シェアする

2094 安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会賛同者

みなみ
皆様、お世話になっております。本日は、政治活動(反日活動)をしている裁判所事務官と警察官を見つけましたので、ご報告いたします。
なお、両名は既に公安に通報致しました。

安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会賛同者
卒業生・市民リスト
ttp://all-sgu-appeal.strikingly.com/http://all-sgu-appeal.strikingly.com/
小内浩,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
西脇秀之,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
鎌田望,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
高橋典子,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
由井久志(札幌学院大学法学部卒業),安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
由井久志(札幌学院大学法学部卒業),,北海道,旭川市
堀内律子(札幌学院大学大学院法学研究科卒業),安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
小林延行(札幌学院大学法学部卒業),安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
大森啓史(札幌学院大学社会情報学部卒業),安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
室田弘,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
齋藤純一(札幌学院大学人文学部卒業),安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
藤田郁江,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
佐藤有哉,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
大森啓史,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
秋山孝二,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
渡辺利治,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
佐藤有哉,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
堺威夫貴,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
近藤直文,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
高橋秀昌,安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111
高懸雄治(札幌学院大学名誉教授),安全保障関連法に反対する札幌学院大学教職員有志の会,北海道,江別市文京台11 札幌学院大学 TEL011-386-8111

政治活動をしている裁判所事務官
裁判所事務官として働く藤田郁江さんにインタビュー!
スタディサプリ 進路(大学・専門学校)札幌学院大学卒業後のキャリア一覧
藤田郁江さん(法学部法律学科/裁判所事務官)
ttps://shingakunet.com/gakko/SC000269/senpaiShigoto/9001108251/

政治活動をしている警察官
札幌学院大学エクステンションセンター講座
ttp://www.sgu.ac.jp/qualification/extention/do050b0000000atr.html
北海道警察に合格・堺威夫貴
堺威夫貴,北海道警察本部,北海道,札幌市中央区北2条西7丁目 TEL011-251-0110(代表)

CatmouseTail
こんなツイート見つけました。マジか???
小笠原 淳‏ @ogasawarajun
ttps://twitter.com/ogasawarajun/status/936563538457387008
最高裁判所から封書。本年4月下旬に請求していた公文書が、7カ月を経てようやく開示決定。が、計45枚の文書が入手できることになった一方、全国の裁判官及び裁判所職員の不祥事の「発表の有無がわかる文書」は全面不開示。理由は「廃棄済み」。昨年作成された文書を、もう全部捨てたという。マジか。
3:52 – 2017年12月1日

.....そりゃあ隠したくもなるだろう。第六次告発では№91に最高裁判所異常裁判官として告発されているし、
『最高裁第3小法廷』
裁判長裁判官 山崎 敏充 現在所属 最高裁判事
最高裁判所裁判官(第三小法廷)岡部 喜代子
最高裁判所裁判官(第三小法廷)大谷 剛彦
最高裁判所裁判官(第三小法廷)木内 道祥
最高裁判所裁判官(第三小法廷)山﨑 敏充
その他№44飯島健太郎、№196橋本英史、№197尾立美子、№198山下智史が告発されている。

警察も負けてはいない。神奈川県警にマケルナと励んでいいるのが愛知県警である。
2017年6月2日(金)11時32分 中日新聞 CHUNICHI Web
愛知県警警官、情報漏えいか 金塊窃盗、通信傍受で発覚
福岡市博多区で昨年7月、約7億5千万円相当の金塊が盗まれ、名古屋市の男ら10人が福岡、愛知両県警に逮捕された事件で、愛知県警の警察官が逮捕前の容疑者と電話でやりとりしていたことが2日、分かった。福岡県警が携帯電話の通信傍受で把握。今年3月には金塊の換金に関与した容疑者の関係先を家宅捜索しており、関連情報がその前に容疑者側に漏れた疑いがあるとみて愛知県警に伝えた。
愛知県警監察官室は2日、調査を始めることを明らかにした。
捜査関係者によると、福岡県警は今年に入り、現場付近の防犯カメラ映像などから割り出した一部の容疑者の携帯電話を通信傍受し、やりとりを確認した。家宅捜索が行われた3月には、容疑者の一部が計1億6千万円の示談金支払いを被害者側に持ち掛けており、福岡県警は情報をきっかけに逮捕を免れようとした可能性もあるとみている。
福岡県警は、主犯格とみている野口和樹容疑者(42)=名古屋市千種区=ら6人が実行役で、中垣龍一郎容疑者(40)=愛知県日進市=が金塊取引の情報提供者と実行役をつなぐ仲介役、残り3人は換金役だったとしている。
通信傍受法は組織犯罪の解明を目的に、薬物・銃器犯罪、集団密航、組織的殺人の4類型に対象を限定して2000年8月に施行。16年末からは組織性が疑われる窃盗や詐欺、放火などでも適用可能になった。
福岡、愛知両県警は今年5月22日以降、10人を窃盗容疑などで逮捕。野口容疑者らの逮捕容疑は、昨年7月8日、警察官を装い、アタッシェケースに入れた金塊を運搬中だった男性らに「密輸品だろう」と話し掛け、ケースを車に積み込み逃げた疑い。

福岡市のJR博多駅近くで昨年7月、警察官を装った複数の男に約7億6千万円相当の金塊が盗まれ、福岡、愛知両県警が窃盗容疑などで10人を逮捕した事件で、愛知県警の複数の警察官が逮捕前の容疑者側に捜査情報を漏らしていた疑いがあることが1日、捜査関係者への取材で分かった。
福岡県警は今回の捜査で容疑者らの携帯電話を通信傍受しており、その中で警察官との通話を確認した。福岡県警はこのことを愛知県警側に伝えた。
捜査関係者によると、通信傍受で少なくとも2人の警察官が容疑者の一部と連絡を取っていたことが分かったという。容疑者が通話の中で警察官から入手した情報は、福岡県警が家宅捜索に入る時期だったことも判明。情報を漏らした疑いのある警察官の具体名も挙がっているという。
事件の主犯格とみられる野口直樹容疑者(43)は逮捕前の今年3月ごろ、被害に遭った貴金属店の実質的経営者側に被害届を取り下げるよう示談交渉を持ち掛けており、警察官からもたらされた情報を基に、逮捕を免れようと画策した可能性がある。
愛知県警を巡っては2013年9月、指定暴力団山口組弘道会の周辺者に捜査情報を漏らしたとして、県警捜査1課の警部が地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで逮捕された。情報を漏らした相手の男は当時、名古屋市を中心とした風俗店やキャバクラの実質的経営者で弘道会の有力な資金源とみられており、警察と暴力団との癒着が大きな問題となった。
野口容疑者と弟の和樹容疑者(42)も同市を拠点に活動する「半グレ」と呼ばれる不良集団のリーダー格といい、弘道会との関わりが取り沙汰されている。
事件は昨年7月に発生。被害男性らが金塊を売却するため、JR博多駅近くの貴金属店に向かっていたところ、警察官を名乗る6人の男から約160キロの金塊が入ったアタッシシュケースを盗まれた。

集団で性的暴行 慶大生6人を不起訴
日テレ 2017年11月28日 18:11
女子大学生に集団で性的暴行を加えた疑いで書類送検されていた慶応義塾大の男子学生6人が、不起訴になった。
去年、神奈川県葉山町の合宿施設で女子大学生を泥酔させ、集団で性的暴行をした疑いで書類送検されていた慶応義塾大学の男子学生6人について、横浜地検は28日付で不起訴にした。6人は「ミス慶応コンテスト」を主催していたサークル「広告学研究会」に所属していた。横浜地検は理由を明らかにしていない。
ttp://www.news24.jp/articles/2017/11/28/07379037.html
(注)横浜地検が理由を明らかに出来ないのは、政治的圧力を受けたことを意味す。

慶大生を起訴したら、慶応大学の湘南でのレイプの伝統が消える故、政治的圧力をかけられた横浜地検は起訴しなかった。
(東スポ)
慶大集団レイプ事件 主犯格トンデモ行動
慶応大学生によるレイプの伝統は、石原裕次郎・小泉純一郎まで遡る。
石原慎太郎駄作・石原裕次郎主演、映画『狂った果実』を見れば、慶応大学が学生に提供した湘南・葉山の『海の家』で、今回のレイプ事件に限らず、数十年に亘り、何が行われてきたのかがよく分かる。今回のレイプは氷山の一角に過ぎない。

『慶応大学伝統レイプの源流』
ttps://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63898057.html
『慶大「海の家」で例年行われていたこと』
ttps://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63901377.html

無論、大学側はそれを見て見ぬふりをしてきた。大学側は間接的にそのことを寧ろ慶応の伝統・文化として許容・斡旋してきた。
今回、連中が起訴されたら、慶応大学の湘南でのレイプの伝統が消える故、慶応OB達は奔走して伝統を守ったと言える。
小泉純一郎元総理も慶応大学出身
『テレビ局が報道しない小泉元首相の婦女暴行事件』
ttps://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/59087186.html
小泉純一郎は慶大在学中、同じ慶大の女子学生をレイプ。代議士時代も女子高校生をレイプ。
更に、浜田幸一元代議士が、小泉に対して「 この芸者殺し野郎!」と代議士仲間の前で、ののしったことがある。小泉氏はサドの趣味があり、よく相手の首をしめてプレイするという。新橋の芸者の小はんという女性が、小泉とつきあっていたが、そのときに、なぞの死 をとげている。これは自殺として処理されているのだが、別に悩みもなく、人気もあ り、死ぬ理由も動機などなかったという。

慶応大学側が湘南に学生用レイプ場所を提供していた
そもそも慶応の湘南・葉山は乱交場所。1990年湘南藤沢キャンパスが出来たと学生たちが聞いたとき、慶大は学生に湘南葉山で乱交をさせるために藤沢に建てたと直感したそうだ。
被害女子学生が性的暴行の被害に遭った後、9/5大学に被害女性がいき事情説明するが取り合わない。そこで9/6彼女の母親は大学へ行くと大学から母親に「娘さんがこういってるけどどうしますか?」と他人事。母親は娘の被害を訴えるものの、大学側はリスニングなども行う事なく「警察に行け」の一点張りで被害者女性の母親を門前払いしており、事件を公にはしていない。
警察に被害届が受理された事で捜査が本格的に開始され、犯人逮捕は目の前かと思われていたこの事件。しかし、被害届が受理された直後から慶応関係者はなんと被害女性に批判の声を浴びせる。
関係者たちは口々に被害女性やその母親に「ミス慶応が中止になったが、どうしてくれるんだ」と罵声を浴びせ、責任の追及を行い始めたそうだ。
大学は飲酒を理由にサークルの公認を取り消したのは当然だが、主犯格である韓国籍の宋治潤(ソンチュン)を退学処分にせず、無期停学処分のみとした。だが、サークルは非公認になっただけで、無期停学処分を受けた主犯格宋たちが毎日学校にきてサークルの代表やっていた。  m

千葉大生集団乱暴事件で医師を不起訴処分 千葉地検、理由明かさず
千葉大医学部生らが女性に集団で乱暴した事件で、女性にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ容疑で書類送検されていた男性医師(29)=千葉市中央区=について、千葉地検は2月21日、不起訴処分とした。処分の理由は明らかにしていない。
地検は同日、同容疑で送検されていた同大医学部5年の吉元将也(23)と山田兼輔(23)の両被告=いずれも集団強姦罪で公判中=と、千葉大病院の研修医、藤坂悠司被告(30)=準強制わいせつ罪で公判中=の3人についても不起訴処分とした。

.....もう何でもあり、やりほうだい。裁判所から警察、検察、もちろん弁護士も外患罪から懲戒請求、それもバラエティにとんだ内容で告発されている。まあ、にぎやかだね。「なせばなる。なさねばならぬ」ということで、口で不満をいくらぶちまけてもただそれだけで終わりだ。こういうことを正すための肝心要の勢力がバラバラで、どうにもまとまらない状況ではお先真っ暗だね。
まあ、かくいう余命は、12月で隠居して、あとは若い連中に任せる予定で、すでに関係者には通知までしていたのだが、どうやらそれが怪しくなってきた。
今後の方針については数日中にお知らせするつもりである。