/8_new/ibento.htm
上記サイトの「最新情報」のイベント情報より
中国人強制連行に関する院内集会
日時 2017年11月27日(月)午後2時~4時
場所 衆議院第一議員会館 地下1階の部屋(変更になりました) (会館入口で通行証をお渡しします)
・国会議員の挨拶
・弁護団と支援団体の報告
・三菱マテリアル和解当事者中国人被害者が来日・出席!
講演 強制連行事件の全体解決と歴史的意味 ―ドイツとの比較で―(仮題)
講師 石田 勇治 (東京大学大学院総合文化研究科教授)
1942年11月27日、当時の東条内閣による「華人労務者内地移入に関する件」という閣議決定がなされてから今年で75年になります。この決定による日本軍の武力による中国人の連行は38,939人におよびました。
日本各地の35企業、135ヶ所の事業場で奴隷労働を強いられ、過酷な労働と劣悪な待遇の中で6,834人の中国人が命を失いました。
被害者中国人は10年に及ぶ日本での裁判を闘い、請求は退けられましたが、事実認定と当事者による解決を促す「付言」つき判決を勝取り、西松建設につづき昨年は三菱マテリアル(旧三菱鉱業)事件の画期的な和解も成立させました。
しかし、強制労働を強いた他の企業は未だに事件解決に向きあおうとせず、日本政府は国策で行ったのに、全く解決に動こうとしていません。
75年の節目の年に、中国人強制連行事件の全面解決に向けた運動を前進させるための院内集会を開催いたします。
みなさまのご参加をお願いいたします。
主 催:中国人強制連行事件の解決をめざす全国連絡会
中国人強制連行事件全国弁護団
連絡先:わかばの風法律事務所 FAX : 03-3357-1788
わかばの風法律事務所
〒160-0008 東京都新宿区三栄町23-1 ライラック三栄ビル3階
TEL:電話03-3357-1751 FAX:03-3357-1788
所属弁護士
小林政秀 (こばやし まさひで) 東京弁護士会所属
森田太三 (もりた たいぞう) 東京弁護士会所属
酒井桃子 (さかい ももこ) 東京弁護士会所属
油木香 (ゆうき かおる) 東京弁護士会所属
関戸康之 (せきど やすゆき) 東京弁護士会所属
石田 勇治
日本の歴史学者、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授。
中央大学文学部兼任講師。日本学術会議連携会員(地域研究)。
専門はドイツ近現代史、ジェノサイド研究。